今日は 嫁さんと長男と3人で 
長男の単身用マンション 貝塚市まで 年に一回の 部屋チェック&掃除に 車で行きました。
行きは 息子が運転です。
普段 車には乗らないので(たまに営業で出ていたらしい)あやしい運転でした。

息子の部屋に入ると 嫁が笑いだして・・・「やっぱり こうなっていた」と
本好きの息子 とにかく 本にうずもれて生活しているようです。
実家にもたくさん置いてあるので もう 持って帰る余裕もありません。
風呂掃除やら 台所の整理やらして・・・結局 本は 置きっぱなしです。

遅めの昼飯のうどんを食って 息子と別れました。
  
思っていたほど 汚れていなかったようで 嫁さん ほっと安心していました。
帰りの車のなかで ・・・「女っけまったくなかったね~」って 喜んでいいのか・・・悪いのか

前置きが長くなりましたが・・・ 帰りの 近畿道は 私の運転です。
見ていると 酷い運転を未だにするやつがいます。

3車線 ウンカーもなしに横切るやつ。
車間距離をピッタリ 3mほどまで詰めるやつ。
縫うように 走行車線と追い抜き斜線を行ったり来たりするやつ。
一歩間違えれば大惨事をひきおこしそうな運転を なぜ 平気で出来るのでしょうか?
不思議でならないです。
そして そんな 不埒な運転をする連中は なぜか 外車とレクサス スポーティな車
あと ワンボックス(ハイエース)に乗っている。


あんな事故やこんな事件 エアガンで銃撃なんてのもありましたね~
捕まった奴が どんだけ晒されて 社会的立場を無くすのをみていても
やっちまう連中っているのですね~ 

ほぼほぼ あおり運転・・・ 大阪じゃ~ 日常茶飯事なのかもしれないです
一時間ちょっとの間に 5~6件見ました。
あと あおられる方も 追い越し車線をちんたら走っているとか 危険な車線変更とか イラっとさせるような 運転をしていることが多いような気がします。 
(もちろん あおり運転するやつが 一番悪いのはわかっちゃいるけどね~)

高級車・高性能車にのると ああいう運転したくなるのかな? 
捕まった連中の 情けない顔と あおり運転中の尊大な態度とのギャップをみて

『妖刀 村雨』 (持ったものは 人を斬りたくなる)という昔みた時代劇の話を思い出しました。
現代の車は まさに この 妖刀 なのかもしれない。
妖刀の霊力に飲み込まれるかどうかは 本人の資質にかかっているのだ。
弱い奴ほど 霊のちからに飲み込まれていくのだろう。 
制御する力が無い方は 車に乗るべからず なんだろうな!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村