銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

ツーリング

この梅雨時に キャンプツーリングに行ってきました。

考えただけで 「暑そう 蒸しそう 確実に雨ふるんじゃねぇ?」と 
 まったく アホです!  この時期にキャンプするなんて・・・

それでも 行ってきました。
 (同じアホなら キャンプせな損損!てなわけで・・・)
コロナ自粛で ストレス爆発寸前のBill氏 と ここ数年頻繁に訪れている 京都山城町森林公園キャンプ場へ行ってきました。

6月27日(晴れ 雲多し)
今回は いつもの淀川~木津川河川敷コースから ちょっと変えて 
国道307号線で  枚方から京田辺へ山越えで抜けました。(山と言っても岡みたいなものですが)
国道だけあって車が多いくせに 路肩が狭いです もう2度と使うことはないでしょう。  
でかいダンプも通りますから 怖い目に何度か遭いました。
サイドバッグ吊って フラフラ走っているので 危なっかしい限りです。
DSCF3363-resize
DSCF3365-resize

トンネルの下の日影で休憩していると 電動アシストMTBのおっちゃん(70歳台だと言っていた)が 「この坂道 普通の自転車だと もう歳で苦しい。 それでこれにした! 楽やけど 坂道はしんどいな~」と 喋るだけ喋って 坂道登って行きました。 元気やな~
 ノンアシスト車で苦しくなったら  いずれ こんな自転車もありかと・・・真剣に思いました。
どんな形であれ 自転車に乗っていたいと思います。(ジジイ また自転車で どっかいってもうた と 家族に探されてはの 繰り返し・・・そんな未来予想図・・・いやいや あかんやつやそれ)
DSCF3373-resize
DSCF3374-resize
DSCF3375-resize

昼は 枚方市と京田辺市の市境(府境)にある枚方東部公園で食べました。 駐車場はいっぱいです。
コロナ禍自粛が解けたら どっと皆外出している感じです(俺らもか!)
やたらと 犬を連れた人がいました。
皆 解放感で いっぱい! (世界では終息どころか 拡大の一方だというのに・・・)

京田辺へ下ると 同志社の学生さんが多く見られました。
リモート授業が中心なんだろうけれど・・・ 
校舎や付属施設もちらりと見えました。
街が良い感じの学生街になりましたね。

同志社大学 京田辺校舎が開校する半年前に 一度 車で見学に来ました。
当時は 校舎だけで キャンパスも土で 付属施設もなんも無くて・・・(開校前ですから)
 ほんと「都落ち」って 思いましたが(京田辺って 何処?って感じでした) 
今は地に足が着いたようで 街全体が 学研都市然 とした 落ち着いた雰囲気が漂っていました。(とは言え やはり 京都御所の横の本校が一番でしょう) 

(若者が多い街がというのは どうしたって活気がありますね!)
大学誘致をしたいって都市はいっぱいあるのもうなずけます。
(わが茨木市も 立命館大学を誘致しましたしね! 立命館の周辺だけ なんか 活気があって おしゃれになっていました。 市全体に影響があるわけでもありません うちの近所はまったく影響無し)

京田辺キャンパスができたのが 1986年ということですから、34年も経っているのですね~ 
こちらも歳とるわけだ~ははぁ~ 

三山木駅前で 買い物して・・・ ビールに焼酎 飲料水(生水しかないので)食料品 氷(ロック用と スーパーでもらえるただの氷 6袋) 
年々贅沢になって 最近では 氷がない夏キャンプは考えられなくなりました。 おかげで ビールはキンキンに冷えているし、 水割りもできる。 食材も冷やせる。(そのせいで 保冷グッズが増えました) しかし キャンプ場まで あと数キロですが 重いのなんの・・・しかも 坂です 
DSCF3379-resize
DSCF3380-resize
背負うのは嫌だったので フロントバッグに括りつけました

DSCF3382-resize
脚攣りかけて 慎重に走るBill氏
DSCF3393-resize


茶畑 竹林の緑を堪能して キャンプ場に やっとこさ 到着 
(坂道でヘロヘロになっています)
キャンプサイトは 奥の方 手前は 川遊びのできるサイトになっている。
家族連れで溢れている。
駐車場も満杯(ほとんどが日帰りの客です)
「密や 密! 三密や~」と 三密より壇蜜 のほうがいいですね

