銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

日記

3月30日(土) 曇りのち雨
午後から 近所で お花見の予定でしたが 天気に翻弄されています。
明日仕切り直し ということになりました。

昼前に 宅配荷物が来ました。
看護学校に入学する 娘の教科書
段ボール3つにぎっしり入っています。
なんと76冊 教科書 副教材 問題集 3年間使うものを 一度に送ってきました。
量もすごいのですが お代は なんと 南都! 18万円なり! 「えげつな~~~」 です。

先日から 18万円が なんとか という 嫁と娘の会話が聞こえてきていたのですが、まさか 教科書代とは・・・ 3年で割れば 6万円(医療系の本は高いので)これなら仕方ないと 思うのですが・・・

この量をみて 「よ~し やるぞ~」ってタイプの人もいるでしょうけれど・・・めったに おらんか!

もう逃げられない・・・ やるしかないという 強迫観念しかないですね~
やることが えげつない! 今時の看護学校って!

DSCF6118-resize
                2017年の 京都八幡 背割り堤の桜

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

新大阪に用事があっていってきたのですが・・・

いつもなら 阪急京都線 南茨木から乗って 南方で 大阪メトロ 御堂筋線乗り換えで JR新大阪駅へと行くのですが、今回は できて間もない JR大阪東線 に乗ってみました。
阪急淡路(あわじ)駅で降りて 淡路東商店街を通り JR淡路駅 まで 徒歩5分
IMG_2909-resize
元 貨物線だった線路をりようして 大阪東線になりました
DSCF1561-resize
         貨物線時代の写真 赤川の鉄橋 この時は 単線でした

大阪東線 1時間に4本の列車がきます。15分に1本

JR淡路から 南吹田駅を経て 新大阪駅に到着  5分ほどでした。
(2年前に 新大阪駅の階段で落ちて 左足骨折と なさけない怪我をした嫌な場所です)
乗り換えで20分ほどかかったので 南方(みなみかた)で大阪メトロに乗り換えるほうが断然早いです。  (乗り換え3分 そして 南方から新大阪ヘは 1駅です)
思っていたより 時間が掛かって、予定の時間ギリギリになってしまい ちょっと焦りました。
(かなり余裕を持って出たのに・・・)
阪急線から 新大阪駅にいくのに、JR東大阪線を使うメリットは あまりないようです。

輪行を考えると
奈良直結なんで 奈良や 学研都市線やらが近くなって 良かったと・・・ ただ 阪急淡路駅から
輪行袋を背負って JR淡路駅までは かなり歩くことになるのがネックなので こんな場合は
JR茨木から輪行して 大阪東線経由 とういうのがよさそうです。
奈良へは 昔と違って 地下鉄と近鉄が繋がって 直でいけるようなったので かなり便利ですが、学研都市線なんかは 大阪東線をつかったほうが便利そうです。
大阪まで出なくてもいいというのがなによりかな! 
なにより 選択肢が増えたのが嬉しい!



沿線の桜は まだ 咲き始めでしょうか 
きょうの気温が高いので 明日辺りから 一気に咲きそうな気がします。

週末は 近所の桜通りで 花見の予定 (なんだか週末は 寒気がおりてきて寒いそうですが・・・)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


禁酒してから(週に四日ですけれど) 夜 頭がさえている時間が多くて・・・
  それまでは 酔っぱらって TV観てねるだけ なんて生活でした。
   (もったいない時間を すごしてしまったと おもう今日この頃です)

そんなこんなで 寝床で 寝るまえ30分~1時間の 読書始めました。
昨年から 吉村昭(よしむら あきら)の本を中心に 読み進めています。
たまに 三島由紀夫 よしもとばばな 紀行もの を織り交ぜています。
三島由紀夫 「金閣寺」 「仮面の告白」 を読みましたが・・・ページの進みが悪くて、一冊読むのに2週間ではたりません。 そんなに長いはなしではないのですけれど・・・たしかに 濃厚な話でした。
「潮騒」をはじめ 代表作がいっぱいあるので ぼちぼち 潰していく予定。

それに比べると 吉村昭は スイスイ読めて 次のページが待ち遠しい って感じで、寝る間が惜しいくらいです。 しかし この人の 作品には 人がバラバラになる話が多いです。 バラバラとは 肉体が飛び散る系と 解剖されて切り刻まれていく方とです。 実際 戦中にかなりの人の死をみたとのことで
その悲惨さを冷徹に見る目をとおして われわれに教えてくれています。 

