銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

ツーリング

先日林道を走って わかったことがあります!
パスハンターは 
オールラウンダーバー で フラットレバーブレーキが一番あつかいやすく 運転操作しやすい!
   ということと  (前から わかっちゃ いたんだけれども~~)
ランドナー の幅の狭いランドナーバーは とっても肩身が狭くて (上の部分の幅はホントに狭い)
縮こまってのっているのも なんだかな~~ 
「いっそ ブルホーンに替えようか~」

DSCF1101-resize

■移植開始
ブルホーンハンドルは パスハンターから ランドナーに移植。
パスハンターには 以前使っていた オールラウンダーに戻す。 
 ただし ステムを短い物に替える。 (だんだん 前傾姿勢がきつくなってきた)
格好悪いとか・・・もうどうでもいい 少しでも楽に走れるように 工夫していくしかない。



ギドネットレバーを 付け替える際に ダイアコンペをマファックに交換しようとおもっていたのだが
DSCF1105-resize
ランドナーバーハンドルから ギドネットレバーを外す
台座もすんなり外せる

マファックは台座から 簡単に外れて 移植準備 OKなんだけど
ダイアコンペの ギドネットは 台座を外すには バーテープを剥がさないとむりなことがわかった。
DSCF1106-resize
ダイアコンペの台座ナットが カシメられていて 外せない・・・

クッション入り綿バーテープ まだ 巻いて間がないので もったいない。
しかたないので ギドネットは ダイアコンペのまま使うことにするじ。

ワイヤー類は できるだけ 前の物を使う。 まだ 交換するような時期じゃないので・・・
少し 切ったり 調整が必要でした。

ブルホーン+ギドネット 無事装着完了!
DSCF1108-resize
DSCF1109-resize



今度は パスハンター
ステムを交換するので レバー類を片側外す。
ニットーダイナミック9 長いこと使った~な~ 30数年 お疲れ様
台臼仕様を 斜臼仕様に代えて使っていました。 
DSCF1103-resize

DSCF1111-resize

交換するのは パール6 3cm短くなる 
ヤフオクで入手 コンパウンドで磨くと ピカピカになった。
ワイヤー類は いぜんのまま使えるので 楽ちん!
乗って見るとだいぶ楽 以前の前傾姿勢は腹の肉が邪魔で・・・くるしかったのだ

これで 一挙に2台 ハンドルを交換できた。

■ブルホーンランドナー 試乗してきた
すでに クライマーで体験済なんで おどろくようなことはないのだが・・・
 あれ? ハンドルが歪んでいる? なんと 仮締めのまま出てきてしまった。
危ないところだ・・・ シッカリと本締めして あ~ びっくり

実に 手に馴染む ブルホーン w=400なんで 肩身の狭さも克服した。 
ギドネットの取り付け角度は少し変更したほうがよさそう。
ステムの長さが こちらも3cm短くなったので 上体が起きて 楽な姿勢でペダリングできるようになった。 どんどんステムの出がみじかくなって そのうち マイナスステム(ひっくり返して後ろ向けにつけなければならないようになったりして・・・)
DSCF1115-resize
DSCF1116-resize
不満は フロントバッグのベルト位置がブレーキと被り 締めにくいくらいか!

DSCF9050-resize
以前の状態 バッグとハンドルの間には親指一本の隙間があるだけ 
バッグの端があたって きわめて窮屈でした


昼飯は 溜池のほとり 到着した時は晴れていたのに・・・北西からどんより曇ってきた

DSCF1119-resize
寒空の下のお昼が楽しい?!
DSCF1142-resize
周りの雑草 綺麗に刈り取られていて とても気持ちがいい

DSCF1138-resize

DSCF1129-resize
DSCF1133-resize
DSCF1121-resize

屋外でじっとしていると さすがに寒いので
ヤフオクで 冬用に モンベルのキルティングの外套(ソフトシェル)を買った。3000円
汚れてもいいように 惜しくないものを買った。(意外と綺麗で・・・)
 
いままではウインドブレーカーの上に 雨具を重ねてきていたのだが あまり暖かくはなかった。
これからは 暖かく過ごせる! (実はちょっと前に 同じ理由でダウンを買ったのだが 意外過ぎるくらい綺麗な品を手に入れてしまい 汚すのがもったいなくなって普段着にしてしまったのだ)
 
スタッフバッグに入れておけばちょうど サドルバッグに納まる。 
お尻には 100円ショップの 折りたたみ座布団 
DSCF1127-resize
オススメアレンジで 「納豆???」どんな味覚しとんねん!