入村手続きをして キャンプサイトに

テント場は 2つキャンセルでたそうですが ほぼ埋まっていました。
予約でいっぱいの キャンプ場だということです。

テント張って タープ掛けてから シャワーに行って(コインシャワーがあります)汗流して、
やっと お待ちかね ビールタイム 川沿いに椅子を並べて シュワシュワ~ しゅあわせ~!
せせらぎを渡る風が 気持ちいい! 
(大した距離は走っていないけれど・・・ご褒美タイムは最高です)
DSCF3411-resize

テントになにやら ぽとりと 落ちてきました
コメツキムシだ~~ でかい! 
死んだふりしていますね~ 色が・・・保護色バリバリです
DSCF3402-resize
DSCF3405-resize
家で調べると オオフタモンウバタマコメツキ と長い名前でした!
ひっくり返っている様は ちょっと エイリアンぽいです
DSCF3406-resize

夕飯 Bill氏持参の スパゲティと アンチョビーで ペペロンチーノをつくりました。 あとは 
 ナスとタマネギ炒めてポン酢でさっぱりしたのと 焼き鳥(塩焼きのねぎまと 皮) 以上
近年になく あっさり。
雨が夜中から朝方にかけて降るのがわかっているので できるだけ 洗い物を少なくする作戦なのだ。
DSCF3414-resize
早ゆでのパスタだそうで 2mmの太麺ながら4分で茹で上がる 断面に工夫があります
DSCF3413-resize
セラミックコーティングのフライパンの柄が邪魔で 切ってしまいました
黄色い柄は 取り外しできます 焦げ付きにくいのはいいですね~
朝のオムレツは うまく仕上がりました (バターがあれば完璧だったな~)

お腹が膨れて ビールから 焼酎のロックになると もう いつも 目がトロトロになる。
8時頃で これなので Bill氏に「寝るな~ 死ぬぞ~」と 発破をかけられる。
猛烈に眠気に襲われたけれど 何とか耐えて 峠を越えたのか 10時まで 起きていることができた。

雨仕舞をして バタンキュ~ 
夜中の3時 バタバタという雨音で目が覚めて、 あっ 少し浸水しています シュラフが濡れた

もう一度 ねむりに就いて・・・ 朝 蒸し暑くて 目が覚めました。
雨は降り続いている。湿度が90%超えだろう 湿気で肌がヌルヌルで気持ちが悪い。
まるで 蝋引きの紙 のようです。

朝食 食って いやな 後片付け・・・ びしょびしょテントを畳みます

なんだか ウエアーがピッチピチな二人です(平成の毒婦 木〇佳苗 風に撮りました)
DSCF3422-resize
わたくし
DSCF3424-resize
Bill氏

出発のころ 雨はやんでくれました。
一応 雨具の支度はしてます。
今回は ポンチョに プラスして スパッツを付けてみました。 ポンチョだけだと 足先から膝下が濡れてしまうのです。 スパッツは 高校生のころの登山用 一応ゴアテックスです。
靴も ゴアテックスなんで 少々の雨ならこれで十分でしょう
DSCF3456-resize
キャンプ地の 濡れた草むらを散歩すのには 良いですよ
今回雨具として持ってきましたが 雨やんでしまい性能評価できませんでした
DSCF3447-resize
DSCF3469-resize
DSCF3472-resize
流れ橋で 流し撮り?(流す意味がなかったかも) 
流れ橋 またも 修復されていました(どうせ流されますが・・・)

枚方をすぎたころ 雨が激しく降ってきたので 仕方なく またぞろ ポンチョを着ましたが・・・
ものの5分ほどで 雨は上がりました・・・・

しかし 物好きですね~ この空模様の中 キャンプ遊びとは・・・

翌日の月曜日 朝から綺麗に晴れて テントおよびキャンプ用具一式 お日様で乾かしました!
あ~ やっぱり 晴れがいいな~

※ やっぱり キャンピングには このくらいのギヤがいいね~
  リア フリー(IRD) 14x17x20x24x32t5段!  フロント(TA) 47x38x27t 
  スパーローのお陰で 何処でも上れるようになりました!
DSCF3376-resize
DSCF3377-resize
リア5段って・・・ これでも 十分走ります!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

 




6月20日(土)
梅雨の晴れ間? 
土曜日 朝から曇っていますが とても涼しい。
「これは 走らないと もったいない!」 と言いながら 
なんだかんだ しているうちに時間だけ過ぎて
やっと 家を出たのは 11時。 
昼飯を近所のコンビニで買って 出てきたところで 近所の者さん に出会い 先日貰った自転車の話をしました。 
近所の者さん 自転車 たくさんお持ちのようで 一台減って 部屋が少し広くなったと言ってました。みんな 困っていますね 置き場には!

