銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

昆虫と動植物ねた

7月19日(日) 梅雨の晴れ間

go to trouble!  トラベルどころか トラブル続きですが なんとも罪作りな施策になりましたね~

私は 山に走りに行くだけで 十分に旅行気分を味わえますから 大丈夫なんですが・・・

梅雨の晴れ間
晴れると 暑い 熱い! 
すでに気温30度越え 市街地を走ると 熱気がム~~ン 
そのうえに 太陽の日差しが チリチリと皮膚を焼きます。
夏の暑さ 走るのがためらわれます!(身の危険を感じる)
梅雨時の蒸し暑さとは 一線超えで 違いますね~

いつものように 茨木-亀岡線で 安威川を遡って(新道の上は全く日影が無いうえ 直登) 
大門寺トンネルを過ぎると 空気が変わります。(登り口の気温計で31度)
山の緑が 輻射熱を下げているのでしょう。 
同じ気温でも 感じる暑さがまるで違います。
DSCF3552-resize
DSCF3554-resize
お山は晴天
おなじみ 茨木市の名峰 竜王山
DSCF3555-resize
安威川沿いの道が旧道 すでに閉鎖されています

さらに 車作トンネルを抜けると ひんやりとは言い過ぎですが かなり涼しく感じます。
以前は 竜泉峡といわる渓谷で 夏はちょっとした避暑地だったのですから。
今は 渓谷の道は ダムに通じるので閉鎖 川遊びする人達がいるくらいです。
DSCF3558-resize
車作林道への分かれ道 左へ下って橋の下をくぐると 林道入り口の激坂

九折(つづらおり)のお寺の石段で休憩
二料(にりょう)田能(たのう)方面へ向かいます
林道に入ると 涼しさが違います。 気温も下がって27度 
完全に別世界です。 だからやめられないのですね~
DSCF3563-resize
DSCF3565-resize
一昨年の台風の被害 まだ ほったらかしです 
この谷には凄まじい 一筋の矢のような風が通り抜けた模様です
手前から 谷の奥まで 杉の樹が なぎ倒されています
DSCF3569-resize
DSCF3571-resize
二料集落

田能にむかい登って行くと 明神岳が正面にみえてきます。
DSCF3572-resize
右 明神岳
DSCF3574-resize
左は 耕作放置されています

ここらへんの田んぼは 半分が耕作放置されて 湿原にもどっています。
以前はもっと荒れていましたが 数年前から 果物の樹を植樹するなどして 振興策を講じています。

こころの駅が見えてきました・・・あれ
ついに 列車が無くなっています
すっかり 更地に・・・ みんな 旅立ってしまったようです(一足先に go to travel)

DSCF3575-resize

DSCF3578-resize
雑草が茂るのみ・・・

DSCF8612-resize
在りし日

以前の状態が良かったかと言われると・・・? なんですが 無くなると寂しいものだと
消沈して 木陰に座り・・・ついでに 昼飯にします。
DSCF3585-resize
黒柄岳が正面に見える いいところだったんだ~

丸太に 虫が飛んできて 動き回っている。
なんだ? カミキリ!
近寄ってみると 初めて見る ルリボシカミキリ 
DSCF3591-resize
DSCF3594-resize
表紙になるくらい綺麗

昆虫図鑑ではおなじみの 綺麗な昆虫です。
すばしっこく動き回るので 捕まえるのに苦労しました。 
子供の頃から近所で獲れる ゴマダラカミキリ と比べると 一回り小さく 薄っぺらい。
外羽は意外と柔らかいというか ペラペラに薄い ゴマダラはしっかりしているので 別の科の昆虫かと思うくらい。
捕まえたけれど 暴れまくるので ジックリ観察できなかった。
聞きしに勝る 美しさ でした!

