3月24日(日)

3週間ぶりに走った。
花粉の影響がちょっとでもましな 淀川河川敷へ行きました。
枚方まで マスクをつけないで走行
花粉もピークを過ぎたようで クシャミがでるようなことはなかった。
ましとはいいながらも 眼が充血して痛い。
DSCF7336-resize


枚方の河川敷管理局の前で アンケートを受けた。
管理局の職員らしき人に あれこれ聞かれた。
それも 悪名高い 自転車ゲートの前でだ。
職員:「なにか 河川敷で不都合におもうことはありませんか?」
私:「そりゃ~ この 自転車ゲートでしょう」(職員はバイクゲートですねと 言い直していた)
バイクゲートといえるのかな?対象は 完全に自転車でしょう? しかも バリアフリーではないし。
乳母車が通れない小径車・三輪車・子供乗せ自転車が通れないじゃないか?」と言ったら 職員はだまってました。(バリアフリーは 国交省がうるさくいっているやつです。灯台もと暗しってやつ)
あと フロントバッグにいれてあった 国土地理院の5万図に興味があるようで、
(地図好きな人 職業上いるのかも)世間話織り交ぜで暫くしゃべっていました。

心配はわかるけれど・・・
ゲートを取り外したら バイクが侵入して暴走することはあるのかな?
ゲートが有っても 入る連中は入っているし(っていうか バイクは どこからでも入れる)・・・ 
 すぐに通報されるだろうけれど・・・

これは 大損だ!(物事損得だけで決めてはいけないのだけれど)
ゲートがあることによる 不利益って意外と大きいと思うのだが。
 たとえば インバウンド 
けっこう外人さんが走っているのを見る。
4サイドで走ってる外国人も そこそこ見る。
京都嵐山から 走って 大阪に入るようなのだが・・・淀川に入ったら ゲートだらけで びっくりしているだろうな。 途中で嫌になって 横にそれているかもしれない。(こういう情報は共有されていくだろう)
将来 車を追い出して 御堂筋に自転車用レーンができるそうだし・・・
これだけ 自転車による観光資源があるのに マイナスなことをやり続けることに意味あるのかと。
京都 大阪 奈良 河川で繋がった安全なルートをもっと生かせれば しまなみ海道に負けない 自転車観光ルートができるのに・・・(今以上自転車が増えるのは歓迎しないのだけれど)
外圧に弱い日本の役所だから この辺から 攻めてもらうと 案外うまくいくかも。


枚方を離れて 京都に向かう。
ちょっと膝に違和感 「久しぶりに走るから」仕方ないか・・・ 八幡の堤防で昼飯に
何本かピンクの桜がさいているが 堰堤のソメイヨシノは まだまだ蕾が硬い。
DSCF7349-resize
                  この桜 満開です 
DSCF7356-resize
              この木の幹を叩いている コゲラ

昼飯の準備していると 後ろから 木を叩く音がする。どこかで大工仕事でもしているのか?
(そんなわけない)振り返って 音のする方を凝視・・・ 「いた!」 小さいキツツキ
山で見たことある コゲラ だ! 時折 別の鳥が近づいては 警戒音なのか ビ~~~という鳴き声
DSCF7359-resize
                    痺れる辛さ




今日は走っていて 鳥をよく見ます (鳥は詳しくないので・・・わかるやつだけ) 
ウグイス ホーホケキョ と あちこちから聞こえる。実に春らしい鳥だけど留鳥。
ケリ 縄張りを通過したトビを果敢に攻撃している。大きな相手にも物おじしない。
   子供の頃 田んぼで良く攻撃された。 
モズ モズって留鳥だったかな? 大阪の府鳥? モズヤン  冬の鳥だと思ったが・・・

走りだしたが 膝の痛みがひどくなってきた。
「しまった!」膝サポーターするのを忘れていた!
久しぶり過ぎて 忘れていたのでした。 
こんなに影響するとは・・・本人が一番びっくり
とにかく これ以上傷めないように ゆっくりと 漕いで帰る。
左膝まわり 膝裏に違和感。 右膝 膝頭が痛い。 情けなや・・・・

DSCF7377-resize
               ユーラシア ディアゴナール 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村