銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

日記

日曜日 夕飯を食べていると・・・兄が訪ねてきて
「これ! カニ! と へしこ 」兵庫県の香住までドライブして買ってきたとのこと

松葉ガニといわれる 高級なやつではない・・・が 2杯 脚が取れたやつです。 
茹でてあるので すぐに食べろと言うので 鍋を中断して カニ に取り掛かりました。
嫁と次男は カニ 食べないので 私と 娘二人の3人で 頂きました。(長男不在)

身は お世辞にも詰まっているとはいえませんが 家でカニ食べるのは 20年ぶりくらいでしょうか?
久しぶりにうまかったです。甲羅酒で 最後締めました。
娘達は 「カニ うま~~」とのたまいつつ 味噌までせせりつくしていました。

一昨年は 大学の後輩経営の香住の宿で カニ料理をたらふく食べたので あと10年くらい食べなくても大丈夫だったのですが・・・ 頂きもの ありがたく頂戴いたしました。

 へしこ とは 青魚や フグ を糠漬けにした 食品です。 今回は 鯖でした。
フグは へしこにすると 毒がぬけるそうです。 珍味です。



遡って 1月25日 土曜日 
少しだけ走ってきました。
DSCF1568-resize

タツミ工業のあるところ 城跡の碑があったのですが・・・
DSCF1562-resize
引き込み道路ができて 移動させられたようです
DSCF1561-resize
草むらにありました 旧跡 栗栖城跡 と書いてあったはず
説明の看板はなくなっていました

昨年は 左膝がいたかったのですが 今年は 右膝の調子が悪いです。 
周期的に入れ替わります。
とりあえず 見山の郷 へ向かいます。 
DSCF1571-resize
完全に屋根修理完了していました
見山 高雲寺の高台で 昼飯 
見上げると トビが高いところを飛んでいます。
DSCF1587-2

先日 タカ(ノスリ)を見たので また 別のタカかと おもいましたが 影を見る限り トビ のようです。 (トビ も立派な ワシタカ類ですが・・・珍しくないので)
上昇気流を掴んで 空高く どんどんと登って行きました

DSCF1579-resize

DSCF1576-resize
いままで どうして無かったのか? 味噌味
味が濃厚なので お湯で薄めました 関西ではちょっと味が濃いかも

お腹が膨れたら 走る気力が半減 
 さらに 冷え込んできたので さっさと着込んで 帰宅組です。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


 

先日断念した しまなみ海道サイクリングですが・・・

しまなみ海道に わざわざ走りに行く意味 ってどうなの?

瀬戸内海を 島伝いに 本州と四国海上に架かる橋自転車(徒歩)で渡ることができる」ってことが最大かな! さすがに これは 他の地にはない。
明石大橋や 瀬戸大橋 関門橋 は 自転車通行できませんものね! 
(ただ 橋の上 海の上を渡るような場所は 全国にあるので それほど珍しくはない)

他には「素人でも 比較的安全に走れるコースが設定されている」ってことでしょう。
地元の努力もありますね~ (儲かる儲からないもあるだろうけど)

ビワイチは自転車専用道が結構ありますが、 あわイチはほぼ一般道 交通量のある狭い道が多い。
しまなみは 半々くらいだったかな?(記憶があいまい) 

 
古い時代の(わたしのような)サイクリストは、わざわざ サイクリングコースに設定されているところを わざわざ 走りに行くってことを考えないです。 道なんて 自由に走ればいいので!
決められた通りに走るような 窮屈なことを わざわざするかい! って思うのですが・・・
(目的地としてではなく たぶん 通過点として渡るんだろうな~ その先へ行くための) 

それなのに わざわざ 人出でごった返したところを走るなんて・・・
ここが味噌なんだろうな!
「誰かに見られている」ことに 安心と満足と達成感を得る。 
  ここが共感しにくいところなんだな~  



息子と二人 しまなみ海道をキャンプ泊で走ったのは 10年以上前(2008年)
まだ 混雑した感じはまったくなかったのですが・・・
いつの間にやら サイクリングの聖地 ってことになっているし・・・変な像もできてるし!

