銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

ツーリング

遠くに行きたい~ 
 でも 行けないんだな~ 

あと3年は 無理だろう! 
 でも あと3年すれば 還暦じゃないか!「ゲゲ~~」
今度は 身体の心配が・・・

子供の頃の還暦のイメージは 年寄がちょこんと座布団に乗って 恵比須顔で孫に囲まれている・・・とちょっと ステレオタイプのイメージしか 思い浮かばないですし 実際 そんな爺さんばあさんみてきたし・・・
うちの父親が 60歳のころは まだまだ元気でした・・・孫は 兄の子供等が何人か  
そう言えば わたしは まだ大学生でした。 
親父は商売していたから サラリーマン家庭とはちょっと違うかもしれない。
定年退職もないしね~  76歳で亡くなる数か月前まで 実際 働いていたな~
 

自分は どうかな? 長男は今25歳 結婚しても不思議ない年齢 次男はこれから社会人
娘二人は 3年後に卒業 自分自身は・・・60歳だからといって きゅうによぼよぼになるとは まったく思えないし・・・ ただ 世間では 一気に老け込む人もいるので 油断はならない・・・
けど 親父と同じく 定年退職がないので 一生働かないとだめ(貧乏自営業は 困るよ~)
60歳になったら なんか 新しいこと 始めようかと 思っているくらいなので・・・何しようかな
なんて・・・

話が あっちの方へ行ってしまいましたが・・・
 遠くには なかなか行けないので
  近場ばかり走っています。

近場と言えば・・・
急激な変化 (高速道路や 再開発 ダム工事)が 多い大阪北部は 今見ておかないと 無くなる景色があります。 
目に焼き付けておきたい!(のですが・・・) 
変わってしまった風景は圧倒的なインパクトがあり 以前の姿を思い出せないところが多いです。 
残念ながら 記憶の中の景色となかなか符合しないです。

DSCF9873-resize

10月20日(日)
いつものように 福井から 佐保 泉原 忍頂寺 見山へと行きました。
屋根修理の 佐保のお寺は 足場が外されていました。
DSCF9879-resize

今日は なぜか ロードの対向車のみなさん 挨拶してくれるので 気が気ではありません。
もう いっそ 普段通り 無視してくれたほうが楽なんですけれど・・・ 

追い越しで 挨拶されることも無かったのに どういうわけか この日は 通りすがりに なんか言ってくれます。 あわてて 敬礼してます。(見えてないだろうけど)

見山の郷の近くの遊歩道で 先行していたマウンテンバイクの2人組を抜きました。
道に泥がたまっていたので 自転車から下りて 押して歩いてる横を スーっと 
「こんにちは~」って 追い抜いたのですが・・・(よほど 汚れるのがいやなんやな~)って 
ガード付なら 何も気にせずに乗り越えられるのに・・・

見山の こちらも屋根修理のお寺 のすぐ横で 昼飯にしました。
天気が回復して 青空がまぶしいです。
 昼12時に キ~ンコンカン~コン と村内放送 
どでかい音をスピーカーで流すので 毎回びっくりします。
(季節が違うと 11時30分なんだけど なにか基準があるのだろうか?) 
DSCF9881-resize
DSCF9884-resize
DSCF9885-resize
とろみがあって すっぱ~辛い 美味過ぎ~ 
たまには 日清以外のを食べます!

DSCF9893-resize
補強した ジュビリーフロントディレーラー 大丈夫のようだ!
DSCF9892-resize
サンツアープロコンペ ウルトラ6 に 同じくサンツアーAPの28tギヤを移植
まだ 違和感はあるが ちゃんと使えています!
RDは ジュビリーファンには怒られそうな使い方してますね~

見山の集落は 府道から すこし中にはいったところにあるので 気づかないで通り過ごす人がほとんど 見山郵便局から 坂道を登って行くと 十数軒 もっと 奥にも7~8軒 大きな家があります。

DSCF9895-resize
DSCF9904-resize
集落内にある道標「右 安威」とあります 
次に 清坂集落を登り 
台風で大破した 気になっていた茅葺の家を見に行きました。
綺麗に トタンで修理されていました ホッ!
DSCF5595-resize
昨年の台風のあと

