パッチときけば おじさんが 寒くなると履く ラクダのパッチ ではなく・・・
パンク修理に使う奴!! (関東では ももひき というらしい)

そんな必死のパッチ やなかった パッチですが
ほそいタイヤにつかっている チューブって ほんとに細くて・・・
ランドナー用の42Bやなんかの チューブだと でかくても大丈夫なんだけれど
細いチューブには はみだしてしまって つくものも着かない!のです。

先日 ふと 自転車(クライマー)見ると 後輪がパンクしとるやないかい~ どないなっとんねん! と 怒ってみてもしかたないので パンク修理することに。

チューブを引っ張り出しました。 
ほっそ~ ほんとにほそい 
(32C用だけれど ピッタリサイズがなかったので 28Cくらいのをつかっています)
 ロードじゃ 見慣れた 細さだろうけれど。

普段 ふといチューブしか扱わないので とにかく なんじゃこりゃ?って いうくらい たよりない太さ。 そこに手持ちの パッチをはってみたのですが・・・ 端っこがはみ出してしまい上手く貼れませんでした。 パッチ1つ 無駄にしてしまった~~

ロード用のほそいチューブには 小さいパッチが 必要なんだな~ 
工具箱を ゴソゴソしていると 小さいパッチがでてきて それを貼りました。 

太いタイヤ用は 直径25mm 細いタイヤ用は 直径20mm 5mm違いなんだけれど 見た目はかなり違います。 それに 20mmのは薄いのです。0.8mmだそうです 

予備がいるだろうということで 買っておきました。 モノタロウ が一番やすかったのですが
3500円以上で 送料がタダになるのですが 抱き合わせでほかに買うものがなかったので 次点の店で買いました。(送料無料で 810円でした)

DSCF0026-resize
DSCF0027-resize
DSCF0028-resize
DSCF0029-resize

糊無しパッチとかも 数種類でてるのですが 
未だに信用できないので 専用糊で貼っています。 

※必死のパッチ 大阪では今でも普通に使う・・・若いこと 関西人以外にはほとんど通じない
※ラクダのパッチ ラクダ色のパッチ 本物は ラクダの毛で作られたとても暖かい下着

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村