銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

ツーリング

この前走ったのって 何時だったかな?
 ってくらい 間があいてしまったような気がします。

実際 ブログを見ると 6月23日はしったので 3週間ぶりでした。 
7月15日(月) 梅雨の晴れ間
それ程暑くない ありがたい 風がある 涼しい・・・けど
登り始めると やはり汗が噴き出す。


DSCF8711-resize

今日は フジタのサドルを馴らすために アルプスで走っています。
650x42B パナ グラベルキング ほんとに軽い走行感 
昔のケシゴムタイヤとは まったく違う乗り心地ですが・・・でも登りに入ると やっぱり 重い!
自転車自体が 重いですから しかたない。
DSCF8746-resize
DSCF8709-resize

サドル ヤグラの締め付けが緩かったようで 上下に動く。
工具だして 締め付けるのだけれど どんどん締まる。 「やば~ どんだけ締まるんや~」
内心 ポキリと おれないか心配になるくらい。 軽合ベースもかなり引っ張られているみたいだし
鉄なら 思いっきり締められるのに・・・ 手加減が難しい
DSCF8744-resize

あと サドルのテンションボルトが何故かゆるゆるで 何度締めても緩んできてしまう。
軽合ベースって 難しいものだ・・・

一方 サドルは 初めて乗るにしては 快適です。
革が柔らかいのと 形が日本人向けの尻の形になっている?おかげかと
一日乗ってみたが 特に痛みを感じることはありませんでした。
それに比べ
昨年のブルプロの慣らしは きつかったですよ 
痛くて 身を(尻を)よじっていましたからね~

フジタのサドルといえば 石サドルか みにくく広がってしまうキクラゲサドル ってのが定番(うちの大学のクラブ内の話です)でした。 
 (イデアル88番の拷問サドル とういのもありましたが・・・)
手入れの問題もあるのだろうけれど・・・ 革サドルには当たりハズレ が大きいですね!
このサドルは 大当たりでしょう!(まだ 評価するには時期尚早かな!?)
DSCF8700-resize
DSCF8707-resize
DSCF8714-resize
DSCF8712-resize
DSCF8718-resize
この 木陰が涼しいのです

お昼は 茨木市佐保のお寺の横の神社の石灯篭 いつものところです。
 大きなもみじの木陰で さらに 風の通り道になっています。
DSCF8721-resize
DSCF8722-resize
巣が壊れたのかな?
DSCF8724-resize
一羽もどってきたけれど・・・巣立ち直後の若いツバメのようです 
壁にへばりついています 
どちらも大きいけどまだ 雛なんだ

DSCF8728-resize
緑が深くなってきてますね~ あ~気持ちいい~

昼食後は 出合いほっこり 見山の郷 で休憩
風がやんで暑いです
しばらく休憩してから 銭原の集落へ
DSCF8730-resize
DSCF8732-resize

大阪平野が一望できるスポットがあるのです

集落の入り口は おそろしく急な坂道で 押すのもしんどい
住民の方々は ここを毎日通っているのですよね~ 
DSCF8734-resize
DSCF8735-resize
DSCF8737-resize
勝手に一望だと勘違いしていました  山の間にちらりと見える程度 に訂正!

お寺を過ぎると もうすぐそこ 
振り返ると 見えるはず

見えるのは 霞む生駒山と 厚い灰色の雲

あら~ お天気がいいのは ここだけですか!?
周りは 曇り空でどんよりしています。
いまいるところの自分の上だけ晴れている 
(もしかして 俺って 天気の子!じゃねぇ?)何をあほなこと言っとるのかね? 
  と どこからか聞こえる

さらに登って 茨木市立の銭原キャンプ場まで登ってきました
DSCF8739-resize
DSCF8747-resize

振り返ると 周りはどんより曇り空 いつふってきても不思議ないように見える。
茨木台(と言う名の 亀岡の住宅地)経由で 清坂を周って帰ろうかと思っていたが・・・
ここで断念して 帰途につきました。