昼飯食ったら 田能 中畑 京都に入り外畑 大原野を越え 善峰寺から 長岡京に抜けようかとおもっていたのですが 気が滅入ってしまい、つい最近に 反対側から走っているのですけれど 急遽 林道で 地獄谷峠から萩谷へ そして 車作林道行きに変更。


ぼちぼち 夏の暑さに 身体をならしていけばと思っていますが 
 涼しい林道走行の誘惑には勝てません
DSCF3579-resize

なんども通った林道 先日の大雨で 土砂 枝や枯れ葉がながされ路面がかなり荒れています。
あちこちで 崩落していて でかい石がおちていることも・・・ 枝の巻き込みと 石を踏まないようにと慎重にはしります。
ダート目当てに オフロードバイクが走り回っていた時期がありましたが ついに 進入禁止になっていました。
DSCF3580-resize
 
DSCF3625-resize

今のところ 自転車は 見逃してくれていますが そのうち対象になるかもしれません
DSCF3599-resize
空谷橋のところが 崩落してます

DSCF3610-resize
DSCF3614-resize
高圧線鉄塔の横で帯電実験  今回もやってみました!
恐る恐る触ると ビリッ! キタ~~~ いったいどうなってんねん?


車作林道を経由して 安威川にもどりました。
林道内も 梅雨の大雨で 何か所か崩れているところがありました。
台風で壊れた個所が また崩れているところもあり、 地盤の弱いところはどんどん削られていくのがわかります。 これ以上広がると また 林道の通行止めになるとおもわれます。

家に帰ると シャワーして 一服・・・いつのまにか 机に突っ伏して寝ていました。
夏の暑さは 体感している以上に身体に負担があるみたいです。
歳とると こういうところが弱ってくるので・・・ 嫌な感じ!です~


Bill氏が持ってきてくれた サドル
海外の通販サイトで 自転車部品を買うというので 便乗させてもらいました。
買ったのは ブックスの カンビウム C-17 
皮サドル派 ですが・・・天候に左右されない ゴムのサドル どんなものかと 買ってしまいました。 つけるのは キャンピング(アルプス・クイックエース)
それにしても 近年の キャンプの雨率 高すぎます! 
皮サドルは 濡らすわけにはいかないので 炊事棟などに避難させています。
雨の日に走るのは ほぼ このキャンピングだけとなって 一大決心!
DSCF3634-resize
DSCF3638-resize
DSCF3637-resize
DSCF3639-resize
市販の半額まではいきませんが・・・
あと
キャンピング車の ハブダイナモ化 も年内に やろうと(高価な部品使わずに)
フレーム作りはまだ夢のまた夢 ってことで 今やれることだけやります。


飛蚊症の検査2回目に行ってきました
網膜の 剥がれや 穴は ありませんでした。 
眼球内の濁りは なくなることもあるらしいですが・・・
ほんとに コバエが飛んでいるように見えるので 鬱陶しいです。(慣れるしかない)

白内障は まだないとのことで 安心しました。
たまには 眼科にいってみるのも必要ですね


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

正月に うちの家族と義弟一家と 
 男連中で飲みながら・・・なんだか 話がどんどん大きくなって・・・

「5月の連休にしまなみ海道走ろう!」となり 
弟とその息子と 私と長男・次男の5人で 
「キャンプで 2泊3日がいいな~」 とか という話に。

義弟とその息子は 自転車はまるっきりの素人(キャンプツーリングなんて もちろん経験ない) 
うちの 息子二人 長男は中学生の時にしまなみ海道 キャンプツーリングに連れて行き、あと数回 輪行旅に連れて行った程度。 
次男は高校生の時に びわいちキャンプツーリングで 同級生数人とやった程度。

キャンプで2泊三日 5人だと テントはどうしよう? 
サイドバッグ吊って走れる自転車は 私のアルプス1台しかないし・・・ 
実際に走る事を前提にいろいろシュミレーション
「みんな けっこう 気楽に考えてるな~~」って

DSCF1513-resize
今回は TOEI 700Cからホイールをはずして フラットロードに移した
もう一組 700Cホイールを作らないと・・・(前ハブだけある)

とりあえず 一度走ってみようということで 日曜日に淀川の堤防を走ってみた。
自転車は 私のを総動員
素人二人には フラットレバーブレーキのを貸し出した。
弟には アルプス・クライマー 甥っ子には フラットロード(持った軽さと走りの軽さにおどろいていました)
長男には アルプス・クイックエース タイヤを42Bから36Bに替えているので 走りは軽い。

走りだしは 快調 
義弟は サドルが合わず 尻が痛いようだ。
甥っ子は バスケット部だったので 体力はありそう。
DSCF1516-resize
登り坂 チェンジがうまくいかず・・・危なっかしい~~