今日は とりあえず 見山の郷 周辺で お昼を食べて ブラブラして 帰る予定です。
帰り路で 業務スーパー で夕飯のお買い物します。

坂を登り始めるとさすがに 汗がでますが、 気温低めで 風があって 涼しい。
快適快適! 快適~なんだけれど・・・
ちょっと 向かい風 きつすぎます(度が過ぎるのもこまりものです)


泉原(いずはら)JAで休もうと思ったら JA営業日でした そうそうに退散

最近見つけた 脇道 とても 気持ちいい農道
竹藪に 納屋 石垣に 棚田 土手には花が咲き乱れています。
日本昔話にでてきそうな ところです。
味気ない アスファルトの道には おさらばです。
DSCF3203-resize
DSCF3200-resize

さて お昼は どこで食べようか・・・ ここもいいのだけれど(農作業の人もいるし)
この先の 溜池(いつもの昼飯スポット)にするか・・・溜池 行ってみたら 草ぼうぼうで 止めました。
DSCF3211-resize
池の周り 草ぼうぼうです
DSCF3208-resize
接写しても知らん顔です 羽化直後なのかも?世間知らずです
DSCF3210-resize
地べたで動かない トンボを轢きそうになりました
サナエトンボ? 家で調べると コオニヤンマ でした。初めて見ます

やっぱり 高雲寺の高台かな~ 赤飯おにぎりとカップうどん
DSCF3220-resize
DSCF3223-resize

食べ終わったら 上の坂道から 高齢の奥様が下りてこられた。
「ま~ よう こんなところまで きなさったな~」
「えらかったやろに」(しんどかったでしょうに)
と 話しかけられました。 
見山 地元の人です。上には 地元のお墓があるそうです。
何ということはない ただの世間話でしたが なんだか ほっこりした気分になりました。
奥様が上品な方で 良かったです。
80歳くらいかな~ 私の母が生きていたら96歳だから かなりお若い!(母は86歳で逝きました)
DSCF3225-resize
お母さんの後ろ姿 

旅先でする話は なんだかほっとします。
地元でしかわからない話 聞いてもいないのに身内の話 ここはリアルワールド 
バイクのコースでもなければ ハイキングコースでもない 人が住まう里山なのだ。
DSCF3228-resize
DSCF3231-resize
DSCF3233-resize


6月21日(日)まずまずの天気
「今日は 早く出立するぞ~」と 7時過ぎに起きて 朝食の用意と洗濯物干し をして 9時には 出られる。珍しい!

今日は ホームコースB (萩谷経由で林道コース)としました。
梅雨の晴れ間 土曜日よりは蒸し暑い。
この時期は「走れるときに走っておく」作戦です。 来週は お天気が下り坂なんですよね~
(う~~ キャンプの予定なのに・・・ 1週間ずれていたら 最高のキャンプ日和だったのに)
DSCF3263-resize
DSCF3265-resize
粒粒の種が大きくなると 蛇皮のように見える
DSCF8108-resize
2017年7月2日撮影の写真 同じ場所 同じ大きさ ・・・なんと 
DSCF8619-resize
8月になるとこんなのになります ヘビっぽい!

