銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

日記

今日は 嫁さんと長男と3人で 
長男の単身用マンション 貝塚市まで 年に一回の 部屋チェック&掃除に 車で行きました。
行きは 息子が運転です。
普段 車には乗らないので(たまに営業で出ていたらしい)あやしい運転でした。

息子の部屋に入ると 嫁が笑いだして・・・「やっぱり こうなっていた」と
本好きの息子 とにかく 本にうずもれて生活しているようです。
実家にもたくさん置いてあるので もう 持って帰る余裕もありません。
風呂掃除やら 台所の整理やらして・・・結局 本は 置きっぱなしです。

遅めの昼飯のうどんを食って 息子と別れました。
  
思っていたほど 汚れていなかったようで 嫁さん ほっと安心していました。
帰りの車のなかで ・・・「女っけまったくなかったね~」って 喜んでいいのか・・・悪いのか

前置きが長くなりましたが・・・ 帰りの 近畿道は 私の運転です。
見ていると 酷い運転を未だにするやつがいます。

3車線 ウンカーもなしに横切るやつ。
車間距離をピッタリ 3mほどまで詰めるやつ。
縫うように 走行車線と追い抜き斜線を行ったり来たりするやつ。
一歩間違えれば大惨事をひきおこしそうな運転を なぜ 平気で出来るのでしょうか?
不思議でならないです。
そして そんな 不埒な運転をする連中は なぜか 外車とレクサス スポーティな車
あと ワンボックス(ハイエース)に乗っている。


あんな事故やこんな事件 エアガンで銃撃なんてのもありましたね~
捕まった奴が どんだけ晒されて 社会的立場を無くすのをみていても
やっちまう連中っているのですね~ 

ほぼほぼ あおり運転・・・ 大阪じゃ~ 日常茶飯事なのかもしれないです
一時間ちょっとの間に 5~6件見ました。
あと あおられる方も 追い越し車線をちんたら走っているとか 危険な車線変更とか イラっとさせるような 運転をしていることが多いような気がします。 
(もちろん あおり運転するやつが 一番悪いのはわかっちゃいるけどね~)

高級車・高性能車にのると ああいう運転したくなるのかな? 
捕まった連中の 情けない顔と あおり運転中の尊大な態度とのギャップをみて

『妖刀 村雨』 (持ったものは 人を斬りたくなる)という昔みた時代劇の話を思い出しました。
現代の車は まさに この 妖刀 なのかもしれない。
妖刀の霊力に飲み込まれるかどうかは 本人の資質にかかっているのだ。
弱い奴ほど 霊のちからに飲み込まれていくのだろう。 
制御する力が無い方は 車に乗るべからず なんだろうな!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


 

関東から 友人が来た。
大学のサイクリングクラブ時代の同期生
早々仲間をよんで 大阪梅田で飲み会を開いた
(先週飲んだとろですが・・・毎週となると ちょっとしんどい)

関東は 大変な雨だったとのこと
(彼はすごい雨男なので みんなに責められていました。「こいつが犯人や~~」って)

孫が1歳になったと スマホの写真を見せてくれた。 
彼は 同期の中でも一番先に結婚して 娘が二人できて、
娘さんも結婚が早かったので さっそくと 爺さんになっていた。

昔のバカ話で 腹の皮がよじれるくらい笑って 近況を報告しあった。
定年の話も早速出ていました。 再雇用になると 年収は半額以下になるとか 部下だった連中に使われるのは 嫌だとか・・・ 雇ってくれるところがあるだけ マシだとおもうのだが・・・

梅田の居酒屋 ネットで探して、席だけ確保
しかし まずい 高い うるさい(隣のブースの連中の声がやたらとデカイ)で まるで カラオケ屋で飲んでいるような感じでした。 
まったくの失敗。
 ほんと 見せかけだけの居酒屋で どの料理も郷土料理というわりには ちっとも独自性がないものでした。
ふらっと入った炉端焼きの店のほうがよっぽど美味い物が食えるだろう。
ホットペッパーで探したが 評価なんかこれっぽっちも役に立たないことを 改めて感じました。
(どうせ やらせの 評価なんだろうって)

昔は 歩いて探した店探しですが ホームページだけやたらと綺麗な店は 危険極まりないと・・・

飲みなおしを 寿司屋に入って 普通の刺身盛りとビールで。
静かで 落ち着いた個室 最初からこっちでやればよかったよ。(お値段はちょっと高めでしたが)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ラグビーワールドカップ 日本代表チーム ベスト8 
南アフリカ戦は 力の差を見せつけられました。

日本チームの 赤白ラガーシャツですが・・・ 
 どうも お寿司の 
  エビがならんでいるように 何時も見えてしまいます。

エビ

赤なら マグロに見えるかというと そうでもない。
赤と白のヨコシマジャージなら 全部 エビに見えるかというと そうでもない。

エビに見えるポイントは 横から上に向かってラインが上がっているところ。
これが 立体的に見える効果があるようです (デザイナーさんは 意図してやったのかどうか?)
 