DSCF9907-resize

狩待峠まで 胸突きしそうな坂道を押していきます。 (乗って登れたのは 10年以上前か!)
DSCF9912-resize
DSCF9913-resize
DSCF9915-resize
こちらは地震と台風で壊れていた神社と鳥居 修繕されていました


溜池に謎の鳴き声の生き物が 「ニャー」と言って 水に飛び込むのです。姿は見えなかった。
カエルがそんな鳴き声だすのか? 何匹もいました。(もちろん猫じゃありません!)
  ※ 謎の生き物の正体がわかりました! 答えは 巻末に


再び 清坂の集落へ 激坂をくだっていきます。 
DSCF9930-resize
DSCF9935-resize
DSCF9929-resize
この先は かなり荒れた 激下り坂になっています
集落の入り口近くにでます


DSCF9947-resize

あっちウロウロ こっちウロウロ 今度は 見山から忍頂寺へ戻り
忍頂寺から 千提寺への キリシタン道をいきます。 
落ちた枝だらけで 走れないので押していきます。 

昨年は この道で 枝を巻き込んで 700Cランドナーのマッドガードが への字に折れました。
乗れる区間も慎重に走行 かなり荒れています。
DSCF9949-resize
DSCF9951-resize

落ち葉と枝と どんぐりだらけの 堀切の道 
(簡易舗装がめくれて 堆積物で ほぼダート化しています)
そもそも アスファルト舗装の意味ってあったんかいな?
DSCF9953-resize

DSCF9961-resize
堀切の峠 雰囲気があっていい


DSCF9966-resize

M'sカフェ から キリシタン資料館の前を抜ける 激坂をジグザグ走行で登ります。
DSCF9978-resize
M’sカフェ 入ったことないのですが・・・

DSCF9980-resize
以前は泉原へ抜ける道があったのですが・・・ 今は 新名神高速の千提寺のサービスエリアへ抜ける道になっています。

展望台と遺跡の発掘地を見て 帰りました。
DSCF9983-resize
DSCF9985-resize
DSCF9987-resize
DSCF9992-resize
安威川ダム建設地が良く見えます 
山は阿武山 山頂付近に古墳があります(中臣鎌足の墓といわれています)

遺跡発掘あとは 草ぼうぼうでした
向うに見えるのは 竜王山
DSCF9997-resize
DSCF0002-resize
DSCF0003-resize


DSCF0005-resize
やはり パスハンは こんな道が良く似合う!

帰ってから すぐに着替えるか シャワーでもすればよかったのですが 
ノンアルのんで パソコンいじっていると 汗冷えしてしまい、
ちょっと寒気がして・・・あわてて 風呂を沸かして 熱い風呂につかりました。
油断すると 風邪ひいてしまうところでした。

そう言えば もう 10月も後半です なんだか びっくりです。
カレンダーも 残りあとちょっとしかないのですね~

雨ばっかりの秋 
週末の天気の悪さ 台風や台風崩れがまだまだ雨を降らすみたいです。
関東の被災地 ほんとうに気の毒です。 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

※ なんと ニャー と鳴く生物は ウシガエル だそうです。
 ウィキペデアに 探偵ナイトスクープにて ニャーと鳴く ウシガエルが見つかったと あります。

地球の どっかで 
災害があって 戦争紛争があって 命のやり取りがあって 
生まれて死んで・・・地球の どっかで・・・ 

それでも 自分の上にある青空しか 見えないぼくは 自転車にまたがって
走ってしまいます。 どっかで苦しんでいる人もいるのに・・・ 
でも そんなこと言いだしたら きりがないのは わかっています。

何かあるのは しかたない 止められないし 留まることもない 動き続けるのが世であり 
時間を巻き戻せない 時の川の流れは だれにも止められない これを無常というのかもしれない。

言い訳がましく スタートしましたが・・・ 
台風の翌日 午後から晴れて 青空
風が強く吹いていましたが じっとしていたら もったいないので 走りに出かけました。

昼はとうにすぎています。 途中のローソンで おにぎりと カップうどんを買って 小高い丘の上にある 安威 大門寺さんへ 

安威川ダムの建設現場がよくみえるというので いつもは入らない区間へ 
ダム工事現場が一望できます。 風は 突風を交えて強く吹いています。 
傾けておいた自転車が 風に押し戻されて倒れそうになります。
DSCF9825-resize
ダムカードになってます
DSCF9826-resize