車作林道をはしっていると 見覚えのある植物に出会いました。
「なんやったっけ そう マムシグサ!」 まだ 実が大きくなっていないので わかりずらいけれど
毎年 おなじところに出るようです。 
周りも見てみたけれど これ1本 あんなに実を付けていたのに? 効率の悪い植物なのかも・・・
DSCF3271-resize
DSCF3273-resize

萩谷から 上萩谷へ
この 坂道、 乗って登れなくなった~ 
DSCF3277-resize
DSCF3281-resize

悔しいけれど 山びこ公園まで 押しました。
グラベルロード3台が 林道のほうから凄いスピードで降りてきて すっ飛んでいきました。
ご飯食べていると 一台ロードが上がってきましたが 上にはいかないようで 休憩してから下ってきいきます。 「ここから先が おもしろいのに・・・」と 
DSCF3290-resize
DSCF3289-resize

DSCF3292-resize
林道分岐
山びこ公園から 林道の分岐までが えげつない坂で もう乗って行くつもりは 最初からありません。 50歳までは 乗って登れたんだけれど・・・ 
DSCF3299-resize

林道分岐からも 胸突きの坂がありますが 押しても10分ほどです。
この坂を見て 怖気づいてしまい 諦める人もいるようです。
この坂も 乗って登れたのは 遠い昔のこと 押してもしんどいわ~
DSCF3300-resize
おなじみ 地獄谷峠

風が適当にあって 暑さはそれほど感じない 良い林道日和です。
緑の壁 S字カーブの擁壁にびっしりと コケが生えています。
DSCF3314-resize
DSCF3316-resize

水平林道部分 向かいの山脈が見えて 気持ちがいいところです。
林道の分岐で写真を撮っていると 山から ハイカーさん 6~7人が下りてきました。
70過ぎのおっちゃん1人と 50代のお姉さんがたのグループでした。
ハイキングコースでもない山の中から 降りて来たので 上に何かあるのか聞くと
自分たちで勝手につけた名前の山(蓬莱山って呼んでいました)のピークがあるとのこと。
地図には 山の名はありません。なにか山名があったのは覚えていたのですが・・・家に帰ってから確認すると・・・(山と高原地図の 京都西山 にありました 山名は 金毘羅山でした)
DSCF3323-resize
DSCF3357-resize
地理院地図 _ GSI Maps|国土地理院-resize

ハイカーさんグループと 情報交換などして 別れました。
ハイカーさんたちは 地図は スマホのものでした。 
紙の地図を見せると 初めて見るような顔で 見てました。 

いつも行く 定点撮影地の谷 や 藁ぶきの古民家のある谷 などが こちら側からよく見えます。
谷に身を寄せ合って暮らしているのってのが わかる
DSCF3327-resize
DSCF3325-resize
DSCF3339-resize

ガードレールに立てかけた 自転車のサドル 何気に触ってみると 微妙に振動しています。
虫除け 電子蚊取り のモーターの振動かとおもって 切ったのですが、止まりません。
「なにこれ? すぐそばに 高圧電線があるので なにか帯電でもしたのでしょうか?
サドルの鋲に触れたら ビリッ!! 凄い電気 バチッ って感じで流れました。
どこで 帯電したのか? そのあとは 何もありませんでした
DSCF3345-resize
DSCF3343-resize


一昨年の台風で林道のアスファルトがかなり痛んでいましたが 補修がすすんで いました。
林道出口 心の駅の 車両がぽつんと佇んでいます。 
見学者が一人 縁者でしょうか? 感慨深く 見てました。
DSCF3349-resize
DSCF3350-resize
DSCF3351-resize

DSCF8614-resize
DSCF8612-resize
以前の姿

雲がでてきたようですが 降るようなお天気ではありません。
二日連続で走ると 疲れがたまるようで、 定点撮影地の谷を登って清坂峠経由で帰るのが パターンですが 脚が動かないので 安威川沿いに帰ります。
徳因寺の階段で休憩していると 眼の前を外人さんのロードが通り過ぎました。 
愛想よく挨拶してくれました。
 
以前も そんなことがありましたが 外人さんには ロードも ランドナーも 違いは無いようです。
とらえ方は 同じツーリストというかんじでしょうか? 
日本人ローディは 小さい差異にこだわるようで わたしらのような ガード付きの自転車は 眼にもはいらないのか 無視とかじゃなくて 見えていないようです。自転車として認識できないようで
横を通り過ぎる時も まったく目を合わすようなことはありませんし・・・たまに 挨拶されると
逆に びっくりして 急いで返します。
 もう 95%無視の世界ですから  構わないで 放っておいてもらった方がありがたいです。
  ※ この話は 不毛なので 繰り返したくはないのですが・・・