新しい どん兵衛の キムチチゲうどん 味は・・・今ひとつでした
DSCF0298-resize

以前食べた ニンニクマシマシうどん に似た 何とも言えない臭がある。
フリーズドライにすると 独特の匂いが残ったりするのかも・・・
 ニンニクは好きなんだけれど カップ麺のこの臭いはいただけない!

見山の郷に近づくと 時雨れてきた。 
雨具を引っ張り出して ウインドブレーカーと交換
DSCF1144-resize
見山の郷 焼き芋のオーブン?だったと思う 整備中でした

たいして走っていないけれど 
試乗の目的は果たせたので 良しとして 帰路についた。
キャンピング車も 同じ問題があるのだが・・・
  ブルホーンにしちゃおかな~
 革のバーテープ剥がさないとだめなので 
もったいない というのが・・・貧乏根性が抜けません


※ マファックのギドネットレバー ダイナミックのステム アルプスのランドナーバー 
  なんか余ってきてしまったな~ 「もう一台作りたい」ってならないか 心配だ~
  カンパ ラリーやら 出番待ちのパーツがそろっているし・・・ん~~~ 
  悪い虫が騒ぎ出している・・・  


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村










 

11月30日(土)
琵琶湖のすぐ北に 余呉湖という小さな湖があります。 
今回は この湖近辺の 林道を走ってきました。
20191130-121 余呉湖サイクリング_191202_0009

某大学 サイクリングクラブ 
創部50年 大学のクラブは 廃部になって久しいのですが、OB会は元気で 毎年2回ほど宿泊まりの合宿 淡路島キャンプ 数回の日帰りのツーリング 例のごとく飲み会は頻繁にあります。
今回は 一泊ランでは 最多の参加人数 16名(1名は宴会のみ)女性1名ビジター1名含みます。


 
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c359d94b704b98e593d1cf787ecad1c6

ルートラボ互換の ルートハブでも作ってみました 操作しにくいところがあります
ルートラボのデータを取り込めるので 保存したい人はこちらを使ってみるといいかも(無料)


寒空のなか 出発!
JR余呉駅に10時過ぎに到着 風が強い上に寒そうです。時々白いものが空を横切ります。
駅前は なんもない。 
コース上は 食べ物買えそうなところがないので 持参。
輪行袋を解いて 組み立て~ 

11時過ぎに出発 

JR余呉駅
DSCF0599-resize

DSCF0606-resize

まだ全員そろっていません 数名が途中合流です。
林道は 北陸自動車道をまたいで入ります。
DSCF0637-resize


DSCF0699-resize
DSCF0712-resize
DSCF0682-resize

14343-resize

ほぼ全線 よく締まったダートの林道です。
ちらちらと 余呉湖 琵琶湖が見えます。
締まっているとは言え 砂利道 勾配もきついところがあります。
登りでは 車輪が滑ってしまい やむなく押すことしばしば 
やはり 「アルプス・クライマーで来たらよかった」と悔やむも遅し・・・
DSCF0709-resize

峠は 城跡 ここで昼飯にします。
DSCF0720-resize
DSCF0732-resize

派手な紅葉はありません。 静かな山里には このくらいの奥ゆかしさが似合います。
(嵐山の紅葉は お貴族様たちの 別荘地用ですから)
DSCF0740-resize
DSCF0746-resize
DSCF0776-resize

