銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

交通問題

朝 嫁さんを駅まで乗せた 
その駅前信号で えげつない信号無視をする プリウスおばさんを見かけた。
赤信号なのに きょろきょろ 見回して 交差点に入り そのまま出て行ってしまった。
「横の信号が青だったので!」って 漫才か~!

ドライブレコーダーに写っているはずなので 家に帰ってから 確認したのだが・・・
あらま~ なんと レコーダー 壊れているし・・・ ぜんぜん 写っていない。
日時も めちゃくちゃになっているし・・・ これじゃ~ なんの証拠にもならないな~

TVでも言っていたが 「ドライブレコーダーの メモリーが 熱でやられるので 1年に1回は取り換えするか 熱に強いタイプにするように」と。

うちのは 本体がおかしいようで メモリーにのこっているのは 随分前の映像ばかり
最近というか 先ほどまでの映像が全く残っていない。
まったくの 役立たずです。

安物買ったのがわるかったのか・・・ 最初の1年は ちゃんと動いていたのですけれど。(2年半つかいました 事故がなくてよかった~)

真夏の日光がガンガンあたる場所に駐車しているため デジタル機器がいかれてしまったみたいです。

「事故があって警察に 証拠で ビデオレコーダー だしたけれど 写っていないというのが たびたびあるのでご注意ください」と TVでは締めくくっていた。

もしやと思い 見てみてよかった・・・・ けれど レコーダーは買いなおししないとだめそう。

今度は 後ろも映るやつにしてみるか。 

この手の機器は 降車時に外すか つけっ放しなら 1~2年で取り換えるくらいの気持ちでいたほうがいいかもしれない。 

お宅の車の ビデオレコーダーも 連休中に 一度チェックされてみては!



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

近所に 保育園があるのですが・・・

そこへ 行き帰りの お母さん連中でしょうか 並走して 喋りながら 右側走っています。
前後には 子供がのっているのか 下した後なのかわかりませんが・・・

先ほどは 胸に乳飲み子の赤ちゃんを だっこ紐で括りつけたお母さんが右側通行で 我が家の前を 
疾走して行きました。

父親は 何も知らずにこんな母親に 子供を託しているのだ。
まるで 特攻隊 
どこへ突っ込んでいくのか 愛する我が子を胸に抱いて・・・ 

悲惨な事件 事故 は 被害者になることを前提にしているが 
この場合 加害者になるのは 子供を抱いた母親になる。 


弱者が被害者であるとは 限らない
なんで わからんのかな? 不思議でしかたない。 
前後に子供乗せた 電動アシスト車は 時速24キロマックスまで アシストする。
自転車自重と 親と子供の体重を合わせれば 100キロ として 
バイクに衝突されるのと さほど変わらない 衝突エネルギー があることを理解する必要がある。
作ってる連中 売ってる連中にも言いたい。

走ってくる 左側通行の まっとうな自転車に正面衝突した場合は 相手の運動エネルギーもくわわるので さらに 大きな事故になる。 
歩行者にぶつかって さらに 自動車に轢かれたり 自分自身が コケて 轢かれる場合もあるだろう。 左側通行のまっとうな自転車が この爆弾親子を避けようと 車道へ寄せたときに 轢かれたらどうなるのだろう。 責任とれるのか? さらに 子供が潰れて クッションになって助かった母親は まともでいられるのかな? 

ほんとに なぜわからないのか?な 車の逆走事故は TVでどんだけ悲惨な事故を起こしているのかしっているはずなのに・・・ 自転車なら 大丈夫!なんて 軽々に考えているのだろうか?

頭蓋骨に入っているのは 水で薄めた 豆腐でもはいっているのだろうか?
ストローで刺して 吸うたろか~~ (水っぽいだろうな~)

自転車乗るなら 最低限のルール 左側通行 これだけは 守らないと!
ほんと
細かいルールは どうでもいいのだ これさえ守らせろ! 罰則強化 
守らん奴には石抱かせろ! (江戸時代の拷問)
他人の命 人権なんて なんとも思っていない連中なんだから! 


見ていると 女性の率が高いのは 車の免許取得がすくないのもあるのか?

車に乗っていると 右側通行の 車に向かってくる自転車は 非常に怖いのだけれど・・・ 
(幅 60cmで 自転車とすれ違うのだから) 
やはり 経験がないと だめなのかな? 

考え無しの行動だろうが 起こってしまう事故は 想像を絶する悲惨なものになるだろう。

こんな 特攻は 何のためにも 誰のためにもならないのは自明のことだ

「やめろ逆走!
 自転車の右側通行」
  世間も警察も 緩いのはなぜなんだろうか? 
今一度 親子 夫婦 職場 学校 で話し合ってもらいたいと思うのだ!