コミュニケーション以前の問題です
悲しいかな そんな 状況ですね~ (ローディーどうしも 挨拶ほとんどないのでしょうか?)
しったこっちゃないけれど


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




6月 梅雨入り前の晴れ間 を楽しんできました。

この時期には珍しく 意外と涼しい2日間でした。
二日目の 6月7日(日)は カンカン照りなのに 
北風が実に爽やかで(かなり強風でしたが) 汗が流れる暇もないくらいの風でした。
※ ユーラシア・ディアゴナール 前日に メンテしようと・・・ 見ると 前輪がパンクしていました。パンクの穴がリム側 突起などないので どうして穴が開いたのか???謎です。 
 

6月6日(土)曇り 
いつもの茨木市北部の 見山の郷から 銭原まで 
以前 見山の郷は たんなる通過点でしたが 体力やら膝の痛みやらで 
いつの間にか ここが目的地みたいになってしまいました。 
ここが ホームコースA いちばん多く訪れています。
DSCF2931-resize
DSCF2930-resize

この日は すこし 足を延ばして 銭原まで行きました。
銭原までは 少し登らなくてはならないので 躊躇してしまうところです。
距離はたいしたことないのですが 膝の痛みを抱えていたころは ここが鬼門で、遠くにいけないくなりました。
昨年からのテーピングが功を奏して 膝の痛みからは かなり脱却できてきています。
この日も 膝の具合がよく 行かない理由がありません。 
おっちら おっちら 

DSCF2946-resize
DSCF2947-resize
DSCF2951-resize

銭原クラブを過ぎ 銭原の朝市のところから脇道にはいり急坂を登ると 集落になります。 
いっぷくして 田んぼを見ていると 水を張った田んぼの水面が なにやら 動いています。
カブトエビか お玉じゃくしかと 目を見張ると・・・ お玉じゃくしでした! いっぱいいます
DSCF2955-resize

遠くの 赤い屋根の古民家は ピザ屋さんを始めて2年くらいになります。(入ったことないけれど)
おしゃれな 自転車ブログなどに たまに登場しています。 最初の頃は たいして美味くはなかったようですが 2年も経てば 腕をあげているかもしれません。 一度いってみようかと
DSCF2957-resize
DSCF2960-resize
DSCF2964-resize

集落をぐっと昇ると キャンプ場に到着 
コロナのせいで やっていないみたいです。
結構な量の車が登ってきますが キャンプ場ではなく その横(亀岡市)にある 茨木台という バブルの頃開発された住宅地へ行く車で、大阪側からは キャンプ場の敷地を通らないと 茨木台には入れないという敷地で 茨木市と亀岡市で もめていたようです。(名前からして 茨木台ですから)
反対側にも 道があるにはあります。

今日は 娘の買い物に同行することになっているので 気持ちの良い汗をかいたことだし
帰ることに。 

又地蔵さまを 覗いて帰ってきました。(なかなかエロティックな杉ですこと!)
DSCF2971-resize
DSCF2972-resize
スギノ股のところに お地蔵さんがいます

DSCF2974-resize

曇っていますが 紫外線は意外と強くて 帰ってからシャワーすると ヒリヒリしました。 
日焼け止めぬっていてもこれですから。

6月7日(日)
雲一つない 晴れ 北風が強い
見山の郷コースが ホームコースA なら これから行く 二料 田能へ行くコースが ホームコースC
ホームコースBは 萩谷方面かな)になるのかな! (高校生の頃から走っているコースです)

走っていて ただただ気持ちの良いコースです。 
ただ 日曜日以外は 安威川沿いの 茨木~亀岡線は ダンプ道なので 走りません

二日目ということで 脚が重い・・・すっかり 筋力おちています 運動不足なうえに体重増加もあって ダメダメ パワーがまったくない!