一度降りて また北陸自動車道をくぐって 別の林道へ入ります。 
こちらも よく締まった砂利道が続きます。
滋賀県には まだ こんなよい林道がいっぱいあるのかと思うと パスハン魂が揺すぶられました!
「楽しい 楽しい!」しんどいけど 無茶楽しい! 
綺麗な景色を眺めながら 時々 下りて押して それでも やはり 林道ランは楽しい!
人も車も 殆ど出くわすことはありません。 (林道関係の車が少し) あとは 動物 シカや猿
(遅れて来たメンバーが 猿の群れと遭遇して 怖かったと話していました) 動物の糞があちこちありますし・・・ ほとんどが シカですが・・・ 熊のもの じゃないかと言うのもありました。
DSCF0820-resize
DSCF0821-resize
DSCF0846-resize

この時期の 夕暮れは 5時少し前 時間があっという間に過ぎます。
山の中だと 午後3時で もう夕方の感じです。山影部分は 真っ暗。 
健脚そろい?だったので 明るいうちに林道から出ました。 
これだけ まとめて ダートを走ったのは 久しぶりです。
下りも結構飛ばしています。
DSCF0814-resize
サドルバッグは 跳ねないように アイゼンバンドでキャリアーに縛ってあります

振動がすごい やはり オールラウンダーバーに フラットレバーのブレーキがいいようです。
タイヤは 700x32Cでしたが もう少し太いほうが安心だったでしょう。
DSCF0853-resize
DSCF0855-resize
余呉湖
舗装路にでてころには 太陽が 山の端にかかりかけていました。
余呉湖を一周して 宿に到着
少し休憩してから 風呂に入りました。 
柚子が浮かんだお風呂(ちょっと熱め)に入り リフレッシュ!します。 

晩飯は すき焼き~  
(見た瞬間 「鍋でいいのに・・・」とおもってしまった。 すき焼きは 砂糖と醤油で焼く 関西風 これめんどうなんですよ、お世話係が要るのです。割り下があったほうが楽です)
4人で1つの鍋なので 仕方ないので 私が仕切りました。
砂糖を敷いて お肉(近江牛?)を焼き 醤油を垂らします。
「これが一番うまい食い方」
DSCF0866-resize
DSCF0870-resize

と! 甘辛く焼いた肉を 生卵で頂きました。
 
このあと 豆腐やら 野菜を入れて 食べます。 
(ホントは コブだし汁がほしいところですが それはなかった) 
あとは 若いのにお任せしました。
他の3テーブルは 後で聞いた話 うまく焼けなかったようです!
  鍋奉行がいないとうまくいかないのです!
DSCF0880-resize

2次会は 先輩の部屋で 誕生日だったFOX先輩を祝って 皆で飲みました!
なぜか カメムシが 次々と現れて 部屋中を飛行 捕まえては捨てるの繰り返し
おかしくて 腹がよじれるくらいでした。
早めの就寝 ・・・ さすがに 朝早く起きたのと 疲れで 10時前に バタンキュ~~でした。

2日目に 続く


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







 

11月23日(土)

今季最高のお天気 快晴のうえ暖かい(17~21度まありました)
いつもこんな気候なら走りやすくていいのだけれど・・・ 

11月にしては暖かすぎて 勘が狂う・・・長袖をまくって走るのだが 暑いよ~

DSCF0404-resize
なんて 青い空なんでしょう~~♪
DSCF0407-resize

こんな感じで 楽しくサイクリング 
DSCF0428-resize
焔のように 銀杏が黄葉しています

見山の郷 で休憩して さてどこで昼飯にしようか・・・
イチョウが真黄色に色づいている 高雲寺(見山郵便局すぐ横)の屋根の出来具合を見るのを兼ねて
いつもの高台に行ってみた。
DSCF0443-resize

屋根工事は ほぼほぼ終了 以前の銀やねとは 随分雰囲気が変わりました。(普通になった~)
B6090294-resize
以前の銀屋根
謎肉増量! ふつーに カップヌードル!
たまに 本家本元 こんな味だったっけ? ふつーでした。
DSCF0451-resize
DSCF0446-resize
久しぶりの ユーラシア・ディアゴナール 
さすが我が旗艦だ! 気持ちよく走る