まだ 準決勝 決勝が残っているのに もう 終わってしまったかのような 雰囲気

サッカーと 同様 時間が決まっていて 終わるので 見ているほうは 気楽です。
あと 残り時間がすくなくなっていく時間帯での葛藤は みていてもハラハラします。
野球のような 一発逆転が発生しにくいけれど たまにインターセプトして トライするシーンもあったりで 最後まで目が離せません。(大差で勝負がつくことが多いのも ラグビーですけれど)

日本チームのユニホームが 毎回 エビのお寿司に見える というだけのお話でした・・・

今度は 私の好きな ハマチで お願いします!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

遠くに行きたい~ 
 でも 行けないんだな~ 

あと3年は 無理だろう! 
 でも あと3年すれば 還暦じゃないか!「ゲゲ~~」
今度は 身体の心配が・・・

子供の頃の還暦のイメージは 年寄がちょこんと座布団に乗って 恵比須顔で孫に囲まれている・・・とちょっと ステレオタイプのイメージしか 思い浮かばないですし 実際 そんな爺さんばあさんみてきたし・・・
うちの父親が 60歳のころは まだまだ元気でした・・・孫は 兄の子供等が何人か  
そう言えば わたしは まだ大学生でした。 
親父は商売していたから サラリーマン家庭とはちょっと違うかもしれない。
定年退職もないしね~  76歳で亡くなる数か月前まで 実際 働いていたな~
 

自分は どうかな? 長男は今25歳 結婚しても不思議ない年齢 次男はこれから社会人
娘二人は 3年後に卒業 自分自身は・・・60歳だからといって きゅうによぼよぼになるとは まったく思えないし・・・ ただ 世間では 一気に老け込む人もいるので 油断はならない・・・
けど 親父と同じく 定年退職がないので 一生働かないとだめ(貧乏自営業は 困るよ~)
60歳になったら なんか 新しいこと 始めようかと 思っているくらいなので・・・何しようかな
なんて・・・

話が あっちの方へ行ってしまいましたが・・・
 遠くには なかなか行けないので
  近場ばかり走っています。

近場と言えば・・・
急激な変化 (高速道路や 再開発 ダム工事)が 多い大阪北部は 今見ておかないと 無くなる景色があります。 
目に焼き付けておきたい!(のですが・・・) 
変わってしまった風景は圧倒的なインパクトがあり 以前の姿を思い出せないところが多いです。 
残念ながら 記憶の中の景色となかなか符合しないです。

DSCF9873-resize

10月20日(日)
いつものように 福井から 佐保 泉原 忍頂寺 見山へと行きました。
屋根修理の 佐保のお寺は 足場が外されていました。
DSCF9879-resize

今日は なぜか ロードの対向車のみなさん 挨拶してくれるので 気が気ではありません。
もう いっそ 普段通り 無視してくれたほうが楽なんですけれど・・・ 

追い越しで 挨拶されることも無かったのに どういうわけか この日は 通りすがりに なんか言ってくれます。 あわてて 敬礼してます。(見えてないだろうけど)

見山の郷の近くの遊歩道で 先行していたマウンテンバイクの2人組を抜きました。
道に泥がたまっていたので 自転車から下りて 押して歩いてる横を スーっと 
「こんにちは~」って 追い抜いたのですが・・・(よほど 汚れるのがいやなんやな~)って 
ガード付なら 何も気にせずに乗り越えられるのに・・・

見山の こちらも屋根修理のお寺 のすぐ横で 昼飯にしました。
天気が回復して 青空がまぶしいです。
 昼12時に キ~ンコンカン~コン と村内放送 
どでかい音をスピーカーで流すので 毎回びっくりします。
(季節が違うと 11時30分なんだけど なにか基準があるのだろうか?) 
DSCF9881-resize
DSCF9884-resize
DSCF9885-resize
とろみがあって すっぱ~辛い 美味過ぎ~ 
たまには 日清以外のを食べます!

DSCF9893-resize
補強した ジュビリーフロントディレーラー 大丈夫のようだ!
DSCF9892-resize
サンツアープロコンペ ウルトラ6 に 同じくサンツアーAPの28tギヤを移植
まだ 違和感はあるが ちゃんと使えています!
RDは ジュビリーファンには怒られそうな使い方してますね~

見山の集落は 府道から すこし中にはいったところにあるので 気づかないで通り過ごす人がほとんど 見山郵便局から 坂道を登って行くと 十数軒 もっと 奥にも7~8軒 大きな家があります。

DSCF9895-resize
DSCF9904-resize
集落内にある道標「右 安威」とあります 
次に 清坂集落を登り 
台風で大破した 気になっていた茅葺の家を見に行きました。
綺麗に トタンで修理されていました ホッ!
DSCF5595-resize
昨年の台風のあと