コンテナの建物は 資料館になっているみたいですが 閉まっていました。

DSCF9831-resize

ダム工事自体には 反対でした。 
代替案で ダムを作らずに治水する方法がいくつも提案されていたのです。
工事自体は 農業用水や工業用水の確保と 治水が目的と・・・もう50年も前に作られた要綱のままでした。 ですが 推進派が押し切って 工事が開始してしまいました。 あと数年かかる工事ですがダム湖の外周道路が 段々形になってきています。(展望台からよく見えますよ)
ここまでできたのなら はやく完成して ダンプがどこかへ行ってくれたらと・・・
DSCF9834-resize
DSCF9837-resize
ダム軸 この線にそって

大門寺のテラス部分 南側です 
北側は 風が凄かったのですが こちらは 山の陰になるようで ほぼ無風です。
DSCF9846-resize

牛うどんだと 思って買ったどん兵衛 汁なし麺でした! 「また やっちまいました
よく見て買わないと・・・ 
DSCF9847-resize
DSCF9848-resize
先日かった 魔法瓶にお湯をいれてきました
DSCF9850-resize
しょぼ~~

この手の奴は 味が濃いので 出汁は半分ほどしか入れません。
「あ~やっぱり 味濃い~」 半分で十分でした。
それにしても 汁なしうどん なんて 誰が好き好んで食べるのか?
見た目のショボさは 半端ないし 食いごたえ全くないし・・・

日清の 一発カップラーメンの多さには 腹立つより 呆れかえります。 
開発者魂なんだろうか! 
面白がって買うのですが ハズレが多い!

修理した ジュビリー フロントディレーラー もともと不具合は無かったので・・・以前と同じく
快調に変速してくれます。 ボスフリーのほうは まだ チェーンと 馴染みがわるいようで
カタカタ感が残っています。 100~200キロと走らないと 消えそうにありません。
DSCF9858-resize
DSCF9859-resize
DSCF9860-resize
DSCF9861-resize
地球のどっかで・・・なんて穏やかな景色なんじゃろ~~

食べたら この日は 終了! 
「ひと汗かきました。 昼飯食いました。」で
 早く帰って 
クライマックスシリーズ 阪神巨人戦 を見るために・・・
 阪神負けました ・・・ ことしはもう野球は終了です もう見ません。 
DSCF9867-resize



その後は ラグビー 日本8強入り! 良かった良かった!

私の出身高校 ラグビーの強豪でした!(大阪工大高 現 常翔学園)
 長男のところも(京都成章高校)強い 
見に行くときは いつも真冬で 
花園ラグビー場は 思い切り寒いので 成人してからは ホットウヰスキー飲みながら 寝袋にはいっての応援でした。 
数年前の高校ラグビーで 勝ち進めば 親子対決 ってこともあったのですが 両校負けて 対決ならずです。
 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

10月6日(日)晴天 風強し
大阪は運動会日和です  運動会の音楽や歓声が風に流されて聞こえてきます。

前日 久々にBill氏と 工房飲み会。 
二日酔いで 頭が痛い朝をむかえて 水をがぶ飲みしてます。

目が覚めたのが8時過ぎ ちんたらしてるうちに11時 
近所のコンビニでお握りとパンを買って出発。

向かい風が強いです。 なんだか肌寒い! 真夏とおんなじ格好で家を出てきたのを すこし後悔。

先週見ごろだった 曼珠沙華
一週間で ほぼ 枯れていました。 
DSCF9680-resize

DSCF9682-resize
かわりにコスモスがあちこちで 綺麗に咲いていました

いや~~涼しい 汗かきませんね~。 水の消費がうそみたいに少ないです。(さっき飲み過ぎた?)
丘の上のお寺裏の 石段脇で おにぎりを食べます。
DSCF9694-resize
DSCF9688-resize

