今年の春に見つかった ジュビリー フロントディレーラーのヒビ 
30年近く使ってきたので もう 引退させようかと思っていました。
しかし 代わりになるディレーラーが イマイチ 気に入らない。
DSCF9767-resize
軸の受けの横にヒビがはいってしまいました

一応 サンプレックス と ユーレー・チャレンジャー を用意してあったのですが
軽量ランドナーにふさわしいとは 思えなくなって躊躇していました。
ほかに選択肢は・・・
そうだ 修理すればいいんじゃね!」って ひらめいて

当初は ステンレスの板を当てて 接着する!なんて 程度でした。
ディレーラに付けられる部分を 計測してみると・・・ ものすごく小さいってことに気が付きます。
いかにも 当て板 したような修理も嫌だし・・・ ってことと
出来れば 強度もみたして これ以上破損部分を広げない構造 のもの を取り付けたいと 欲がでてきました。
それなら 作るしかないのです。

※ 『ジュビリー削るアホ』 に続き 『ジュビリー修理するバカ』 登場です

角パイプのアルミ型押し材の 角を使うことにします。
板状の I型 より L型  アングルになると部材強度がぐっと上がります。

厚みが 1.5mm あるので 少し薄くします。 1mmまで 薄くした後 紙やすり 水磨き コンパウンド磨き して 表面を仕上げておきます。 あとからするには 小さすぎて持ちもできないので
DSCF9781-resize

角パイプの状態で ある程度磨いてから 卦引きして切り出しします。
Lアングル状態で 切りだします。

切り口をヤスリできれいにして 面取りし ピボット部分を肉抜きします。
 「いや~ ちっちゃい」 吹けば飛びそうな部品ができました。
DSCF9769-resize
ちっさ!
DSCF9771-resize
二面接着で振動を抑えて ヒビの広がりを防ぐ

ディレーラーを外して 綺麗にしておきました。
 (けっこう汚れがたまってました)
接着部分は脱脂して かるくサンディングしておきます(両面とも)

ジェル状の瞬間接着剤をつかいます。
面取り部分にも充填されることを期待して接着剤を付けました。

接着部分を圧着 固定  プライマーを吹きかけます(プライマーは 普通接着前につかいます)
かなり 薬品の臭いがきついです。 
しかし これを使うと びっくりするほど 強固に接着できます(たぶん)
DSCF9774-resize
瞬間接着剤硬化促進剤
アングル材 取り付け後 
それほど 違和感ないですね~ よかった
DSCF9777-resize
DSCF9780-resize

DSCF9776-resize

DSCF9778-resize
これどうやって作っているのか? って思います 本体とバンド部は一体物です

点検してみましたが 他の部分は ヒビ等ありませんでした。 バンド部分は 見るのが怖かったですが・・・ 当たりが良かったのか 無事でした。

ディレーラーを 本体に戻します マーキングしておいたので ほぼ取り外し前の状態でしょう。
DSCF9783-resize

取り付けネジを締めるのは ほんとに 怖いです。
もういいかな~ まだ もうちょっと締まるかも~ ヒヤヒヤしながら締めました。

DSCF9788-resize
取付完了!

「ジュビリー 修理してまで使うなよ~」 って 声が聞こえてきそうなのですが・・・ 
 


魔法瓶かいました!
お湯をいれておく 魔法瓶 
持っていたのは 長すぎて バッグに入らなかったので 短めずん胴 なのがないかと探すと・・・
DSCF9761-resize

ちょうどいいのがありました。 おかずや 汁物 いれて 保温 保冷できるものです。
軽い! 蓋がギュ~~と 確実に締まり 液漏れ無し! いい作りです
これで カップラーメン復活できそう (汁物のおかずを持って行くにもいいですね~)

携帯工具を 
輪行工具と 整備用工具に分けて持つようにしました。

ついでに ネジ類を点検 要らんもの使わなそうなものを外します。
現金も少しいれてあります。

一か所に入れると かなり 膨らんで 邪魔になっていたのですが・・・ すっきりしました。

分けて持つのは 忘れ物しそうで 怖いのですけれど
(工具 持ちすぎ というのもある・・・) しかし 無いと不安で・・・


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村