※ 少なくとも アシスト自転車は 免許制にするべき。 少なくとも 講習受けさせるくらいしないと だめなんじゃないのと。(あまりにも無責任というか 無自覚な人が多すぎる)
アシスト自転車は 免許制にして 大人の二人乗りも(タンデムじゃない自転車で)許可して 普及させるのがいいのじゃないかと おもっています。 バイクの△マークのように
(時速30キロ出せる原付バイクが免許制で 24キロまでアシストする自転車が なんもないとなると
  普段時速10キロ程度で走っていた人達を 24キロまで走れるようにしたのは 間違いだったと思います。 私的には 時速15~18キロくらいまで トルクだけ強めで 重い荷物の場合アシストする方向のほうがよかったのじゃないかと・・・ だれか 検討してみたのでしょうかね?)

まいどまいど 同じテーマで すみません。 いつまでたっても 無くなりませんね~ ほんと 

※ 私も 孫の一人もできて不思議ない歳になりましたので・・・ 若い人がひどい目に遭うのは ほんと御免です。 悲しい目に遭わないよう 願っているのですが・・・ 

自分の命を大切に そして ひとの命も・・・当たり前のことがわからない人の多いことに胸が潰される思いをしています。 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

自転車の右側通行 ほんとに 怖い
車に乗っている時でも 自転車に乗っている時でも・・・ 

自動車に乗っている時
急に反対車線の車が 中央寄りに幅寄せしてきた。
逆走自転車を避けようとしたのだろう。
お陰で こちらが危なくなる。
ただ1台の自転車の逆走が どれだけ大事故になる種になっているか・・・

加害者意識がまったくない
右側通行している自転車の乗り主は 自分が異常な行動をしているとは 「全く思っていない」ということが いちばん 問題なのだ。
通常通り 左側を走っている自転車に 右側通行の自転車が対面で来ることを 「平気」でやる。
右側はしっているくせに 外側を走ろうとする者がいる。そうすると 左側をはしる正規の人が 道路側へ膨らむことになり たぶんこんなことで 事故になっている事例って沢山あるのじゃないだろうか?

それに 右側通行のくせに 文句を言う奴が なんと多いことか!
かつて 正面衝突しかけたおばさんに 「左側通行せな あかんやろ! 正面からぶつかるやろ?」といったところ 凄い文句が返ってきた 「どっち側走ろうが あたしの勝手やろ! この アホ ボケ ハゲ デブ チビ~ 」 なんか こっちが 怒られてしまいました!

かなり ちっこいおばちゃんでしたが・・・ アホは あたっているかもしれんが 当時はハゲていなかったし・・・デブというほど 太ってもいないし・・・ 
子供の頃なら この後に 「お前のかあちゃん デベソ~~」って続くわけだが さすがに うちの亡くなった母はデベソではなかった。

いまでも うちの前を 右側通行(逆走)する自転車が絶えない。 すぐ先に 交差点があるのだけれど そこを右折したい連中が 右側を走るようだ。あとは 日陰側を走る 日焼けしたくない女性連中
左側はしっているのは たまたま 日陰側だったというだけ。 方向を変えると 日陰に入って右側を走る。 
右側通行されると 自動車を運転していても 結構怖い。
見通しの悪い左カーブで 向かって左側から 膨らみながら子供の自転車が出てきたときは 轢いたと思いました。急ブレーキで難を逃れて・・・ 何の悪気もなく 立ち去るガキども! 後ろには親が・・・ 逆に睨み返されました。 
このあほガキは このアホ親あって なんですね。 じつに いい教育をされています。

少年野球や キックベースの少女 サッカー少年たち(たまに中学・高校生の) 長い列になって逆走する風景は だいぶ減りましたが・・・ まだ たまに見かけます。 
監督らしき人や 親も交じっていることがおおいです。 なにやってんだか・・・

電動アシスト自転車でも 右側はしっています
時速25キロで 100キロ(自転車と親と子供2人)の物体が 逆走するさまを 想像してください! 
ほとんどバイクとの 正面衝突とおなじ衝撃をうけることになりますよ。
避けた自転車が 事故に遭った場合 自転車同士ぶつかった場合 法律ではどうなるのでしょうか?


この3つで 必要にして十分!!
自転車の通行には いろいろ 問題が言われていますが、 左側通行 夜間前照灯 信号順守 この3点のみ まもればいいことにすればいい。 この3点を守らないなら 厳罰 罰金 事故になったときも不利になる などすればいいのだ。 なにがなんでも 弱者扱いするのは 返って 事態を危うくする元なのだと 私は思います。(不要な細かい法規は ほんと 放棄して欲しい。二人乗り禁止だとか 酒飲んだらあかんとか )

※ 右側通行している自転車には 車は パッシング クラクション ありにしてほしい!
  

自己責任だと言いながら 身勝手極まりない連中が跋扈する この社会は お世辞でも 先進国とはいわないでしょう。 しかし アジアの辺国なりに もっといい国にしたいものです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