DSCF9692-resize
お寺の屋根 葺き替え ほぼおわっていました

きょうはリュックを背負ってこなかったので お湯がありません。
お湯を入れる 魔法瓶が ちっこいサドルバッグにも フロントバッグにもはいらなかったもので・・・ 汁物がないと なんだか食った気がしません。 もう癖になっているようです
もう少し短めの魔法瓶を入手しておきましょう。

忍頂寺の 丁字路の信号で 後ろから来たバイクに轢かれそうになりました。 くそ~ 猛スピードで左折 まだこんなアホなやつがおるのか? って 一瞬でしたので ナンバーもなにもわかりません。
プンプンしながら 見山の郷へ いきました。

入ってすぐのテントで 見覚えのある2人がうどん食っていました。
「あれ! 来てたん?」 兄夫婦でした。
むこうさんも「もしかしたら 来るかも」なんて 話していたそうです。
「うどん 食べるか?」って 半分ほど残っていました。 最近小食なんですって。
兄のおさがりを頂きながら 30分ほど おしゃべりして 別れました。
今日は カップラーメンなかったので ちょうどいい埋め合わせができました。

兄夫婦は そのあと を求めて 箕面までいって 箕面の滝見物して 帰ってきたそうです。
(栗の販売は まだ少し早かったそうで 無かったみたいです)

見山の郷での別れ際 別の客から声をかけられました。
「これって ランドナーっていう奴ですか?」って 「へ~ すごいな~ 肉抜きしてある」
驚くところが そこかい! って あまり詳しくはないようですが チェンリングの肉抜き すごく気にいっていただけたようです。ちなみにTAです。

そこから 長谷集落をのぼり 狩待峠を抜けて 亀岡にはいり 鎌倉地区をぬけて安威川へ 
あとは 安威川沿いに市内にもどってきました。
DSCF9701-resize
DSCF9715-resize
DSCF9717-resize
ジュビリー キャパシティオーバーなので 立たせてあります (ほんとはもっと寝てるのです)

DSCF9731-resize
狩待峠手前 こちらのほうが峠らしい雰囲気がある

DSCF9734-resize
狩待峠 すぐ裏が住宅地(10軒ほど)


DSCF9743-resize
数年前に茅葺の半分だけ葺き替えた古民家 半分は 鉄板葺き+葺き替え無し

DSCF9751-resize

いつものお寺の前の 気温計をみると 21度 下りは寒いくらいです。 ジャージのジッパーをめい一杯上げて 下って行きました。
もう ウインドブレーカー 用意しておかないといけませんね~ 山の北側の陰は寒いくらいでした。
一週間前は まだ 暑かったのに・・・
DSCF9752-resize
DSCF9756-resize
安威の丘から・・・すぐ裏には 資生堂のでかい建物建設中です



フリー交換 その後
サンツアーAPから プロコンペに代えて・・・ とっても静かになった~ です。
APのボディから 異音がカチャカチャ これって結構精神衛生上よくないです。
 いらいらしてくるので交換したわけですが・・・ 
プロコンペ さすがに へんな音はしません。 
 
サンツアーのラチェット音が賑やかで 軽やか~ 不快感はありません。
ただ 
スプロケとチェーンの相性というか 馴染みが出ていないので カックンカックンすることがあります。 このまま使っているうちに 無くなってくれるのか どうか
ダメな場合は チェーン交換  それでもダメな場合は スプロケの歯を交換します。
さいわい 1~3段まで 予備があります。
とにかく 静かな走行は 良いものです。 けっして無音ってわけじゃないのですが 風きりの音と タイヤの走行音 チェーンとギヤのわずかに擦り合わせる音 良質な音は 決して不快じゃないのですね~ 無音以上に心地よいものです。


※ ダイアコンペの サンレース5S 14x28 ボスフリー ですが、ニュータイプが販売されていました。 旧タイプは 出来が悪すぎると 散々こき下ろしたのですが、 
ニュータイプは 1000円ほど値段がアップしています。 かなり 改良されている可能性を感じます。 イトーサイクルに 新旧両タイプおいてあるようなので 行ったら見てみます。
(シルバータイプがでたのかな よかったら買ってこよ!・・・ )って!