業務スーパーによって 晩飯のネタを仕込んで帰りました。
頂上の空は青空が見えます 雨は降らないみたいです・・・ 梅雨空に翻弄されています

※今日7月17日(水)朝4時頃 土砂降り雨と 雷鳴のドカンドカンが うるさくて目が覚めました!
 昼間はあつい日差しが届いています。 週末に台風の影響で雨だそうですが・・・これで 梅雨明けかな~ 暑い夏は嫌だけど・・・ この不安定な気候も 大変つらいですね~ 








TOEI 700Cツアラー 
トォークリップ無しペダルにしていましたが もとに戻しました。
どうも 足元が落ち着かなくて・・・
DSCF8569-resize

DSCF8568-resize
ミカシマ ディープL +クリストフ +スペーサー(木製)+サンツアーXCプロペダル


パスハンと キャンピングは そのまま トォークリップ無しのまま。
ユーラシア・ディアゴナールは トォークリップ付き 

走り方によりけりなんですね。 SPDに一時していましたが 私向きではないので 止めです。
どうも しっくりこないです! 

なにがなんでも トォークリップをつけていたのは 若いころです。パスハンにも付けていてので 足が外れず 田んぼに落ちたことがありました。 ただ ダートの下りは踏ん張りが利くので やっぱりあると安心です。 

土踏まずに近い位置に中心をとるために スペーサーを入れています。 ガードがあったらぶつかるでしょうね こんだけ延ばすと・・・
良い位置に足が 落ち着いてくれました。 快適な走行でした。

RD ユーレー・ドッパー復調しました。小気味よく変速してくれます
DSCF8561-resize
DSCF8573-resize
DSCF8572-resize
DSCF8577-resize
ポラー保冷水筒 この日は涼しくて水が減らない
(昔から使っているポラーの水筒が 相次いで蓋部分が割れてきたので 買い替えです)

前日
大阪 梅雨入りが遅れています。 
「梅雨入り前に走っておこう」で 走っていますが これが何回目か!
土曜日 茨木市の山へ 
この日は 気温31度まで上がりましたが 風が結構吹いていたので助かりました。
まだ 身体が暑さに慣れていないので 帰ってくるとグッタリしてしまいますから
DSCF8522-resize

上空には 入道雲がもくもくとあり 時折 パラッと雨粒が落ちてきて

DSCF8511-resize
DSCF8515-resize
DSCF8517-resize
これも 駄作だ~ なんだか違う(まずい)
またでた 日清の一発屋カップラーメン!
石灯篭の土台の上で胡坐かいて食べています  風の通り道ですずしい
DSCF8524-resize
DSCF8527-resize

DSCF8530-resize
DSCF8531-resize
見山郵便局のすぐ隣上のお寺です。昨年の台風で屋根がずり落ちました やっと修理


清坂峠まで行き 戻ってきました。 空が真っ暗な雲に囲まれてきました。
濡れたくないので へたれですが 帰ってきました。
近所の SL公園の D51 お化粧直しがおわって お披露目していましたので 見学してきました。
DSCF8540-resize
DSCF8546-resize
DSCF8548-resize
SLって でかいです 鉄の塊です 
子供のころ早朝に起きると 国鉄吹田駅の操作場の機関車の音がたまに風に流れて聞こえてきたものです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

「先週は 淡路島を走っていたのか~」 
もうずいぶん前のことのようにおもってしまいます。

6月9日(日)3週間ぶりに北摂の山を走ります。
関西だけ 梅雨入りしていないって状況ですが くもりところどころ雨 晴れ間もあり。
気温低めで走りやすいです。 
DSCF8365-resize
DSCF8367-resize
栗の木が花盛り

泉原のJA 玄関庇裏の ツバメの巣を覗いてみました。空なのか 静かです。
外にもあるので 合計6~8ほど 巣があります。(壊れているのもある)
一か所だけ雛がいたようです。 親鳥がかえってきて餌をやっています。
DSCF8373-resize
DSCF8378-resize

嫁さんの使う駅では ツバメが巣立ってしまい
ただいま「空の巣症候群」状態らしい。
「成長過程が癒しだった」と
可愛かった雛の模様を熱く語ってくれました。 


涼しい~ 快適! 道路の温度計は 22~24度 (先日までの暑さが嘘のよう)
身体が喜んでいるみたいです。
淡路島でも 膝の痛みがなく走れたのが持続していて 快調に走れます。
そして 肌寒いくらいのこの気候(薄手の長袖アンダーがほしいくらいでした)

