銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

TAKOぼん

虫コ〇ーズ ユスリカ には効果があると・・・それって 血を吸わない蚊です
その他類似商品多数
一昨年あたりに 問題になったけれど いつの間にか 復活しています。

クレベ〇ン 効果のほどは まったくわからないとのこと むしろ 人間には有害な 二酸化塩素
しかも 薬として売られているのではなく 雑貨扱いとのこと。雑貨って何?

これは ちょっと 酷い
膝や関節に飲んで効く グルコサミン 
大手の一流企業までが 出しているのだけれど 
飲んでも 関節には 届かないようです・・・グルコサミン 残念!
軟骨の成分の一つ には違いがない。ただ 飲んだら補給できるというような単純なものではない。

私も一時期 膝痛で 藁にもすがる思いで飲んでみましたが 良くも悪くもなりませんでした。
まったく プラセボ(偽薬)効果 程度なんでしょう。 
いまだに 効果は証明されていないようです。 
毒にも薬にもならない ウン〇のもとになっているだけ

酷い話は もっとたくさんありそうですね・・・



杉花粉は 地元の山の杉から出ているものが 広がっているものだとばかり思っていたのだが
もっと 壮大なスケールで 飛散していることを知ってしまいました。

花粉情報を見ると 今の時期、 大阪へは 奈良県 和歌山県 あたりから 北上してくる。
モニターには かなりダイナミックに動いている花粉の様子が見られます。
そして 花粉 飛散量は 天候や気温にかなり左右され 飛ぶ方向や 量が変わる。

意外だけれど 京都や兵庫が少ないのだけれど あと数日したら ここらあたりの山からも
花粉噴出されるようになるのであろう。
(日本中 杉を植えすぎ! 先人達も こんなことになるとは 思ってはいなかったろうな~)
DSCF6397-resize
もっと広域な地図を見ると 四国からもかなり花粉が来ているのがわかる


花粉シーズンは 山を避けて 河川敷なんかを走るようにしていたのに 
どうも 「全然見当違いなことをしていた」 と言うことに気づき 愕然としています。

何処を走ろうが 花粉は別のところからやってくるので 平地でも山でもあまり変わりない。
さすがに 杉山へ行くと 花粉の直接攻撃 を食らうことになるので これは避けた方がいいだろうけれど・・・

まだ 花粉症を発症する前 この時期に山へ行くと 靄がかかっているようなことがあるのだけれど
あれって 花粉の靄 だったのでしょうか。 
えらいもんを 大量に吸ってしまっていたのだなぁ~
悔やんでも 遅かりし・・・
DSCF6398-resize
全国で見ると・・・衝撃の 杉の花粉列島!!(沖縄と北海道を除く)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

役所に提出する書類をつくっていますが・・・
元号だけで 西暦が入っていないので 非常にわかりにくいものがあります。

平成31年と令和元年が被っていることが最大の原因です

建築士事務所に所属する建築士は
建築士定期講習 3年度に1回を 受けて 合格しないといけないのですが 
前回のテスト 平成と令和に跨ってしまい 講習時期がわからなくなってしまいました。
「たしか 来年度のはずなんだけれど」 と 「もしかしたら 今年度内???」
今年度内なら あと1ヶ月内に 受けないと 事務所が開けなくなる。
やばい~~~

やっと 書類が見つかって 2021年度に受ければいいと 親切に書いてあるのを発見!(民間の試験)
ほっとしたな~~ 
西暦を並記するくらいのこと 何でもないはずなのに・・・なぜしないのかな

もうテスト嫌~~ 
3年に一度の 定期講習 だんだん 苦痛になってきました。
長時間講習のあと 確認テストがあって 65%正解が合格基準らしい
「まだ 大丈夫だけれど・・・結構高齢の人も受けに来ているし・・・実際 モニターみて
手元のテキスト見て 細かい文字の答案用紙みて・・・ 」と 目が追い付きません。
老眼鏡外したり付けたり・・・ 内容も ぐったりするようなことを延々とやるので 根気もなんもありません。 しかし 合格しないと・・・合格するまで 何回も受けないといけなくなるので・・・
1回 12000円 講習料 (総合資格学院) バカにならない

構造計算書偽造の アネハさんのお陰で こんなことになりましたが・・・ なんで連帯責任とらなあかんねん! と 

2020年度(令和2年度)の 業務報告書を 書いて 送ります。 これ義務なんで 怠ると罰則があったと・・・
正副つくって 正だけ送る。
今年は 郵送のみの受付にかわっていました。(例年は 事務所協会でうけとりもしています)

