先日 自転車を1台いただきました。
しかし まだ 自転車が欲しい。

出来たものじゃなくて 
フレームをオーダーして作りたい・・・還暦祝いにむけて 自分の!

還暦なんて まだまだ 先だと思っていましたが・・・ついに2年を切ってしまいました。
還暦の爺さん 「座布団に赤いちゃんちゃんこ姿という ステレオタイプのイメージ」
はたして 自分も こうなるのか? 
あと2年で よぼよぼになる?・・・とは 到底思えない。
あと10年は走れる!だろう

さすがに 体力 とくに 握力や物を持ち上げる力は かなり落ちている。 
眼もいろいろ 視力が落ちた(静態視力だけじゃない 動体視力まで)上に 老眼で細かいものをみるのが辛くなった。 
(情けないことに 自分の書いた図面が読めない時がある。 字は3mmで書いていたが これからは 4mmにする 5mmでもいいかもしれない。
若いころは 2.5mmなんて文字をつかっていたこともあるけれど 現場では困っただろうな~
特に CAD使うようになってからは 拡大して書けるものだから 細かい字でも困らないのだ。
印刷すると 潰れて読めない文字もあるのだよね)・・・ 反省反省

フレームオーダーなんて 夢のまた夢状態なんだけれど いつか 機会があればと 思っている。

その前に できることから!
今考えているのは ハブダイナモ 構想

夜走ることなんて ほとんどなくなったのですが・・・若い時は たまに ナイトランなんてやりました。 夜12時に出発 福井県敦賀駅から 神戸まで250キロランとか、 須磨海岸 デバ亀ランとか  よくあんなくらいライトで走れたものだと 感心します。

昨年11月 丹波でのクラブランで 帰路で暗くなってしまい 夜間走行したときのこと 
一緒に走っていたBill氏の自転車のライトが なんと 明るいことか! (ドイツシュミット製) 
自転車用バッテリーライトが 明るいとかのレベルじゃまったくない。
ほぼ 車かバイクの明るさ これなら 普通に夜間でも走れるというレベルなのだ。
一方 こちらは 明るいと思っていた充電式LEDライトを3つぐらい付けていましたが 「豆球よりはまし!」といった程度。 
明るいといえば 明るいが 地面の状態までしっかりわかるようなものではない。
結局 Bill氏の後ろを トレースするように ついて走りました。
(路面状況がわからない状態で走るのは怖いですよね~ 路肩が見えないので よけいです) 

目から鱗が落ちた気がした。 
実用車なら もうとっくに 付いてる。 
うちの家族の自転車も 半分は ハブダイナモに替えているし・・・ 
自分のパパチャリは 外ダイナモで LEDライト だけれど 凄く明るい。 
これを もっとスピード出している、山間部を走っている、ダートがある 道で走る愛機に生かさないのは 宝の持ち腐れ(まだ持ってませんけど) ちょっと 手を伸ばせば掴める距離にあるのに使わないのは ギルティ! なのだと・・・

ただ シュミットのハブダイナモは お高いので 手はでません。
シマノので結構です。
6V-3W用で 6000円ほどで手に入る。(シュミットの1/5です) 1万円ほどの シマノの高級タイプもあるようですが そこまで要らない。
まずは キャンピング車 の 650Bのホイール交換 から始めてみようかと。
DSCF2326-resize

次は 700Cランドナーかな!  
DSCF2546-resize

これで夕暮れの不安解消!かも (トンネル内も安心だね~)
秋は 夕暮れ早いからな~ 


外ダイナモには もう戻れないので(台座切っちゃったしね~)

※一台増えたら 一台減らさないと さすがに 自転車置き場が 満員御礼
  置き場を広げるより 使いやすく整理しようと思っています。
  重ねて置くと 奥のが出せなくなってしまいます。 ペダルがひっかかり ハンドルが邪魔です。
  細い見た目より 場所とりますね 自転車!
  涼しくなったら・・・この時期は 暑くて倒れそうになりました・・・整理しよう!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村