商売の上手い方がつけた キャッチフレーズ 付けたもん勝ち!ってところでしょう。

私にとっての サイクリングの聖地と言えば 京都北山旧花脊峠 って 勝手におもっています。
(人それぞれに 思い入れのある場所が 聖地なんでしょう)

花脊峠には この5~6年ほど 行けてないのですが、 鞍馬街道から上がるのは辛いし 芹生峠から抜けるのも もっときついし、 北から入るのが 一番楽そうですが・・・ これもまた大変そう。
(2014年に百井から行ったのが最後になっています。http://tuushinn.blog.jp/archives/2502349.html
0003


04
2006年撮影 この標識は もうない

DSCF5420-resize
旧花脊峠 2014年撮影 今はどうなっているのか?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


今朝の新聞みると・・・

1月26日 日経新聞より 著作権保護のため一部のみ 読みたい人は買ってください。
DSCF1595
つくば 琵琶湖 しまなみ 3ルート お墨付きになちゃったよ~

詳しくは こちらナショナルサイクルルート https://www.mlit.go.jp/road/bicycleuse/good-cycle-japan/national_cycle_route/

この記事を見て 私は 逆に 行きたくなくなりました。 
それより 自転車専用レーンを拡幅 充実してほしいです。
今の 自転車専用レーンは 従来の車道の端に線をいれただけで 実際走ると 危ないことこの上ない。 歩道や緑地を削って幅を広げるしかない。 
あとは 電柱が無くならないと・・・(有効幅員が狭い)










気分的に やっと正月が終わりました。

1月9日(木)設計事務所仲間6人で(6~7年続いています)
今宮戎神社 えべっさん 宵宮に行きました。
帰りは 通天閣の下で串カツ!  串カツ久々に美味かったです。ビールバカすか飲みました。
(綾瀬はるか が先日撮影のために来店したそうです)
IMG_3278-resize
IMG_3279-resize
IMG_3283-resize

1月11日(土) 初走り
年末から2週間ぶりに ちゃんと走りました。脚が重いです
見山の郷まで 行って 帰りました。 来週からはちゃんと走らないと・・・

DSCF1453-resize
DSCF1460-resize
いつもの 池の端で 
DSCF1465-2
DSCF1468-2
空を見上げると タカが悠々と飛んでいます
意地悪カラスが飛んできて 追い出されてしまいました

DSCF1476-resize
DSCF1477-resize
サイドミラーがちょっと悪目立ちするけれど 凄く見やすくなりました
DSCF1491-resize
DSCF1494-resize
DSCF1495-resize
帰り路 真龍寺と茨木神社(茨木恵比寿)に初詣してきました

1月12日(日)
昔の小正月は 1月15日 成人の日も この日でしたね(成人式出ていませんけれど)
15日に鏡開きして 小豆粥食って 正月が終了。 とんど焼きで 正月飾りを焼きました。
いまは どれも前倒しで どんどん圧縮されています。
 なにを生き急いでいるのだろうかと・・・世知辛い世の中だな~って思うんだけれど

とりあえず 我が家も 家族全員が揃うこともありで 前倒しの小正月を祝いました。
朝食に 小豆粥  おやつに ぜんざい 
 長女の成人の祝いで 夕飯は外食です。
小豆は 2日前に水に漬けておいて吸水させます。前日に焚いて柔らかくしておきます。
当日 おかゆを焚いて それと混ぜます。焼いたお餅をいれて 完成です。結構手間がかかります。
DSCF1497-resize
DSCF1496-resize
まいど 同じ光景ですみません 小豆粥です

小豆粥 子供は まずいといって 嫌がっています。
困ったもんだ この伝統も私の代で終わるでしょう・・・何百年も続いてきたことだろうに・・・

1月13日(月)工房新年会
Bill氏と鍋 水炊きしました Bill氏は 年末年始体調不良でお酒止めていたそうです。
IMG_3285-resize
酒の進まぬ Bill氏を脇目に うまし酒を頂きました!
冬キャン△の計画を・・・


メンテナンス
元ロード(30年前 先輩から1万円で譲ってもらいました)のメンテナンス
今は チョイノリ用 ビジター用 として ありあわせの部品で組んであります。
(数年前に 次男がこれで ビワイチに使いました。それ以来 誰も使っていない)
DSCF1499-resize

それでも ロード時代の部品 カンパヘッド グランコンペブレーキ サイクロンWレバー ジュラエースFD ゼウス・クリテリウムRD が今も残っています。
プロダイコッタード+TAのせいで ツーリング車に見えますね~ 
DSCF1507-resize
DSCF1504-resize
DSCF1501-resize
DSCF1502-resize

700Cホイールが無かったので TOEIから借りてきました。
元ついていたフリーが無い・・・使っていたフリーが行方不明なので しかたなく サンツアープロコンペ ウルトラ6 新品 13x23を付けました。(もう使うことないだろうから いいか~って)チェンは セデスポーツでした。
DSCF1506-resize
禿げたと所を マジックで塗ってあります
サドルはハゲハゲの イデアル2002 持ち主そっくりです。
ピラーはフジタ・ベルト 