最初に読んだのは・・・もう30年以上前ですが 「戦艦武蔵」「零式艦上戦闘機」「茜色の雲」
(「戦艦武蔵」は 最近読み返しました)
昨夏 第一作となったのが 「羆嵐」(くまあらし) 北海道開拓時代にあった 羆の被害と 人間の攻防。人肉に目覚めたヒグマが襲ってくる様は ハラハラドキドキ(ええ歳してこんなに ハラハラするとは・・・)しました。(復帰第一線がこの本で良かった)
続けて 「漂流」沖ノ鳥島に破船して流れ着いた男が生還するまでの話。
「破獄」脱獄を繰り返す男の話 緒形拳主演でのTVドラマを子供の頃見た記憶がある。
「星への旅」自殺願望の若者たちが破滅するまでの話 悪い夢を見ているような話だった。今読み返している最中。
「少女架刑」強烈な印象が残った作品。 解剖されていく少女の身体を 少女自身が感想をのべていくという話。憂鬱さの中のコミカルさ。マンガ的異色な作品であった。

「三陸海岸 大津波」 津波って延々繰り返しているのがわかる
「羆」
「下弦の月」
「陸奥爆沈」長門と同型艦の陸奥が瀬戸内で謎の爆発沈没! 
「高熱隧道」トンネル工事は 熱い!
「天に遊ぶ」
「島抜け」 
まで 読みました。

まだまだ いっぱい よむ本があるようです。
今年いっぱいは 吉村昭で 楽しめる!
その先は 好きな 司馬遼太郎や 新田次郎 も読み返してみよう。

この先「長くなりそうだ・・・」


011
                      流れ橋にて






土日と 関西は荒れています。
数日前は 晴れの予報もでていたのに・・・両日とも 荒れています。
雷どか~~~ん や 夕立ざざ~~~ん 黒い雲が行きかっていますね。
日曜日の夕方5時すぎ やっと 空が穏やかに晴れました。

今日は 娘の高校卒業祝いに 弟一家と 祖母をつれて ステーキハウスに行きました。
ビールを ひるからたらふく飲んで・・・もう飲めません。
もちろん 運転は していません 
帰りの運転は 嫁さんにまかせております。 
あ~ 腹が膨らんで 眠い 

一番下の子が 高校卒業して なんだか ほっとしました。
長男は 社会人3年目を終え 4年目に突入 ばりばり経済学部で 囲碁部
次男は 就活ちゅうの もうすぐ 4回生  理系でギター野郎
長女は 芸大2回生になります。 イラストレーター アンパンマン大好きっこ
次女は 看護の専門学校へ 目指せ 看護師 一番堅実

それぞれ すすむ道が違いますが がんばってほしいな~
DSCF3949-resize


ツーリング記事は・・・いつになったら 書けることやら・・・


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

昨年の健康診断で またも メタボで引っかかってしまいました。

まさかとおもいましたが・・・先週のこと
保険医療センターの 職員さんが 家にまできて 食事の内容やいろいろ聞くのです・・・
ありがたいやら 迷惑やら ・・・
「また 保険医療センターで 体脂肪率計りましょう」と
約束させられてしまいました(3年前にもおせわになっています)
嫁でもここまで おせっかいはしませんよね。
実に ありがたいんだけれど・・・

それで先日 茨木市保健医療センターに行きました。
管理栄養士さんに 食事の内容を色々聞かれました。

トレーに 前日の食事内容のサンプルを載せて行きます。
生姜焼きや サラダ 味噌汁 ノンアルビールまであります。
 はたから見るとおままごとしているように見えるかもしれません
食品サンプルを 特殊な計測器の上に置くと 
カロリーや塩分などが自動で計測される機械があり パソコン画面に結果がでます。
 

 サンプルを計測しながら 管理栄養士さんがコメントくれます
「少し 脂の摂取が多いようです・・・バラ肉よりは モモ肉を 脂っこいときは お湯で一度ながしてもいいかもしれません。 湯通しすると 余計な脂がとれますよ。
鶏肉は 皮の裏に脂肪がたっぷりあるので外して料理してください!」
「牛乳と ヨーグルトは 脂肪分が多いので 脱脂タイプがいいかも・・・野菜は 良く採れています。タンパク質は ちょっとすくなめかなぁ~・・・ 」って感じです。
調べてもらうと とても バランスの良い食事だと 褒められました。
ただ やはり 脂が余分なカロリーになって お腹のまわりに付いているとの指摘。

前回と同じく 標準体型とくらべると 筋肉が多いようで 3年前とくらべても ほとんど変わっていませんでした。(よっしゃ~)(筋肉は 脂肪より重いのです)
筋トレの効果がでているようです。
あとは 余分な腹回りの脂肪さえなくなれば・・・どっこい こいつがなかなか取れないのだ~ 

余剰カロリーを 運動で消費したいところなのだけれど
花粉で 自転車に乗れないし・・・ 
 また マスクして乗るか~  (排気弁が付いた スポーツ用のマスク)
マスクの中は 鼻水でグチャグチャになるのですけれど・・・  

バンド式のを 耳掛けゴムタイプに改造してあります
DSCF3846-1-resize

         

↑このページのトップヘ