雨で走れなくなる前に・・・
梅雨入り直前  今のうちに走っておかないと・・・身体がなまけてしまいます。
DSCF8380-resize
DSCF8388-resize
DSCF8390-resize
DSCF8392-resize
DSCF8398-resize
竜王山をバックに 右手がアジサイロード 
(ここ数年 手入れが悪くて 雑草に蔦でみっともない)

見山の郷でトイレ休憩
駐輪所に ランドナーが1台 ロードが数台ありました。
ランドナーの人は 見山の郷の野菜を袋いっぱいに買っていました。
「たくさん買いましたね~ 持って帰るの 大変ですね~」って声を掛けます
フロントバッグに入りきらない大根に難儀されていました。
ちょっとだけ 自転車談義して楽しかったです。
DSCF8401-resize
アトランティスさん後ろ姿 
ロードの団体さんが ど~~~と入ってきて 満杯になったので 正午前に 私はさっさと見山の郷を後にしました。(平均年齢70代くらいの感じのクラブのようでした お揃いジャージでした。昼飯にきたのでしょうね)

お昼は 豊能町で食べる予定ですが
腹減ったので おにぎりを1個食べて もう一漕ぎ!
銭原を過ぎ 女性ロードに抜かされる・・・ゲキサカですが 早いですね~ 


やっと 豊野町のいつもの景色のところに到着 木陰で昼飯です。
DSCF8419-resize

正面は 寺田集落 山は鴻応(こうの)山 
地道だったところが 舗装されていました。台風の被害で あちこち崩れたのを補修してありました。
地べたにすわって ラーメンタイム 
DSCF8425-resize


横の側溝にトノサマカエルが何匹かいます。子供のころはよく捕まえて遊んでいました。
近所の田んぼがなくなり住宅地になってしまい すっかり目に(耳に)しなくなったカエル 
   雑草でカエル吊りとかしてあそんだものですが・・・
DSCF8422-resize

さて 食べ終えて出発!
「あれ~ あれれれれ! 前輪パンクしてる!」
めったに外でパンクしません」なんて 言ったとたんに パンクです。
「さっき路肩にガラスの破片があったが 刺さったのかな~?」
「嫌やな~ ガラスやったら・・・」って 思いながら チューブを引っ張り出して パンク個所を探します。 いがいなことに 接地面側とは反対の バルブの近くに穴ができていました。 
すぐに パンクを修理します。 チューブは予備のをいれました。
DSCF8428-resize
DSCF8430-resize
DSCF8432-resize

いい機会なので 買ったばかりGIYOを試します。
SKSのフレームポンプも試験しておこう・・・だいたい限界までいれて・・・GIYOに交代
「めい一杯ポンピングして 4気圧」入りました。(こんなものか?)
ここからは GIYOで(台座もってくるのをわすれたので ガードレールに押し当てて)空気入れます。
6気圧まで入れれましたが・・・ もういいや~ 疲れた~って 止めました。
パセラ700x32C 推奨圧は 6.7気圧 ちょっと足らんけど 大丈夫でしょう。
DSCF8440-resize
DSCF8448-resize
カヤの木のお股のところ 妖しい割れ目ちゃん なんかいっぱいいる
よく見ると(いや~~ん)ニホンミツバチの巣になっていました
DSCF8450-resize

今日は 寺田から 柚原(ゆのはら)へ抜ける山道ルートを行くことに!(初です)
DSCF8482-resize

集落を登りきると 左は 牧集落 右は万願寺へでます。
右折してすぐに神社のところを左にはいります。
集落を抜けると ごろた石の地道になり 杉の枝がいっぱいおちていて ガードにからんできます。
雨でV字の溝になり 歩くところがないくらい かなりひどい道です 
滅多に人は通らないのでしょうね(地元の人でも・・・廃道一直線か?)
オフロードバイクのタイヤ痕がところどころ残っているくらい。
DSCF8459-resize
DSCF8469-resize
DSCF8472-resize
花びらが 雪の結晶の形で散らばっています
DSCF8479-resize
やっと見覚えある道にでました
倒木あり 道がせまくなって藪漕ぎか?ってところも 大阪と京都の府境辺りが峠。
京都側は ちょっとましかな~っておもっていると どんどん道が悪くなっていきました。
貯水槽施設のあるところからは砂利道 きれいに整地されて 軽自動車が入れるようになっています。
下って行くと柚原の見慣れた 場所にでました。 1.2キロほどの道程でした。