大門寺までの 直登の坂 
前を一台 苦しそうに走る中年のMTB この人も 運動不足そうだ。わたしより遅い
途中で追い抜くと 前に4~5台の 中高生の集団 坂道でダッシュしてます。
若いね~ いいね~ と思っていたら 力尽きて止まっています。
横をおっさんが ちんたら抜いていく~ 悔しがってね~ 
 (たぶん この子らの親より 10歳くらい上になるのだからね)

DSCF3001-resize
竜王山

大門寺トンネルを抜けると 風がますますきつくなります。それにしても 空気が澄んでいて 遠くまで綺麗に見通せる。 この時期では珍しいです。
出かけに キャベジンを飲んだら どうも 喉が渇いて(副作用です)水を飲んでも飲んでも 喉の渇きがおさまりません。 もってきたボトルの水がどんどん減っていきます。
途中に給水地がないので 滅多にしませんが ペットボトルのお茶を買いました。
「160円もするの?! 水が110円!! ガソリン並やな~ 」ぶつぶついいながら購入
(30年前の 槍沢で 水 1L 50円 ビール350mLが500円くらいだった)

安威川のあちこちで 水遊びしている家族や 少年の集団 がいます。 ことしは 特に多いのは
まだ 少年野球やらサッカーが再開していないからでしょうか。
DSCF3012-resize

九折(つづらおり)から 二料 田能へ向かいます。
お寺の前で休んでいると 自転車と車の衝突事故が多いらしく 地元のおじさんから よく注意を受けます。

二料の集落 コロナ以前に来たのは いつだったか? 
二料山荘 復活しないまま もう4~5年になりますか? 以前は 研修施設や 喫茶 食事処などでした。 もとは 酒か醤油の醸造元だったと思います。 すっかり寂れてしまいました。


DSCF3013-resize
DSCF3015-resize
DSCF3017-resize
DSCF3024-resize

ホトトギスがせわしく鳴く登り坂をせっせと上ると・・・
峠には 心の駅が・・・ あれ! 様子が変だ
・・・無くなっている
夢の跡みたいなのになっています!
おっちゃんたち 撤退したのか 亡くなった?のか・・・想像でしか話できません

DSCF3026-resize
DSCF3029-resize
DSCF3033-resize
すっかり整理されています
DSCF4583-resize
DSCF4585-resize
以前の 心の駅 こちらも廃線になっちゃたみたいです 残念

通りすがりの ハイカーさん 萩谷に行く道をさがしていたので 心の駅 すぐ脇の林道入り口を教えてあげました。


田能の田んぼ 作業しているのを眺めて
DSCF3035-resize
田能地区 ところてんの製造工場がありました(今も稼働しているのか?)

昼飯スポット 中畑の大神宮社 で
DSCF3042-resize
DSCF3046-resize
DSCF3059-resize
中畑地区 現役の古民家がいっぱいです
DSCF3065-resize
出灰川はまだ 通行止めでした 長いです
高槻まで芥川沿いに下る予定でしたが・・・
DSCF3066-resize

通行止め 
仕方ないので 一度 田能にもどりました。
トンネル抜けて 遠回りで帰ることにします
 
堅田トンネルを抜けると 京都府亀岡市 杉生地区になります
DSCF3077-resize

DSCF3080-resize
DSCF3078-resize
DSCF3079-resize
DSCF3086-resize
カンパ好きの トンボを発見しました 新種かもしれません!(うそです)

なんとも いいお天気の中 走れました。 
初夏で これだけの晴天の中 涼しく過ごせたの奇跡的です。

「蒸し暑い季節の前に 素敵なプレゼントありがとう!」(誰にいっとんや~)
「日頃の行いが ええからやで~~」 って 天の声!? うそこけ~

途中 耳原の 業務スーパー で 夕飯の食材を買って帰りました。
(折りたたみリュックをいつも携帯しています)

気持ちよく帰宅して シャワー (顔の表面に さらっさらの塩 吹いてます)
それから また日焼けしました。ヒリヒリです (日焼け止めぬってるのにな~) 
ホンマ 最近の子供より ずっと日焼けしています (シミにならないでと 祈るばかり)
 健康優良おっさん です(ちょっとメタボですが・・・)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

大阪府 コロナ 緊急事態宣言解除で・・・ 
 とりあえず 一回 山に走りに行きたいと!