裏道を通って 淀川河川敷に入る。
鬱蒼とした森になっていた森林地帯が みな伐採されて 殺風景になっていた。
キツネを見た茂みもなくなっている。
河川敷の堆積物は 定期的に取り除かないとだめなようなのだが・・・防災の為には致し方ないことなのだろう。 野鳥の楽園でもあったので 悲しんでいる人はおおいだろうな~ 
工事の意味を もっと知らせる努力と工夫をしてほしいものだ。

ヌートリアは みつかりませんでした。
DSCF1525-resize
DSCF1527-resize
みなで 写真を撮りました。

ロードオンリーの中 突然あらわれた ランドナー集団 浮いてる~~
DSCF1532-resize
ハーモニカ吹いてるおじさんに 「いい自転車だ~」と褒めてもらいました
このおじさん まえにも褒めてくれたな~ 
時々ここに現れる(40年間ロードに乗っていたそうだ)


枚方大橋をわたり 枚方河川敷公園の休憩所へ
義弟は 「あ~よく走った~」と大満足! (まてまて 1時間もはしってないぞ~)と思いながらも
話を聞いていると 
「正月の話では ゴールデンウィークに走りに行くという話でしたが・・・
甥っ子の国試試験(医療系)がおわるまで一分一秒 無駄にするなと 旅行は後回しにしろと」・・・
弟の嫁と うちの嫁(姉になる)にさんざん説き伏せられて 承諾したそうだ。
(医療系の先輩2人からだから しかたないね~)
と 言うことで、
今回の しまなみ海道サイクリングは おあずけということらしい。

正月の酒の席の話は こうして 終焉を迎えた。
半分残念で 半分 ほっとしたというところか・・・

ただ おもいのほか 弟親子はサイクリングがたのしかったと 言うことで 
暖かくなったら 日帰りで 今度は 嵐山まで走って見ると 言っていました。 
ええこっちゃな~


ほっとした?!
一人で 素人4人つれて旅行するのは ちょっと辛いよね~ 
パンク修理に輪行の仕方・・・どころか チェンジの仕方や 走り方から教えないとだめなんで・・・

たかが自転車 誰でも走れるというものだけれど・・・ 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



DSCF1465-2
DSCF1465-resize

先日見た タカ 「ノスリ」と言う名のタカのようだ 
ワシタカ類飛翔ハンドブックによる
DSCF1536-resize
DSCF1535-resize
ノスリ (ノリスと間違えていました)

DSCF1537-resize
ハヤブサ 羽をすぼめて急降下するところを見たことあるけれど 凄いスピードでした!
ワシ・タカ類 格好良い!









あさ7時 新聞をとりに外に出た。
壁になんか違和感
なんか留まっている

「セミだ!」 もうすでに 羽は真っすぐに伸びている たぶんクマゼミ
DSCF8609-resize
DSCF8614-resize

あとは 乾かすだけだな~ 

9時過ぎ もういないかな~ って見に行くと まだ留まっている 
少し色が濃くなっている
DSCF8628-resize
DSCF8630-resize
白濁していた羽が 透き通っています

この調子だと まだ 2~3時間はかかる感じです。
しかし 
障害物なしだし 白い壁で目立つし・・・ 非常に無防備な状態 鳥に見つかる可能性がたかい


ブラックベリー

猫の額の庭に 数本の木がある(柊と柿 アボカド(実はなりません)にバラ ソテツ と1mほどのイチョウ)等々・・・
下草はリュウノヒゲに シダ ユキノシタ いまは ブラックベリーが繁茂して 黒い実をいっぱいつけている。 ブラックベリーの実は 甘いより酸っぱい 種がけっこう邪魔で 嫁さん・子供にはまったく人気が無い。 採ってもだれもたべないので せっせと私と兄が食っています。

DSCF8619-resize
DSCF8621-resize
DSCF8626-resize
  スッパ~~~ 
やっぱり 歯に挟まるのだな~ 種が・・・ 
冷やすとまずい 味がしない  そのまま食べるのが一番
ポリフェノールたっぷりですよ!

赤いほうのがおいしそうに見えるけど 酸っぱくて食べられない!

DSCF8624-resize
こちらは ブルーベリー 昨年豊作でしたが ことしは 少な目 
あとすこしで食べられるようになる




※ 午前11時過ぎに セミの様子を見に行きました。 もういませんでした。
  ちゃんと 飛び立ったのか? カラスに食われたのか・・・ 

↑このページのトップヘ