あとは 家まで ほぼ下りです。 


手作り市用に 注文していたテントと ワゴンが来ていました。
さっそく ワゴンを組み立ててみます。
テント張りは一人じゃ難しい。脚はのばしていません
DSCF8487-resize
DSCF8488-resize
折りたたみワゴン うば車みたいだ!


それから シャワーして 晩飯の支度です(めんどくさいけど) 
今夜は!
しっかり塩コショウして休ませた豚肩ロース塊肉を 
強火でガンガン焼いて表面に焦げ目つけてから 
アルミホイルで包んでしばし休ませ~
今度は グリルで 弱火でジックリ焼きます。 
外カリカリで 中はほんのりピンクで 肉汁がジュワ~~~ 柔らかく仕上がりました。 

広島のレモスコ(レモンタバスコ)を振り ワサビ醤油で頂きました。
家族は 塩だれや 焼肉ソース それぞれ 好きな食べ方しています。 またしよ!旨かった!
その他 枝豆 サラダ あり合わせ手抜き野菜スープ ごはん 前日の残り物(ナスと牛肉の炊いたの)金麦ラガー  あ~美味し 充実した1日でありました!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

6月1~2日と 淡路島に行ってきました。

車で 淡路SAに向かいます。
Bill氏と2人 うちの古いノアに キャンピング車2台を載せ 
茨木市千提寺ICから 新名神に乗りました。
(近年 エンジン音が バタバタと言うようになりました。100キロ/hが辛い)
新名神開通前のイベントで歩いた陸橋 
「二度と歩くことないな~」「高~~~ 景色抜群」一瞬で通り過ぎます・・・ 
 写真はBill氏提供  新名神の新兵器 トンネルの速度低下を防ぐライトシステム(緑色の光に追随して走ると 定速を維持でき 良い走りになる)らしい
IMG_5133-resize
IMG_5132-resize
IMG_5134-resize
IMG_5138-resize

淡路島まで 1時間半で到着。
車を 下りSAの駐車場に置き 五色浜へ向けて出発です。
DSCF8206-resize
DSCF8209-resize
観覧車よこから 一般道へ降りる道があります

天気は 晴れ 雲が多めで 向かい風です。
国道28号線は 大型車が多くて 怖いし・・・全然面白くない道です。

 
途中から 県道66号線にはいります。 山の中は 海辺の景色とは一変します。 
能勢の山の中走っているかのような錯覚があります。
能勢と違うのは、 溜池が多くて それがまた 景色のアクセントになっています。 
昨年も 海辺を避けて 内部を走ったのですが 
大阪では 失われた景色が残っていました。 
ど田舎という意味ではありません。 
・・・農村風景の原点みたいな ここが里山のベンチマークと言った感じの  
やはり淡路島は 大八島の最初の島だからな~  
(神話の話だけど)

        大きな川がないので あちこち 溜池だらけです
DSCF8239-resize
DSCF8248-resize
DSCF8253-resize
DSCF8258-resize
DSCF8266-resize
            MK磁石の発明家
DSCF8262-resize
        お寺の門で休憩させてもらいます

瀬戸内気候のおかげもあって のどかで のびやか 起伏も優しい・・・そんな 田舎の景色がたのしめます。 それでいて 突如 田んぼの中に 大豪邸が現れます・・・ 
淡路島は その昔は経済の発展した 豊かな島だったのだな~と思いめぐらしながら走ります。

DSCF8270-resize
     温泉入って 汗を落とします  キャンプ地は 海開き前なのでシャワーがありません
DSCF8287-resize
        五色浜到着
DSCF8289-resize
DSCF8290-resize
        バンドック ウルトラライトテントできました。
        夏用のメッシュテントでもよかったかも