降りて お寺の玄関にまわる

イチョウの木 数年前の台風で途中で折れてしまったのですが ここ1~2年でぐっと成長 
みごとに復活しました。 樹木の生命力って 凄いものです
DSCF0455-resize

DSCF0460-resize

DSCF0457-resize
DSCF0480-resize
石段下から見上げた 高雲寺

清坂峠を越えて 京都府亀岡市に入ります いつもの定点撮影地 気温21度
 ほんとに 今日は暖かです
DSCF0492-resize
DSCF0501-resize
タイヤで イトトンボが ラブラブ中 
タイヤだけに ひかれあっています!(お後がよろしいようで)
ほんとに 轢いちゃうよ~

右膝の具合がいまいちなので(いままでは ずっと左膝が痛かったのですが)
ここで 引き返して 大門寺経由で帰ることにしました。
DSCF0510-resize
飛び石段の橋
DSCF0516-resize
途中水が流れる  見山
DSCF0528-resize

DSCF0525-resize
金色のカメムシ 背中に♡があります。 名前がわからない
※原色日本昆虫図鑑によると ツマジロカメムシ というらしい
でも こんな金属光沢色じゃないので もしかしたら 新種か亜種?

 
安威の大門寺  この日は 見物客が多いようで 車がいっぱい停まっています。
以前は山奥の細道しかない秘境でしたが ダム工事で 新道が付き 今では車で簡単に来れるようになりました。 
DSCF0571-resize
工事中の安威川ダム

DSCF0546-resize

 
DSCF0544-resize
DSCF0550-resize
見えている建物は ずっと後ろにある住居です
DSCF8899-resize
2014年のお堂があったころの落ち着いたたたずまい
DSCF0551-resize
修理中の本堂 手前の影の中に塔頭の礎石跡 すっかり丸裸です

昨年の台風で お寺は ボロボロ 塔頭 本堂は壊れ 曳き屋して 今修理中でした。
さらに お堂が なくなっていて びっくり!(先月来た時は まだあったのに) 
白蟻にくわれて痛んではいたのですが・・・・ きれいさっぱり 無くなっていました。
DSCF0555-resize

仏様だけ 簡易お堂に置かれています。

紅葉の名所ですが お寺の建物すべてなくなっていますから とても殺風景です

ダム工事で すっかり 風の通りが良くなったのが原因でしょうか? 古刹も形無しです




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




 

先日買った 膝用のテーピング用テープ 
幅広なので 以前より よりしっかり張れました。 
けちって15cmにしていましたが 20cmでカット 両ひざで6本 左膝だけ おまけに1本 全部で7本
1.4m使います。 31.5m有るので 22回分 月5回つかうとして 4か月はもちます。

日曜日は いつもの 見山の里から 竜王山 深山の水道 を通り
台風の被害で長らく封鎖されている 車作林道へ行っていました。
通り抜け禁止って書いてあるけど・・・大丈夫じゃないの? なんて いつもの乗りで 行ってみました。(よい子は真似しないでね)

テーピングのお陰で 登りで変な痛みはありません。
が 先週のクラブランの疲れがまだ 脚に残っているのか すごく脚が重いです。 
マッサージすると 両足のふくらはぎと腱が凄くこっていて痛いです。
 運動した証拠ですね~! (回復が遅いだけだ という指摘が・・・)

麓の真龍寺霊園のトイレ縁側で 「もう死んでいるのかと」思った トゲナナフシ 
指で触ると のそりのそりと動き出した。
トゲナナフシは 99.9%がメスで オスはほとんど見つかっていません。交尾しなくても増える?
メスだけで・・・ なんと 近未来の地球も そうなるのではと SFにありましたが・・・
じっさい Y遺伝子は どんどん短くなっているので そのうちなくなるそうです。
 男が生まれなくなる トゲナナフシのように・・・ 
DSCF0274-resize