ブログ見直したら 4月4日に 山へ桜を見に行っています。
これから ひと月半 足を踏み入れていません。
かわりに 淀川の河川敷ばかり走っていましたが さすがに 飽きました。
おまけに くしゃみに涙に鼻水! 河川敷にだけ生えている植物の なんの花粉かわかりませんが、アレルギー症状が出るしまつです。 
アレルギーは 杉だけにしておいてくれ~(杉もいやなんですけれど)
DSCF2834-resize

5月24日(日)
先日買ったニッカーボッカー 初仕事です。
ちょっと大き目を買いました・・・やはり 少し大きかった?かも 
(もし買うなら ストレッチ素材のを買ってください。 動きには イマイチ追従してくれません)
サマーウール素材で ウール50%テトロン50% 風通しの良い素材です。
馴染みが出るまで まだしばらくかかりそう。
DSCF2839-resize

DSCF2841-resize
DSCF2840-resize
ツバメの巣 
親鳥は 私が邪魔なようで 巣には入らない。
近くを飛んでは 「どいてよ~ どいてよ~」とうるさい
DSCF2843-resize
DSCF2846-resize
猪苗代 と 水を張った田んぼ 
湖みたいで綺麗です!
DSCF2848-resize
DSCF2851-resize

山に入ると・・・いつもの日曜日より車の数が多いです。
そして 
バイク 
もう 解放感バリバリで走っています。
静かな山里に うるさいくらい バイクが走っています。 
おっと 知り合いのバイクと すれ違いました。 
手で挨拶されました
よくわかるものですね~ Uターンして戻ってきました。
暫く 近況など話して別れました。 
新しいバイクに替わっていました。以前乗っていたのは壊れたそうです。 
静かなエンジン音をのこして 去っていきました。
こんな 静かなバイクもあるのだな~ と思ったら バリバリ~ ドドドドドッ! 明らかに制限速度を超えて走ってくるバイクがあります。 
 サーキットと ちゃう ちゅねん! 
里山の人々に申し訳ないです。
こんな連中が多くなると また バイク締め出しってことになるかもね~ 
この近所なら 箕面の滝への道が バイク締め出しで 通れません。
地元の人が一番に 困るだろうに・・・ 

登り始めると 暑い 汗がしたたり落ちます。 しかも かなりしょっぱい! 目に入ると 痛いです。 この2か月ほど ちゃんと 汗をかく運動をしてこなかったから 身体がまだ 夏モードになっていません。 必要以上に身体からミネラルを排出している感じです。 
そうおもって ゼリーINのミネラルを 買ってきました。 
あと
急遽 準備しました: 虫除け 虫さされ薬 日焼け止め 塩分補給タブレット 

氷水は やはり 夏の 絶対必需品です。 
「生き返る~~」
普通のボトルの水が あまりにもぬるくて 飲んだ気がしません。 
こちらも 保冷ボトルにかえます。
この日の 山の麓の気温は 25度くらいです。(平地では 夏日のところもあったようです )


昼飯を 見山交番の上にある 高雲寺の高台で食べました。 
吹き抜ける風が気持ち良いです。
ちょっと強すぎる気もしますが・・・ 物が飛びそうで・・・ あわてて カップラーメンが飛ぶのを押さえます。
DSCF2857-resize
DSCF2862-resize
DSCF2858-resize
見山集落を見下ろしながら ラーメンすすっています

日差しは 紫外線がきつそうです。5~6月は 結構な量らしいので 紫外線対策は必須です。
紫外線と言えば 目が心配です。
ツーリング用に 紫外線強化レンズをメガネに使っていますが、これでも いつか 白内障になるのでしょうね。 1年中戸外であそんでいるので インドア派の人より 早く目に来そうです。
やだね~~

昼食後 見山の郷に寄りました。 こちらは 人であふれています。 
緊急事態解除といえど 密なのはどうかな? ウィルスが無ければ まったく問題ないのだろうけれど
トイレと 水補給して すぐに離れました。
DSCF2868-resize
 休憩していると カナヘビが遊びに来てくれました(黄色い花の下)

なさけないことに 左足の親指の 巻き爪が痛くて・・・ 巻き爪なんて おばあちゃんがなるものだと思っていましたが・・・・ おっさんでも たぶん 歩く機会のすくない人は なる危険性があります。 足裏 指を 使わないと 退化してくるようです。
運動は 自転車乗るくらいしかしてません・・・軽いジョギングが良いのは わかっちゃいるけど 

