銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

TAKOぼん

9月15日(日)
連休 なか日 
大阪は これまた いいお天気でした。
こんどは ほんまに ツーリング日和!

10時に家をでて・・・あ~ 暑い! 「なんてこった」 と思っていたのですが、
意外と風があって嫌な暑さじゃない。 

https___latlonglab.yahoo.co-001


茨木~亀岡線 安威川沿いに登って行くと 大門寺さん 車作 山の方は ずっと涼しい。 
道路沿いの温度計は30度を切っている。

夏の頃よりずいぶん 走りやすい。 気分だけかとも思ったが 身体も正直で いつも休むところをパスして さきへ先へと 脚が動いてくれる。
膝も調子よし (いつもより 多めにテーピングしてきた)
運動している分 喉が渇く いつもより多めに水分を摂っている。
保冷水筒600ml 魔法瓶に氷水1L ラーメン用熱湯 600ml 
そして 予備に1L水をバッグに仕込んでいる。
DSCF9257-resize
大門寺
さんへの登り 直登で日影の無い道です
DSCF9258-resize
いつもの竜王山 車作橋より
DSCF9265-resize

空が 澄んで青い 気分よく走って いつものお寺で 休憩しようと思ったら 庭木の剪定作業中で
トラックが横付けされていて 庭師さんが 木をばっさばっさと伐っている。
ここは パスして 先に進む。
二料の集落で やっと一息つく 
DSCF9271-resize
二料

このあたりの田んぼは 8割以上稲刈りがすんでいるか 稲刈り中です。 ちょうど連休で 稲刈りしているところが多いのでしょう。 子供の頃社会科の教科書には 3ちゃん農業 なんて言葉が書いてありました。 
意味は「じいちゃん ばあちゃん かあちゃん」の3ちゃんが農業をして とうちゃんは 出稼ぎに行っている。 日本の農業は この時点で終わりを感じさせるものがあったが・・・この日は 女性だけで 稲刈りしているのも見た。 
2ちゃん農業!! ばあちゃんかあちゃん? もしかすると 未婚の娘さんかも・・・
問題山積みの 限界集落なら もっとひどい現実を見そうだ。 
この辺は まだ外国人を見ないので・・・
DSCF9279-resize
DSCF9281-resize
田能

暗い現実が山積みだけれど 
稲刈りの様子を見ていると 華やかというか うきうきというか 
先代まで 百姓をしていた 我が家の 百姓家系の血が騒ぐ(ような気がする)
(倉庫に 名残の農工具などが置いてある)
稲刈りの様子は みていて 飽きない。
DSCF9285-resize

高槻市 田能(先日熊が出たそうです)を抜け 中畑で昼 
大神宮社(だいじんぐうしゃ)という神社の参道のとちゅうにある3段しかない階段で昼飯
(なぜスロープにしなかったのか?)
DSCF9287-resize
DSCF9291-resize
一幻 最初のカップラーメンは 傑作でした! が この普及タイプは たいして美味くない
DSCF0810-resize
2015年のカップ麺 クオリティ高すぎ もう一度食べようと探した見つからなかった


前に広がる景色は 昨年の台風で山の杉がなぎ倒されたために 伐採(皆伐されて 禿げ山になっている) なんとも 殺風景。 
DSCF9289-resize

DSCF9295-resize
鎮守の杜
DSCF9298-resize

DSCF9302-resize

中畑を抜けると 外畑(とのはた)こちらは京都市になる。 府境の名無しの峠
DSCF9310-resize
DSCF9311-resize
DSCF9313-resize

こちらの杉林も 去年の台風被害が大きい
DSCF9317-resize
DSCF9319-resize

北山に来たような錯覚を覚える道
DSCF9327-resize
DSCF9331-resize


DSCF9340-resize
逢坂峠までいって引き返した。 次に 杉坂集落
集落と言っても 3軒くらいしか今はない。
DSCF9346-resize
DSCF9343-resize
ポンポン山の 西からの登り口 

ほんとは 杉坂から九十九折を降りて 善峯寺 大原野  そして
  淀川沿いに帰るつもりだったのだが・・・ 
お天気が良すぎて 暑い河川敷を走るのが嫌になった。
折り返してではあるけれど 杉並木の道を抜けて走るほうが ずっと気持ちいいということで。