混乱をしないためにも
西暦主体で 元号並記ってことに してもらいたいものだ! (元号入れる必要性すら疑問だけれど)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ミャンマーの市民デモ 軍の抑圧に負けずに頑張って欲しい!
こんな 安全なところから 応援しても ダメなんだろうけれど・・・

でも 香港の二の舞には なって欲しくない!
国軍(警察)が国民に実弾を向ける時点で終わっている!
すでに 数人が犠牲になっているのが気がかり
痛みを伴わない 改革はないものか!
無関心が一番いけない ずっと見守っていきたいです。 何もできなくても
(見られているっていうのが 歯止めになると信じて・・・)


日本政府 やはり今回も 様子見の風見鶏 
 いま いいとこ無しの 政府 
交渉できる 数少ない国だと言われているのに・・・
「民主主義」って 胸張って 説得でもしてきて欲しいものだ!
主義主張をしない国は いづれ
 世界の誰も相手してくれない国になります。



平和な生活 
誰かが 知らぬ間に守ってくれている 
なんて 本気で思っている。
平和ボケで 国を潰すことになる! 
国防すら反対反対って・・・あんたら どこの国の人?って思います 
 あちゃらの国から 何か貰っているのかと 疑うばかりです。
(あちゃらの国には それがどれだけの戦果となるか・・・無辜の住民 巻き込んでの反対運動)


(信頼できない政府が一番のネックかもしれない)
Trust Me! て残念な言葉が今でも 空虚に響いている



右ワン貰った! 右ワン工具も買った! 
ベアリングも 準備OK! 

早速 組み立ててみます。
内部にグリスを塗りこんで 
右ワン 逆ねじ 手で締められるところまで 締めて
ついに
右ワン工具の出番 
セットします

やはり 調整台からおろさないと 力が入らない。
DSCF6339-resize
DSCF6340-resize
DSCF6342-resize
DSCF6343-resize

力いっぱい締めておきます。 延長棒を使わないでくださいと 注意書きがあります。
締め過ぎて フレームを痛めるそうです。 外す時は 使っても構わないようです。

あっという間に 終了 右ワン付きました。
これだけの為に買ったのですが・・・なんだか あっけない
DSCF6345-resize

クランクシャフトに グリスを塗り ベアリングを入れて 差し込みます。
次に
防水用のシースをいれて もう片方の ベアリング
それから 左ワン
ネジピッチが細かいので なかなか真っすぐに入りません。
斜めに入っている時があるので 注意です
(間違っていても ある程度 締まりますから よけいに注意 ネジ山壊します) 
間違いなく真っすぐに入っているなら OK 

カニ目レンチで ある程度締めておきます。
ロックリングを入れて 左ワンの調整に入りますが、 右クランクを入れておきます。
調整具合をみるのに 右クランクが必要です。 
しっかり クランクのロックボルトを締めこんでおきます。
DSCF6346-resize
DSCF6347-resize
ストロングライのクランク抜きは 売り払ってしまい これしか残っていません
DSCF6348-resize
DSCF6349-resize

サンツアーの 専用工具 使いやすいです。 もう少し 柄が長ければよいのですが。
DSCF6352-resize
DSCF6354-resize
ストロングライト 純正のカニ目レンチ 溶けた輪ゴムがひっついてみっともないです

右クランクがセットされたら 左ワンの調整に入ります。
カニ目で 左ワンを締めこんで ベアリングの当たりを探ります。
きつ過ぎると ゴロゴロ 緩すぎると ガタが出ます。
この辺りは 経験値でしか 物が言えません。 何度も やってきたので このあたりと言うところで
ロックリングを締めて行きます。
カニ目で 左ワンの位置を キープしながら リング回しで 締めて行きます。
新しい リング回し 滑らず 持ちやすい! 力加減もいい! 
ちょっと ゴロゴロした感じです。
もう一度 ロックリングを緩めて カニ目で 左ワンを少し 戻します。
この繰り返しで BB調整していきます。 最後は 乗ってみないとわかりません。
DSCF6355-resize

DSCF6357-resize
物が在れば アッちゅまに終わります
最後にディレーラー調整して 終了!

脚の力は けっこうなものですから ハブ調整のような 絶妙な抵抗0ってな感じでは すぐにガタが出ます。
ちょっと渋いかな~ くらいが いいように思います。 

何度でも 腑におちるまで 調整するってのが アマチュアの楽しみ
(プロはそうは 言ってられないでしょうからね)

※花粉の影響で クシャミ 鼻水が止まりません 試乗に行きたいけれど・・・
  マスクも完璧じゃないので 少しはいってくるのです。 
※嫁さんの奮闘で 確定申告も早めに済ませました。 気が楽です~~

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