草むらに還しておきました

高台のお寺 もうすっかり足場も取れています。 部屋の中はまだまだでしょうけれど・・・
DSCF0276-resize

泉原 空が青い~
DSCF0277-resize

見山の里 で休憩して 見山郵便局の上にある 高雲寺の屋根の様子を見に行く。
DSCF0287-resize

ほぼ葺き終えています 瓦は セメント系の成型瓦ですね。 軽くていいのですが 耐久性は本瓦より劣る。 予算が無かったのでしょうね 大きな屋根だし
DSCF0289-resize
DSCF0291-resize
DSCF0293-resize

またまた 日清の 一発屋ラーメンではなく うどんでした。 
ニンニクマシマシ 凄いにおい・・・ 味も えげつな~~ たぶん 2度と買わない! 
けど・・・ なんとなく 後を引く味 ニンニク辛いです。
DSCF0298-resize

定点撮影地のある 清坂峠をめざしますが、途中で気が変わり 竜王山の東側へでるコースに変更
笹地は ぬかるんでいます。 イノシシの足跡もありますね~ ほとんど獣道です
DSCF0303-resize
DSCF0306-resize
DSCF0307-resize
DSCF0309-resize

DSCF0310-resize
DSCF0315-resize
DSCF0317-resize
DSCF0319-resize
DSCF0326-resize

山道をぬけると 深山水道の東屋のところに出ます。
ハイカーが 数名  めったに人に合わないのに・・・今日は 3人に合いました。

ここを降りて 車作大橋(といっても むちゃ小さい橋です)へ 
反対側の山にはいる 
車作林道・・・1年以上 不通になっています。
台風で倒木 土砂崩れ で道が通れなくなりました。 もうそろそろ 通れるだろうと・・・
DSCF0331-resize
DSCF0332-resize
DSCF0336-resize

通行止めの看板 自転車を置いて 先を見に行きましたが きれいに片付けられています。
もどって自転車で走行 道路補修中の箇所がありましたが 倒木も無し 
通行止めも すぐに解除かなぁ~ って思ったら 
まだ こんなところが残っていたのか!(重機がはいっているし 年内には通れそうな気がする)
DSCF0340-resize
DSCF0344-resize

ごめんちゃい して通らせていただきました。 
反対側のゲートを抜けたら・・・あらあらびっくり
林道で バーベキューしてる若者3人がいました。 
向こうも驚いて・・・ 道をあけてくれました。


DSCF0345-resize
写っていない左へ行くと 萩谷 写真の下っている道は ゴルフ打ちっぱなしへ 右は降りて来た道

この道を下って行くと 安威川ダムの周回道路の建設現場にでます。 
DSCF0348-resize
監視カメラが有ると書いてあるので 走りませんけれど・・・
DSCF0352-resize
車作橋越しに 車作の集落と 竜王山を見る

帰りに 耳原の業務スーパーで 夕飯の買い物していきます。
今日は めんどうなので 豚肩ロース塊肉を使ったカレー 簡単にできて美味しい! 大きめに切った肉が美味い(焦げ気味に焼いて 赤ワインで煮込んでいます)! 
卓球女子 くやしい~~ あ~あ負けちゃいましたね~ 中国強すぎです!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

番外編1 青い鳥
佐保川の川面ぎりぎりに 一直線に飛んでくる青い鳥!
「あ~ カワセミだ~」 一瞬でしたが シッカリ見ました!


番外編2
モンベルの このバッグ使っている人多いかも・・・
しかし 物が 入りそうで入らないこのバッグ 
ちょっと 長い デカイ と つっかえて入りません。
 左右の隔壁が邪魔! ってことで
ザックリ 切ってやったぜ~~ ゼイゼイ! 左の隔壁撃破
500mlのペットボトルもスッキリはいるようになりました。 すっきりした~~ 

DSCF0266-resize
DSCF0268-resize

11月3日(日)文化の日
朝5時半起きで 7時前に家をでました。

Bill氏の車で 丹波篠山へ 新名神~中国道~舞鶴若狭道で 1時間20分ほど 
途中 雲海たなびく山々を眺めながら ・・・ 
  雲海の中に入ると 霧雨なんですけれど
DSCF0047-resize
DSCF0050-resize
300円駐車場 手動入金機
賽銭箱の団地版?