DSCF9907-resize

狩待峠まで 胸突きしそうな坂道を押していきます。 (乗って登れたのは 10年以上前か!)
DSCF9912-resize
DSCF9913-resize
DSCF9915-resize
こちらは地震と台風で壊れていた神社と鳥居 修繕されていました


溜池に謎の鳴き声の生き物が 「ニャー」と言って 水に飛び込むのです。姿は見えなかった。
カエルがそんな鳴き声だすのか? 何匹もいました。(もちろん猫じゃありません!)
  ※ 謎の生き物の正体がわかりました! 答えは 巻末に


再び 清坂の集落へ 激坂をくだっていきます。 
DSCF9930-resize
DSCF9935-resize
DSCF9929-resize
この先は かなり荒れた 激下り坂になっています
集落の入り口近くにでます


DSCF9947-resize

あっちウロウロ こっちウロウロ 今度は 見山から忍頂寺へ戻り
忍頂寺から 千提寺への キリシタン道をいきます。 
落ちた枝だらけで 走れないので押していきます。 

昨年は この道で 枝を巻き込んで 700Cランドナーのマッドガードが への字に折れました。
乗れる区間も慎重に走行 かなり荒れています。
DSCF9949-resize
DSCF9951-resize

落ち葉と枝と どんぐりだらけの 堀切の道 
(簡易舗装がめくれて 堆積物で ほぼダート化しています)
そもそも アスファルト舗装の意味ってあったんかいな?
DSCF9953-resize

DSCF9961-resize
堀切の峠 雰囲気があっていい


DSCF9966-resize

M'sカフェ から キリシタン資料館の前を抜ける 激坂をジグザグ走行で登ります。
DSCF9978-resize
M’sカフェ 入ったことないのですが・・・

DSCF9980-resize
以前は泉原へ抜ける道があったのですが・・・ 今は 新名神高速の千提寺のサービスエリアへ抜ける道になっています。

展望台と遺跡の発掘地を見て 帰りました。
DSCF9983-resize
DSCF9985-resize
DSCF9987-resize
DSCF9992-resize
安威川ダム建設地が良く見えます 
山は阿武山 山頂付近に古墳があります(中臣鎌足の墓といわれています)

遺跡発掘あとは 草ぼうぼうでした
向うに見えるのは 竜王山
DSCF9997-resize
DSCF0002-resize
DSCF0003-resize


DSCF0005-resize
やはり パスハンは こんな道が良く似合う!

帰ってから すぐに着替えるか シャワーでもすればよかったのですが 
ノンアルのんで パソコンいじっていると 汗冷えしてしまい、
ちょっと寒気がして・・・あわてて 風呂を沸かして 熱い風呂につかりました。
油断すると 風邪ひいてしまうところでした。

そう言えば もう 10月も後半です なんだか びっくりです。
カレンダーも 残りあとちょっとしかないのですね~

雨ばっかりの秋 
週末の天気の悪さ 台風や台風崩れがまだまだ雨を降らすみたいです。
関東の被災地 ほんとうに気の毒です。 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

※ なんと ニャー と鳴く生物は ウシガエル だそうです。
 ウィキペデアに 探偵ナイトスクープにて ニャーと鳴く ウシガエルが見つかったと あります。

昨夜 大阪出張の アルプス親父さんと 
大阪組 スピードマスター師匠と わたくし TAKOぼん 3人で梅田で飲み会でした。

先日の大雨では 関東在住のアルプス親父さん 大変怖い目に遭ったということですが 実被害はなかったとのこと 一安心でした。

いつもいく サラリーマン酒場
 おでんとビールで乾杯!

IMG_3182-resize
おでん各種 追加で 大根 厚揚げ などなど
IMG_3181-resize
げそ天と エビ唐揚げ

IMG_3186-resize
IMG_3187-resize
IMG_3189-resize
丁寧な作りにおどろいております 
彫刻機で彫って 色を流し込んでいるようです。
IMG_3184-resize
アルプス親父氏による 講義資料です(うそ) 

鉄の話は よく分からないことがおおいのですが 名盤は見たことあります!

いつも 自転車ネタをお持ちの スピードマスター師匠(師匠が重なってますが)は 今回は フリーのギヤ数について 
昔のフリーで 32tが付いてるらしいのですが 歯が部分的についていないものをお持ちだそうで、
歯数は 半分くらい 16t?しかついていないのですが これは 32tと呼んでもいい物か?
という 素朴な疑問。(わかり辛くて 申し訳ないです)歯が全部そろっていたら 数えればわかるのですが 歯がないところは どうやって数えるのか?ってことなんです。
「直径がわかれば 類推することができるだろう」という結論になりました。

他愛のない話で 大盛り上がりでした。 

IMG_3193-resize
梅田の駅名が 大阪梅田に変更されていました
見慣れている者からすると ちょっと変!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村














 





↑このページのトップヘ