中畑まで もどって 出灰川 芥川沿いに下るつもりだったが・・・
通行止め  
DSCF9362-resize
徒歩もダメ!とは・・・
DSCF9361-resize
中畑集落は 稲刈り真っ最中でした 
稲刈りの終わったあとの田んぼは 静かな秋ををむかえています

仕方ないので 田能から 樫田トンネルを越えて 亀岡側の北側を周って帰ることに
DSCF9366-resize
樫田トンネルの上に 昔の林道があるのだが もう 廃道で通れないかも・・・ 
数年前に通ったけど 自然に還りかけていた。

けっきょく 清坂峠を越えて いつものように帰ってきました。
DSCF9371-resize
清坂峠手前の 定点撮影地
 すっかり 稲刈りが終わっていました。 芋ほりやっています
DSCF9376-resize
見山の郷 駐輪所
なんでか? 黒い自転車が多い

屋根が破損していた お寺 修復工事していました。 
DSCF9379-resize
DSCF9380-resize
DSCF9381-resize

ちょっと早めの 秋の風景を堪能してきました。


この日は 普段よりちょっとだけ遠くへ行ってみたのですが 帰りは 膝が痛んできました。
70キロほどなのに・・・ 調子がよかっただけに 情けない
現時点では 50キロまでくらいが限界みたいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

9月14日(土) 大阪 快晴で 涼しい!
こんな日に ツーリングにでかけたら 最高だろうな~!
だが この快晴は
塗装日和でもあるのだ。

こんな日に塗装すると 乾くのが早いし 安心して 外に出しておける!
湿気もない 暑すぎない 
虫が少ない(飛んできて 塗料に引っ付くのだ)白いの塗るときは特に注意!

朝9時過ぎ 
この日塗ったのは ペンキじゃなくて 自然塗料 ドイツ製 オスモのワックスです。(オイル)
ホントは 床用なんだけど 色が気に入って使っています。

オスモ・ワックスは 自然塗料 ヒマワリ油が溶剤なんで とても人にやさしいのです。
出来上がったものは 子供がなめても 毒性がない(木製玩具なんかで使います) 
塗っている人にも優しい シンナーなどの溶剤は ツーンと鼻に来て(脳にも良くない)長い間吸ってると 頭がクラクラしてきますから(使う時は 換気して 専用のマスク付けます)
(ヒマワリ油の独特な臭いは 1週間くらいしています)

塗っている最中に 缶を倒してしまい 塗料が作業台にこぼれてしまいました。
もったいないから こぼれた分から使います。 
ちょうど 全部塗り終えるくらい こぼれていたので 無駄にならなくて良かったです。(ペンキの様にすぐに乾かない塗料です) 
結構高価な塗料なので・・・こぼした時は 「あ~ もったいないことを」と嘆きましたが・・・


触っても ベタベタしなくなるまでには 6時間くらいかかります。
しっかり乾くのに 24時間  結構時間のかかる塗料です。(完全に乾燥するには1週間かかります)
ウレタン塗装なら 30分くらいで 次の工程へいけるのですが 自然塗料は 時間がとにかくかかります。

DSCF9251-resize
こぼした塗料でベタベタ

完全に塗料が乾燥したら こんどは サンディング します。
木の表面は ガサガサになっているので これを落としてやります。
それがすめば 2回目の塗装です。 
ちゃんとした家具なら このあと オスモ・ノーマルクリアーを2回くらい塗るのですが 今回は スマートボール台なので そこまで必要ないでしょう。

遅めの昼飯食って パソコンいじって・・・風が吹いて 晴天も続いている
気持ちがいいので 自転車に乗って 晩御飯の買い物に行ってきます。

因みに 今夜の料理は 鶏むね肉のピカタ(肉は切ってから 肉叩きで延ばして 調味料液に漬けてあります)と 山芋短冊 とスープ サラダ お刺身(どんな魚があるかな?たのしみ)
※ ピカタは 肉を卵液にからませてから焼く料理のこと

ピカタは大量に作るので(1キロの肉)食べ応えあります (お肉も安いし とにかくうまい)

ほんとは ツーリングに行きたかったのですが・・・注文品を仕上げるほうが大事ですものね~
(明日は走りに行く予定ですが、猛暑復活だそうです いややな~)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