今回の ボスフリー改良の壮大な苦労話を ちゃぶ台返しして どうするねん?って おもいますけれど・・・

5Sのボスフリーが 安く入手できる手段が ひろがってくれるのは嬉しい限り!!

今週末は 台風が来そうですね~ 
 丹波ラン中止かな~(クラブランの予定だったのですが・・・)

※ ダイアコンペの ギドネットは 問題なく使えました!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

天気予報 あてにならんな~
ずっと 週末 雨予報でしたが・・・
 起きて雨戸を開けると ただ蒸し暑く 晴れてるじゃないか・・・

意固地にならず 晴れ間を喜びましょう~
 ヒャホ~~ 晴れた 晴れたぜ~ と これで 走れる!

9月29日(日)
10時前に出発できました。
一応 朝ごはん準備 と洗濯、物干しくらいしてきました。 めんどくさいけど・・・

蒸し暑い~9月最後の日曜日
それでも 山の麓にいくと あれ~ この前まで なんの兆しもなかったのに 
彼岸花が咲いています。
うちの ばあちゃん この花嫌いだったのだ~ 「死人花」って呼んでいた。
確かに 根は毒があるらしいのだが・・・ 毒と言えば トリカブト 信州にいるころは 近所の公園でも咲いていました。
「え~~ これって 猛毒のトリカブト???」って 感じで身近に・・・
身近に 毒って キョウチクトウ が猛毒って聞いたのは ずいぶん大きくなってからですが、
キョウチクトウの花や葉っぱで随分遊びましたよ~ 小学校低学年のころ 身近にありました。

DSCF9527-resize
DSCF9525-resize
DSCF9533-resize

彼岸花 それにしても真っ赤ですね~  
いつものように 登って行くと 「お~ 目の高さに 彼岸花が~」
周りの草は綺麗に刈り取られているので 彼岸花だけが ポッカリと青空と稲の緑に映えています。
DSCF9541-resize

DSCF9543-resize
屋根修理中のお寺
DSCF9544-resize

DSCF9551-resize
DSCF9553-resize
DSCF9554-resize
今日はデイパック YA式同様 背中との間に空間が もう30年以上前に買ったもの
革のストラップは taboomさん製

見山の郷経由で 銭原集落へ 
8割方 稲刈り終わっています。 パッチワークになった棚田がすこし寂しい
DSCF9561-resize
DSCF9556-resize
ピーマン?それとも しし唐か? と オクラの花がきれいな古民家

DSCF9567-resize
こんな色の曼珠沙華も

タイヤ
グランボア シプレ 650x32B しなやかで乗り心地がいい~ 
わりと 空気圧 めい一杯入れて来たけれど 跳ねたりしない ソフトな感じです。
もう少し入れても大丈夫な感じ。
高級タイヤなんだから 乗り心地良くて当たり前なんですが・・・いいタイヤというのは 存在をわすれます。 舗装路なら 気分よく走れる ちょっとお高めなので お財布には優しくない 


サンツアーAP・フリー がうるさい 
ガチャガチャ カチカチ 
以前にボディだけ交換したのだけれど どうも 遊びが大きい。
回転部分の隙間が普通に見てわかるくらい大きい。
サンツアー最終期のころの 普及型のフリーで プロコンペニューウイナークラスから見るとかなり見劣りする物。
改造記事は こちら http://tuushinn.blog.jp/archives/2502291.html
126mm用のフリー(13x28t 6S)を 120mm用に改造(トップの歯13tの歯を削ってロックナット化)して使っているのですが  ボディの構造が良くないのか チェンラインの位置によって音が変わるのです。フロントをアウターにすると フリートップで 一番騒音がでます。
フロントインナーで 静かになります。 あ~メンドクサイ奴! イライラの原因です。
対策としては 粘度高めのオイルを入れると 音が小さくなるのですが この日は入れるのをわすれてきたのです。 
※ 現状 5S用フリーで 手に入るのは サンレース 14x28 ってフリー。 工作精度が悪くて 芯が出ていないので うねる。 歯もペイント?したような感じで とにかく安っぽいというか 1000円ほどで ほんとに安い。  または IRD こちらは 9000~1万円くらいに値上がりしていた ちょっと躊躇する値段だ ほんとに困ったら 買うしかないな~
今考えているのは シマノHG-20 6Sを なんとか 5S用に改造できないかと・・・以前にも一度こころみたのだけれど・・・この時は サンツアーAPが丁度うまく改造できたので・・・本体を少し削り 
ハブ軸側にスペーサーを入れれば 何とかなるかも?っておもっています。
 HGフリーは 買いだめしてあるので 数には余裕があります。 