 簡易のマッドガード付き (持ち上げると 軽い~~ )

DSCF1508-resize


アルプス・クイックエース 
ホイールを 交換 
シマノ600ラージハブ+スーパーチャンピョン650Bリム+ パナ・グラベルキング42B から
サンツアーシュパーブ HLハブ+グランボア スカラベ650Bリム+ グランボア・リエール36B へ。
シマノの旧型 フリーが付いていたので ハブ軸を抜いてフリーを外します。
非常に面倒です。
キャンプに行くときは また グラベルキング42Bにもどします。

DSCF1509-resize
36Bタイヤだと 見た目すっきり!!  普通の自転車に見えますね~
(普段 重戦車とよばれています) 

今年も はじまってしまいましたね~ (えらくゆっくりですが) 
ブログのほうも ゆっくり始動   のんびりやらせてもらいます~ 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

「ゆるキャン△」 第一話 実写版を見た!

アニメと まったく同じ内容でした。
 やっていることもセリフも同じ・・・

そもそも アニメ版が現実を忠実にアニメ化しているので 
写っている風景や建物まで ほぼほぼ一緒なのに・・・ 
 それを
また わざわざ 実写版にした意味ってあるのかな? 
かな~り疑問に思います。

さすがに 主人公たち、紫やピンクの髪の毛の色ではなかったが・・・
アニメ版の人物を実写でみると どうも オーバーアクションが気になるし・・・観ていてつらい

(※アニメでは りんちゃんの乗る自転車には ライトがちゃんとついていたのに・・・実写ではトンネルをライト無しで走っている! ベルもついてないし・・・保安用品つけないとだめだぞ~実写の方が劣化しているのはどうゆうことやねん!)


ドラマ業界 日本だけでなく アメリカ映画でも ネタ不足丸出し! 
この手の焼きまし版ドラマが多くなっている。

アニメの実写化 あまり成功した例をしらないのだが・・・
 「風の谷のナウシカ」 歌舞伎版は1日だけの上演
  実写版は監督が拒否していてできないそうだ
  賢明!だ~ 
作るとなると CGだらけになるだろうし・・・
ただ ナウシカの実写版の子(日本人じゃないだろうな~)は見てみたい気がするのだが・・・
すけべ親父の考えることは・・・皆一緒かな?  

※ へやキャン△ 3分の番組もやってます~ (アニメ版)

ヤフオク 随分利用させてもらっています。
先日も デザインナイフ ドイツ製やらアメリカ製のを20本くらい。
特殊な形状のもの 折りたたみのもの 交換式のもの と いろいろ
普通の文房具店では見ない品の数々・・・ 

何で要らなくなったのか・・・仕事辞めたのかな? どんな職業なんだろうな~
何切っていたんだろうな~  なんていろいろ想像してしまいます。
(写真には 自分の持物も数点まじっています)
ユニークなナイフ達 どうやって使い込んでいこうかと ワクワクしています
DSCF1418-resize
DSCF1419-resize
重厚な本体には
DSCF1420-resize
仕込みナイフ
DSCF1421-resize
DSCF1422-resize
細かいところも
DSCF1425-resize
刃の交換は どうやってするのかな? 
DSCF1424-resize
発想が・・・違う

許せない写真
時々 大工道具の古い奴を探して ヤフオク眺めているのですが・・・酷い写真が結構あります。

許せない写真の 第一は 刃物を下に向けて 道路や地べたに置いている写真。
刃物は 石が咬むのを嫌います。 
この世界では常識なのに・・・
あと 錆だらけになった工具を バケツからひっくり返したような写真も みてゲンナリします。
 
写真を撮っているのは 業者さんか 遺品整理なのか  
乱暴な取扱いを平気でいられる感覚に 凄く嫌悪感を感じます。


同様なのが 自転車
フレームはおおきいから仕方ないとは言え 地べたや アスファルトの上に 直置きしてる写真を見ると 刃物同様に 嫌~~~な気分になります。
塗装面が傷つくんじゃないかとか 砂が咬むとか ・・・・
そんなことすら 気にならない人が使っていたような物を使いたいとは思わないです。

(錆だらけの部品も 絶対だめ~ 古くても大事に使っていたものでないと )

2019年 最後はグチで終わってしまいそうです。
来年も宜しくお願いしま~す
良い年末年始を~



↑このページのトップヘ