JR篠山口駅で集合 
10名揃いました 
 いつもながら 多種雑多 ランドナー4 小径車3 パスハン1 ロード1 クロスバイク1
DSCF0062-resize
DSCF0060-resize
DSCF0054-resize
DSCF0058-resize
DSCF0059-resize

9時過ぎに出発 まずは 篠山城へ 
文化の日で 入場料無料でした 
丹波篠山に来るのは 4度目くらいですが 初めて入ります。
廃城で天守閣が無くなったのかと思っていましたが もとから天守閣がないお城だったみたいです。
今は隅櫓もなく 書院と石垣だけ(中に青山神社ってのがありました)
DSCF0087-resize
DSCF0093-resize

ここで けっこう うだうだ~ 時間をつかってしまいます。 
あ~いつもの ウダウダランだ~
篠山の土産物屋の通りにでて また ウダウダ 
焼き栗 やら おはぎやら・・・買って食っています
DSCF0110-resize
DSCF0117-resize
焼き栗と 上は焼き栗機から煙
DSCF0113-resize

やっと 田舎道を走りだして・・・と思ったら 地元の物産展によります・・・
朝早かったので ちょうど小腹が空いていました。 
 揚げたてコロッケを頂きました。めいめいなんか食べています。
DSCF0127-resize

土産に 丸い山芋を 買いました。(スーパーで売ってる 長いのじゃないです)
走ったと思ったらとまるの繰り返しで いつものクラブランです
DSCF0261-resize

「さぁ 行こか!」 
当初 ロードや 小径車もいるので 県道の栗柄峠を走って越える予定でしたが 急遽 ダートの佐仲峠に行くことに! こちらは どういうわけか峠まで県道です。どんな道なんだろう?
DSCF0137-resize

DSCF0134-resize
佐仲ダム ビニールハウスの中で釣りをしている へ~~そうなんだ

佐仲ダムをこすと一気に道が険しくなります。舗装が切れて ダートに 
枝やら葉っぱだらけで ガタガタ道 押して押して 時々担ぐ これでも県道?なの
DSCF0143-resize
DSCF0165-resize
DSCF0169-resize


倒木に ぬかるみ ・・・ わたしは慣れっこなんで 何とも思いませんが・・・(パスハンできた意味がありましたと 喜んでいるくらいです)
不慣れな方と 久しぶりの方には不評でした。
DSCF0173-resize
DSCF0181-resize
峠に到着 なぜか こんな標識が・・・さすがは県道です
IMG_3229-resize

下りが また 凄い道です。ところどころ簡易舗装ですが あとはダート 
落ち葉と枝と石がゴロゴロした道が続きます。
この繰り返しの九十九折を降りて行きました。 
DSCF0188-resize
IMG_3223

さすがパスハン 楽勝でしたが・・・ 半数がなかなか降りてきません
携帯がなって 「パンク~」 10分ほどして また携帯が鳴り「チューブがはみ出て 車輪ロックした~」と 悲惨な報告に状況が目に浮かびます。

どうも モンベルの新車が トラブっているようです。
麓で 30分ほど待ちました。
DSCF0199-resize
待っている間に・・・

無事 下山してきたので トラブルの話を聞くと・・・
「スポーク穴からタイヤが飛び出してスポークの頭でパンクした」「タイヤからチューブが飛び出して車輪ロックした」
聞いた内容に 皆 「???」 何事? 一瞬何言っているのかわからなかったが・・・
m_k_1130029_punv