ブルホーンハンドル
W=400の ブルホーンハンドル クッション付き綿バーテープ 快適でした。
曲がり具合が良くて とくに 先の方が 登りや下りのときに 手の角度とピッタリでした。
握りが細いので クッションバーテープ二重巻でもいいかもしれない(最近すぐに手が痺れるし)

ギドネット やはり開きが大きい
ダイアコンペの ギドネット 「指がかかるか かからないか」 あたりにレバーがあります。
意識して 持たないと ちょっと指がはずれそうで 不安。
不安をもったままで ツーリングっていうのは 楽しくない。
終始 気を使って帰ってきました。 なんか対策をしないと・・・
家に帰ってから 別のハンドルについている マファックのギドネットと見比べてみると
ハンドルバーの下端と ブレーキレバーの上端の開きが マファック 50mm  ダイアコンペ60mm
10mmの差がありました。 指先分の差です。 ツーリング中の不安を誘った10mm さて どうやって調整するか? 
蛍゜さんは ブロック部分にネジを切って当たりを入れてそうですが・・・構造を見ると それしかやりようがない感じです。 ダイヤコンペさん 殺生でっせ!アジャスターネジ1本入れてよ~

DSCF9573-resize
DSCF9576-resize
DSCF9577-resize
 謎肉大量

DSCF9582-resize
カナヘビ? ペダルに登ったり ちょろちょろしてました


DSCF9585-resize
余野から これからむかう寺田集落 鴻応山を眺める

DSCF9595-resize
寺田から さっきカップラーメンを食べていた当たりを見る

久しぶりの雨
寺田集落から 亀岡側の西別院町万願寺へ抜けたところから 雨がポツポツ
雨雲レーダーを見ると すぐ北に 積乱雲の塊が迫ってきている。
野菜の 路上販売の小屋で 雨宿り
DSCF9604-resize
開いてて良かった~(開きっぱなしですけど・・・)
行くか? 暫く様子見か? 
どんどん 雨脚が早くなってくる
 「しゃ~ないな~」久々の雨具登場 
上だけ着て 雨のないところまで走りました。 
半袖 半パンなので 濡れると ちょっと肌寒い。

帰り道 耳原の業務スーパーで 夕飯の食材をかって帰りました。 リュックが重いです 



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村











9月15日(日)
連休 なか日 
大阪は これまた いいお天気でした。
こんどは ほんまに ツーリング日和!

10時に家をでて・・・あ~ 暑い! 「なんてこった」 と思っていたのですが、
意外と風があって嫌な暑さじゃない。 

https___latlonglab.yahoo.co-001


茨木~亀岡線 安威川沿いに登って行くと 大門寺さん 車作 山の方は ずっと涼しい。 
道路沿いの温度計は30度を切っている。

夏の頃よりずいぶん 走りやすい。 気分だけかとも思ったが 身体も正直で いつも休むところをパスして さきへ先へと 脚が動いてくれる。
膝も調子よし (いつもより 多めにテーピングしてきた)
運動している分 喉が渇く いつもより多めに水分を摂っている。
保冷水筒600ml 魔法瓶に氷水1L ラーメン用熱湯 600ml 
そして 予備に1L水をバッグに仕込んでいる。
DSCF9257-resize
大門寺
さんへの登り 直登で日影の無い道です
DSCF9258-resize
いつもの竜王山 車作橋より
DSCF9265-resize

空が 澄んで青い 気分よく走って いつものお寺で 休憩しようと思ったら 庭木の剪定作業中で
トラックが横付けされていて 庭師さんが 木をばっさばっさと伐っている。
ここは パスして 先に進む。
二料の集落で やっと一息つく 
DSCF9271-resize
二料