巻き爪は 爪の端が丸まって 肉に食い込んできます。 
風呂上がりに 平たくなるように 矯正はしているのですが 生え際のほうが肉に食い込んでいるらしく 赤くはれてきています。 
土曜日の夜 先細のラジオペンチで 持ち上げて 端を削ったのですが・・・この際に 流血しました。
お陰で 左足 痛くて 力が入らないのですよね~  
皮膚科へ いかないとだめだろうなぁ~
DSCF2871-resize
竜王山北側 清坂 大阪府側

京都府側 亀岡
DSCF2877-resize
DSCF2882-resize
定点撮影地 清坂峠からすぐ

DSCF2884-resize


長居は 無用ということで 清坂峠を越えて 安威川沿いに下って 帰りました。
帰り道 久しぶりに 大門寺と安威川ダム建設現場を見ました。
ダム工事 規模が大きすぎて・・・見た目 大きくは 変わっていないのですが・・・
つぶさに見ると ちょっとづつ 変化してきています。

DSCF2892-resize

ほんと オモチャみたいです
DSCF2899-resize
DSCF2900-resize

久しぶりに走った里山 気持ち良かったです 
 ・・・もうちょっと走りたかったかな~
  
知らぬ間に 季節は春が過ぎて 初夏ですね~・・・ 
虫が顔に当たって パチンッ 「痛てっ」ちっちゃい虫でも 結構痛い! 
以前クワガタが飛んできて自転車に当たりましたよ! スポークの間に挟まって ガシャガシ~~
蜂が当たった時は パニクリました! 先輩で 顔を刺されたひとがいましたから

ウグイスと ホトトギスが 一緒に鳴いていました! 人間界以外は とっても平和なようです 




 

ゴールデンウイークといっても いつも 毎年どこか遠くへ行っているわけじゃないけれど・・・
  さすがに ずっと家に居るのは 辛いですね~ 

喰って飲んで寝て~ このままじゃ お腹がぷよぷよになっちゃうよ~
(すでに なっとるやないか~)
一昨日は 焼肉 昨夜はピザ そして ビールをたらふく飲んでしまいました。
運動不足に加えて 食べ過ぎです。
体重計に乗るのが怖い・・・
ので
健康を考えて 少し走る事にしました。

5月5日(火)子供の日
DSCF2758-resize
前行った時は 土手は菜の花で 真っ黄色でしたが・・・草で真っ青でした

淀川河川敷 家から枚方~大山崎~八幡~枚方~家 イエ~~ィ 暑かった~ 
晴天で 暑い 
気温27度くらいまで上がると 予報では言っていたが・・・
DSCF2781-resize

水と 氷(魔法瓶ボトル)と Wボトルで出かけました。
 水は がぶ飲みでした。
八幡のさくら出合い館の水場で 補給します

夏は 氷は 有ると無しでは 雲泥の違いです。
まだ ちょっと早いかと思いましたが 入れて行って正解でした!
氷水がなによりの御馳走!ですよ

新しい トレッキングシューズを履いていきました ちょっとずつ馴らして行かないと・・・
DSCF2773-resize
DSCF2776-resize
新しい トレッキングシューズ 一応ゴアテックス 
靴ひもは 引っ張るだけ(引っ張った後の持ち手が ちょっと邪魔になる)
靴底のグリップが良いです!


久しぶりに走るのと 暑かったのとで 汗を大量にかきました。
しかも かなりしょっぱい!
まだ 身体が 暑い時用にチェンジしてません。
しょっぱい汗かいているようでは だめですね~
 
顔 真っ赤 (日焼けと 暑さで) 日焼け止めはしっかり塗って行きましたが・・・目の下の頬の上側が真っ赤です。 
あ~しみになる おっさんでシミだらけっちゅうのは シャレにならんのよね~


DSCF2783-resize
ヌートリアが気持ちよさげに 泳いでいました

膝の具合がよかったので 久しぶりに気持ちよくスピードに乗れました
(本人の感想で 客観的にはそれほど出ていません)  
気持ち良く汗かいて 帰ってきました。
DSCF2770-resize
再塗装で 再組立て後のチェック走行の意味もありました。 特に問題なしですね~
サドルを3mm上げました 靴底が厚いせいかな?

早めに お風呂沸かして入りました。 
あとは 夕飯のビールを待つだけ・・・(これが あかんのや~)



昨夜は 寝る時の室温が24度 布団は蹴っ飛ばして寝てましたね~
これから どんどん 暑くなるのだろうな~ 嫌やな~~


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