  モンベル シャイディック TRF-F 20 

リムの規格とタイヤのが合っていないため 空気を抜くと タイヤビードが浮いて タイヤレバー無しで簡単に外れたとのこと。 だからチューブがはみ出たのか! あとはリムテープが圧に耐えられなくて ヘルニア状態に膨らんだみたいで スポーク側でパンクしていた。リムテープの選択がわるかったもよう。 にわかには信じられないことがあったようです。(一つ間違えれば大事故です) 
(これ以後 脱腸自転車と よばれています) 同型機種乗っている人 気を付けて下さい。
モンベル 大手メーカーとは言え 自転車には疎かった? (これは欠陥だね)
(タイヤの取り換えだけで済むのかな? メーカーと 交渉になりそうです)

※ 20インチ タイヤとリム互換は ETRTOサイズと インチサイズ の表をみただけでは まったくわかりません。同じ20インチでも互換性のないものが相当数あります。なんでこんなことになったのか? イギリス式 フランス 米式の規格が入り乱れているせいだとおもわれます。
※タイヤには とりあえず規格の数字があるのだけれど リムには 何も書いてないことが多い 
 見ただけで 合わせるのは至難の業だろうな~

モンベル とりあえず 走れる状態だったので 解散地のJR柏原駅まで無事 走り切りました。

午後2時 遅めの昼飯は 道の駅 おばあちゃんの里 で
食堂にはいるやいなや 人の多さにびっくり 定食はもう売れきれてない
ものによると45分待ちとな・・・ さすが 3連休 人が多いはずだわ~ 
私は時間のかからない カツカレーにしました(どよ~~ん)カツは揚げたてでしたが 硬かった!

さぁ気を取り直して 行きましょう! 今日 2度目の峠越え (それほどたいしたことない)
分水嶺の峠 天王坂
DSCF0224-resize
DSCF0220-resize


高山寺 紅葉の隠れた名所だそうです。 山門をくぐると 「お~~」紅葉のトンネルと 石灯籠がみごと! パースの効いた景色は 誰しも唸っていました。(まだ 紅葉には早かったのですが)
DSCF0231-resize
DSCF0235-resize

雨がポツポツ この日は 朝は薄日がさしていましたが お天気はもう一つでした。
分水嶺公園に寄り道して JR柏原駅で解散です。
DSCF0248-resize
日本で一番標高の低い分水嶺が ここです!
左が瀬戸内へ 右が日本海へ 
DSCF0242-resize

DSCF0253-resize


Bill氏と私は もう一走り(15キロ)して JR篠山口まで戻らないとだめなので 
夕方5時前 暗くなりかけの国道176号線を走り 峠の鐘が坂トンネルを抜けるころには 真っ暗でした。 
多めに持ってきた 先日買ったLEDライトが役にたちました。
DSCF0259-resize
フロントは ハンドルに2つ+ヤジロベー(LEDランプに交換) 後ろはヘルメット用と テールライト

でも Bill氏のつけている6vハブダイモ+ハイパワーLEDライトは最強の明るさでした。 
ダートのナイトランもできそうな気がします。
 あとあれば ナイトランには ヘッドライトは必要ですね!

トンネルからの下り 車は結構飛ばしているので まじ怖かったです。
 すぐそばギリギリを走るバカもいるので・・・ いったい何のつもりなのかね・・・

帰宅
午後8時少し前に帰ってこれました。 風呂に入って ビール! 
いだてん見ながら食事! (いだてん 視聴率悪いけど 毎回面白いですよ!)

翌朝は6時起き 朝食作りと洗濯物を干して 二度寝 ひさしぶりに10時まで寝ました。
筋肉痛はありませんが リュックを背負っていたので 首が凝っています。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

※ 既製品の自転車をそのまま乗るのは ちょっと危険だな~と 
  コストカットで どこをどれだけいい加減な品に代えているのかと 思うと 私は乗る気が起こらない。 特に旅行車は 厳選した部品で組んでいるので このような既製品を見ると チャッチー部品が付いていて 見られたもんではない。 (40年のベテランだからな~しかたない)

初心者用なら もっと信頼性の高いものを と思ってしまうのだが・・・それが コストに反映するのは 当たり前。 信頼できる サイクルショップで組んだ 小径車を選んで欲しい。それなりの値段になるのは 当たり前ということだ!!

  

↑このページのトップヘ