ビワイチ とか アワイチ とか 
とかく 一周するのが好きな人がおおいようですが 淡路島の魅力は 内陸部にあり! 言っておきます。 海岸線一周だと おなじような景色がずっと続いて 単調になりますから アワイチを とりあえず終えた人は 内陸の細々した細い道をさがして走ることを おすすめします。
林道もあるし~(ちょっと キャンピング車では しんどいですけれど・・・)


五色浜でキャンプ
某大学サイクリングクラブOB会キャンプとビジター 合わせて20数名集まりました。
45年も続いています。(昔は新人歓迎コンパをやってました)
私は 現役大学生のころと この3年間だけ 行っています
DSCF8294-resize
DSCF8293-resize
DSCF8296-resize
DSCF8295-resize
DSCF8297-resize
DSCF8299-resize

主催者にはわるいのだけれど 飯はわりといいかげんです・・・(近年参加者が急増 対応できていないといったところです。)
食ったものと言えば夕飯では 「肉5切れほど、 焼きそばは 箸一つまみ あとは ひたすら酒とつまみ」 
朝も パン2切れと 餅3口 どん兵衛を先輩にもらって やっと腹が膨れました。 
キャンプ飯は やはり自分で用意しないとだめですね~ 今回は・・・軽量化のために炊事用具を おいてきてしまいました。(非常時用のパンは用意しています)
来年また いくとしたら しっかり料理できる体制で行かないと・・・
「自分の飯は 自分で作る」
「自分の荷物は 自分で運ぶ」 シンプルキャンプ ミニマムキャンプ 
これでいいのだと 思うのでした。(車組に 期待しすぎているのも 悪いのだろうな~)


帰り道は 二日酔いなので ひたすら岩屋めざして海岸線を走ります。
いつも元気な Bill氏は 二日酔いの上 腹具合がいまいちのようで 踏ん張りが利かない模様です。
一宮というところで 突然 後ろにいたはずの Bill氏が消えて・・・ 
どこにもいない 先ほど休憩した場所まで戻るも 見つけられず。岩屋まで1本道。いったいどうしたのか? 携帯に電話しても出ないので 「接触事故でもあったのか」って心配になりあちこち探しました。30分ほど 行ったり来たりして 通りすがりのサイクリストに聞いてみたりしましたが 見つけられず。 
「神隠しや~」 おっさんの神隠し! いや~ まいったな~ 
スマホにメッセージ入れて とりあえず 岩屋のSAまで戻るつもりで走りだしたところ やっと 携帯が鳴って!
現在地は 10キロも先でした。 
氏いわく 「腹具合がわるく トイレにこもっていた」そうだ その間に 運悪く(トイレだけに)
入れ違ってしまったというわけだ。
先に私が行ってしまったと思ったらしい。 
こう言う時は 携帯があっても なかなか 連絡付かないことって ありますね~

DSCF8318-resize
DSCF8321-resize

明石大橋が見えてくると もう旅も終了間際ですが、
最後に SAのある高台まで一山 登らないといけない。
雨粒が ポツポツと 落ちはじめ 濡れる寸前に 駐車場に到着しました。

土産買って そのあと 昼飯たべようと思っていたのだが・・・カレーうどんにしようかな~
なんて おもっていると Bill氏 車で食べようと・・・(なんだか やはり体調わるいようです)
後ろ髪引かれる思いで SAをあとにして 車で帰りました。
(帰ってから 無性にカレーが食べたくなって・・・夕飯は・・・カレーを作りました。) 

今回は キャンプといっても 上げ膳据え膳で テントで寝ただけ!キャンプ でした。
ちゃんとした自炊キャンプは また来月梅雨明けあたりにする予定です。
 もうBill氏が キャンプ場を押さえてあるとのことです。

※今回は ありがたいことに 膝の痛み出ませんでした。 テーピングして サポーター で膝の皿があちこち移動するのを押さえています。 ガタがでてますが これなら まだ走れそうです。
毎回 メンドクサイのですけれど・・・

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


5月12日(日)
いい天気
DSCF8112-resize
                家の生垣のバラが咲きました
DSCF8113-resize
                   こちらは 柿の花 

気分よく快調に走りだしましたが・・・
安威の大門寺さんの登りで
なんか 脚が重い
運動不足はいつものことだけれど
なんだか 頭も重いぞ~ 
風邪ひいてしもう~たかな?