台風や 秋雨前線 の影響でしょうか
この数日 大荒れの天気の日が あります

そんな時は 雨雲レーダー をみて 雨の範囲や 次降るタイミング などを確認

観天望気 なんて もう死語になるのでしょうか・・・ スマホに頼り切りも 危ないのですが
天気予報は いまだに あったり外れたりしますが このレーダーは なかなか 役に立ちます。

今は 雨雲の周辺にあるようで もうすぐ 雨の範囲からはずれて 止むのが予想されます。

日本気象協会 tenki


ツーリング中でも 黒い雲が出てきたら レーダーで確認
意外と 雲が遠くにあることが多いです。
 
動きが早いことがあるので そこもチェック
長期予報はあたらなくても 寸前予報が当たるようになってきました。 

いいな~ と思う反面 にわか雨に降られて 何時止むかもわからないと、
雨宿りした昔のツーリング風景って なくなってしまうかもな~ って。 

良いか 悪いか 別ですけれど・・・


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

土曜日 Bill氏と工房飲み会 
鹿児島の一刻者(いっこもん・頑固者のこと)という焼酎を頂きました。
非常に飲みやすい焼酎でした。 
飲み過ぎに注意して・・・それでも 今朝はちょっと頭が痛かったです。 
寝汗もすごかったです。 
寝ながら脱水症状おこしそうで怖いですね~ クーラーと扇風機はつけていたのに・・・ 

朝食作って 洗濯もの干して 洗い物して・・・ なかなか いつもながら 出立できません!
やっと飯食って 寝汗をシャワーで流して 風呂掃除して・・・家をでたのは11時です
9月に入ったのに 無茶苦茶暑い 

食料買い込んで 山に向かいます。
9月になって 以前と違うところは 太陽高度! 暑いけど 日の傾きがお彼岸近くになるとかなり傾いてきている。
なにがいいかといいうと 山間部を走ると 日陰が多くなるので 涼しい区間が増えるのだ。 
これが無かったら 山にも入らないよね・・・ 河川敷走ったら 日陰一つないからな~

昨年9月の台風で 屋根が吹き飛ばされて 再建をあきらめたのか?と思っていたお寺・・・
工事開始したようです。 ほっとしました 


DSCF9948-resize
被害に遭う前のお寺(教恩寺)

DSCF4657-resize
DSCF4778-resize
しょっちゅう来ているので ご住職とお話することがたびたび
「取り壊しなら200万 修理なら2000万くらい掛る」とのこと
DSCF9147-resize
まさか解体? それとも修復か!

いつものように お寺の裏の神社で昼飯にしようと思って 登ったのですが
先客がいました。 この日は 農家さんの集まりが多かったですが、ここでも 昼の集会のようです。
DSCF9154-resize
いつも昼飯をたべる石灯篭の横 先客のおっちゃんたちの昼食会

仕方ないので 見山の郷のちかくのお寺裏に回りました。

見山郵便局のすぐ上の高雲寺
こちらも 台風で屋根が壊れてしまい 修繕作業中 日曜日は 職人さんはいません。
ごっつい屋根でしたが 茅葺部分を全部取り除いて 新しく入母屋の屋根を作っています。
DSCF9888-resize
でかい銀屋根
DSCF5532-resize
DSCF5543-resize
ズレ落ちてしまった屋根材
DSCF9157-resize

DSCF9912-resize
このお寺のキリシタン遺跡 隠れキリシタンの墓石が残っている

DSCF9166-resize
見山集落の展望がいい

古い茅葺の家に多いですが 茅葺の上に金属板で覆うカバー工法が一般的です。
こちらのお寺も 先に行ったお寺も同じように 茅葺+金属屋根カバー でした。
どちらのお寺も 風で金属板が外れてしまったのです。 (内部の茅葺は昔のままなんですけれど)
DSCF3462-resize


DSCF5595-resize
こちらも 台風のあと 
わかりやすいので見本に・・・
今度 どうなったか見てきます

DSCF9172-resize
清坂峠を越して 京都にはいります。
定点撮影地 稲刈りがすすんでいます。 
ここだけ 少し秋 気温29度でした(この日平地で 35度)
トンボがいっぱい飛んでいた まだオニヤンマもいました