このあたりの田んぼは 8割以上稲刈りがすんでいるか 稲刈り中です。 ちょうど連休で 稲刈りしているところが多いのでしょう。 子供の頃社会科の教科書には 3ちゃん農業 なんて言葉が書いてありました。 
意味は「じいちゃん ばあちゃん かあちゃん」の3ちゃんが農業をして とうちゃんは 出稼ぎに行っている。 日本の農業は この時点で終わりを感じさせるものがあったが・・・この日は 女性だけで 稲刈りしているのも見た。 
2ちゃん農業!! ばあちゃんかあちゃん? もしかすると 未婚の娘さんかも・・・
問題山積みの 限界集落なら もっとひどい現実を見そうだ。 
この辺は まだ外国人を見ないので・・・
DSCF9279-resize
DSCF9281-resize
田能

暗い現実が山積みだけれど 
稲刈りの様子を見ていると 華やかというか うきうきというか 
先代まで 百姓をしていた 我が家の 百姓家系の血が騒ぐ(ような気がする)
(倉庫に 名残の農工具などが置いてある)
稲刈りの様子は みていて 飽きない。
DSCF9285-resize

高槻市 田能(先日熊が出たそうです)を抜け 中畑で昼 
大神宮社(だいじんぐうしゃ)という神社の参道のとちゅうにある3段しかない階段で昼飯
(なぜスロープにしなかったのか?)
DSCF9287-resize
DSCF9291-resize
一幻 最初のカップラーメンは 傑作でした! が この普及タイプは たいして美味くない
DSCF0810-resize
2015年のカップ麺 クオリティ高すぎ もう一度食べようと探した見つからなかった


前に広がる景色は 昨年の台風で山の杉がなぎ倒されたために 伐採(皆伐されて 禿げ山になっている) なんとも 殺風景。 
DSCF9289-resize

DSCF9295-resize
鎮守の杜
DSCF9298-resize

DSCF9302-resize

中畑を抜けると 外畑(とのはた)こちらは京都市になる。 府境の名無しの峠
DSCF9310-resize
DSCF9311-resize
DSCF9313-resize

こちらの杉林も 去年の台風被害が大きい
DSCF9317-resize
DSCF9319-resize

北山に来たような錯覚を覚える道
DSCF9327-resize
DSCF9331-resize


DSCF9340-resize
逢坂峠までいって引き返した。 次に 杉坂集落
集落と言っても 3軒くらいしか今はない。
DSCF9346-resize
DSCF9343-resize
ポンポン山の 西からの登り口 

ほんとは 杉坂から九十九折を降りて 善峯寺 大原野  そして
  淀川沿いに帰るつもりだったのだが・・・ 
お天気が良すぎて 暑い河川敷を走るのが嫌になった。
折り返してではあるけれど 杉並木の道を抜けて走るほうが ずっと気持ちいいということで。

中畑まで もどって 出灰川 芥川沿いに下るつもりだったが・・・
通行止め  
DSCF9362-resize
徒歩もダメ!とは・・・
DSCF9361-resize
中畑集落は 稲刈り真っ最中でした 
稲刈りの終わったあとの田んぼは 静かな秋ををむかえています

仕方ないので 田能から 樫田トンネルを越えて 亀岡側の北側を周って帰ることに
DSCF9366-resize
樫田トンネルの上に 昔の林道があるのだが もう 廃道で通れないかも・・・ 
数年前に通ったけど 自然に還りかけていた。

けっきょく 清坂峠を越えて いつものように帰ってきました。
DSCF9371-resize
清坂峠手前の 定点撮影地
 すっかり 稲刈りが終わっていました。 芋ほりやっています
DSCF9376-resize
見山の郷 駐輪所
なんでか? 黒い自転車が多い

屋根が破損していた お寺 修復工事していました。 
DSCF9379-resize
DSCF9380-resize
DSCF9381-resize

ちょっと早めの 秋の風景を堪能してきました。


この日は 普段よりちょっとだけ遠くへ行ってみたのですが 帰りは 膝が痛んできました。
70キロほどなのに・・・ 調子がよかっただけに 情けない
現時点では 50キロまでくらいが限界みたいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