DSCF8118-resize
DSCF8115-resize
            安威の大門寺さんと 安威川ダム建設現場
DSCF8119-resize
                やっぱ デカベロでっせ 竜王山
DSCF8123-resize
          常緑樹も新緑の季節 春に落葉して 若葉がでてきます

寝る時は ちゃんと布団かぶっててたのだけれど 途中で暑くなって 
布団蹴とばしてしまい
朝方足元が冷えてきて あわてて布団に丸まっています。 
(こういう時に 学生時代背景の夢を見ます。 卒業まじかなのに単位が全然足らないとか・・・
 卒業設計が全然書けていないとか・・・ 結構苦しい夢で ハッと目が覚めて・・・夢か~と)

こんな日が数日続き 体調がいまいちなようです。自覚はほとんど無いのですが 脚の重さと
頭の痛さと 腹部の膨満感と ・・・春の風邪でしょうか
 もしかしたら 違う病気かもしれませんが・・・(そちらも怖い)

DSCF8140-resize
DSCF8142-resize
DSCF8138-resize

DSCF8137-resize
          電気カトリス こいつのシーズンがきてしまったか~~
DSCF8134-resize


昼飯は 龍仙の滝の谷筋で食べました。
涼しい木陰を 独り占めです

食べ終わって かたずけしていると 女性ハイカー2名が登ってきました。
登山道は 落石と倒木の為に 閉鎖されていますが、 この二人は いい根性しているようで
「行けるところまで 行ってみます」 とのこと。
登山道 少し入ったところから 倒木だらけなんですが 登って行ったきり 戻ってこないので 
第一関門は通過したってことでしょうか・・・ すぐに そこから離れたので その後の事はわかりません。 無事を祈ります
DSCF8144-resize
                藤の花が満開でした
DSCF8145-resize

走りだしたのだけれど どうも 気分がすぐれない。
やっと いつもの 九折(つづらおり)のお寺に到着
DSCF8146-resize
                  田植え終わっていました
ガードのビビリ音がするので 自転車ひっくり返して タイヤを外して ネジを締めなおします。
後ろのガードのネジ このまえ 増し締めしたところなのに 緩んでいました。
(前から音がするように思えるのですが 実は後ろなんですね~)

DSCF8150-resize

お寺の階段で 休憩させてもらっています。
なんだか もう 走る気がしなくなってしまいました。

ゲップがでそうで出ない感じ・・・気分悪~~
目の前を 何台か ロードが通り過ぎて行くのをボーっと 眺め 
時間ばかり過ぎていきます。
いつもなら 最低でも 定点撮影地・清坂峠を越えて 見山経由で帰るのですが、
本日はお粗末ながら 来た道を 引き返しました。(とにかく走れるうちに 最短で帰る)

下りは気持ちいいです・・・
平地を走る分には なんら影響ないです。
耳原(みのはら)の 業務スーパーで 買い物して帰りました。
DSCF8151-resize
                 鴨葱状態で帰ります
この時期 急に暑くなったり 紫外線が増えたり 身体の対応が追い付かないみたいです
歳のせいかもしれませんが・・・・

いまも 頭が少し痛い 


ダホン キラ 輪行袋に入れてみた!
IMG_2963-resize

「ちっさ~」 折りたたむと 想像以上の小ささです。
 
IMG_2974-resize

我が家で一番小さいパスハン用の輪行袋ですが ゴソゴソです
当分はこれで 十分でしょう!(専用の輪行袋が欲しくなるくらい 輪行してみたいですね~)

肩紐代わりに 1本ストラップを入れました。 
駅の移動くらいならこれでいいでしょう!
IMG_2973-resize
右ペダルは 折れ曲がって収納できます
IMG_2972-resize
左ペダルは なぜか ノーマル・・・邪魔にならないと言えばならないけれど
IMG_2971-resize
         (サドルを イデアル2002 プラサドルに交換しました)





にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