DSCF9182-resize
竜王山 お天気がいい! 緑が濃いなぁ 車作橋から

車作(くるまつくり)ですでに34度もあります。 下りでも全然涼しくない 

耳原(みのはら)の業務用スーパーで 夕飯のおかずを仕入れて 帰りました。
リュックに入れた 豆腐が背中に引っ付いて 冷たくて気持ち良かったな~(あかんやろ~) 
こいつはマーボー豆腐になりました。
ナスと豚バラを ピリ辛ポン酢炒めに あと 餃子を焼きました。
中華スープもこしらえて 中華な夕飯です! 
はやくビール飲みたい・・・ 
あとは   パタンキュ~~~  


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ブルホーン
ニットーのブルホーンハンドル なんだか いまいちな形なので いろいろ探して
これにしました。 
DSCF9141-resize

DSCF9143-resize
W=400  Lugという社名の物 

合わせるブレーキは ギドネット 
フーデットは余っているのがあるのだけれど・・・
ギドは 手持ちがない。 マファックは手に入りそうにないし・・・ダイアコンペだな~
廉価版の ギドネットが出回っている(半額くらい)が 精度がわるいらしい。
タイコが入りづらいとからしい・・・見た目は ダイアコンペのコピー 

マファックのギドネットしか使ったことが無いのだけれど ダイアコンペのは 剛性が高そうな感じがする
先っちょの玉が気に入らないので たぶん削ってしまうだろうな~ 
  ちょっとだけ残して 指が掛かる程度に・・・


要らぬ?買い物!
要らぬ買い物をしてしまい・・・今月は 早くもピンチ
ヤフオク恐るべしやな~ 
アームの長い リヤディレーラーを見たら 欲しくなってしまうので、
(ようするにキャパのでかいやつ)
ユーレー・ジュビリーと サクセスの予備があるのだけれど キャパが28tしかない。 
昔なら問題なかったのだが・・・だんだん フリーのギヤの歯数が 大きいものを使うようになってきたので キャパが足らないのです。
DSCF9138-resize
DSCF9135-resize
DSCF9133-resize
錆と言っても この程度 モーマンタイ!やで~

要らぬ買い物 それも 2つも・・・ 
昔から欲しかった カンパ・ラリー 2型
こんな機会はめったにないだろうと 手をだしてしまいましたが 競ることもなくあっさり入手
むちゃ美品でした (キャパ41t)
カンパ・ケンタウル 
ケンタウルは マウンテンバイク用 新品 
ちょっと錆があるからと安かったのだが 現物見たら ほとんど問題ない状態でした。 
いまディアゴナールについている物と同じ。

ラリーと ケンタウル 意外だけど ケンタウルの方がずっと重い。(ラリー231g ケンタ304g)
MTB用途ということで かなり丈夫に作られているようだ。内アームは鉄だ!
(ちなみに ジュビリー140g サクセス170g ドッパーチタン260g)

DSCF9140-resize
プーリー間は ケンタウルの方が長い(ケンタ88mm ラリー76mm)
(送料含めても 2つで 2諭吉でおつりがきました 良い買い物だったのでは・・・)

おまけ
息子の通学用 内装3段27インチ自転車 
「駅の駐輪所で空気を入れたら その帰りにバーストした」と・・・押して帰ってきました。
見たら バルブの近くで チューブが見事に破裂しています。
「しゃーないなー もー」と 前回外したチューブ まだ使えそうなのがあったので それと交換。 スタンドに泥除け おまけに 3段ギヤ変速までついているので 交換やっかいなんですよね~

タイヤの交換など2回ほどやっているので 手慣れたもの?とはいえ 面倒この上なし
組み立てるときが また厄介で スタンドが重みで垂れる! 内装3段の変速機の棒(中空シャフトの中に入っている)が邪魔で ナットが絞められない! イライラする作りになっています。
なんでも 自分でするといいながら・・・他人のなら 絶対やらない
(自転車屋で交換したら ¥6000~くらいかな)調べたら そんなにしないみたい
  (工賃だけで1200~3000円くらいだそうです)
 
実用車のタイヤ交換するといつも思うのだけれど・・・
 サイクリング車のタイヤ交換が どれだけ楽か!と


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