銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

2022年01月

大阪でも 朝方の気温がマイナスになる日が ここ数日有りました。
部屋の温度が8度を切ると さすがに 寝ていてもスースーします。
日中 気温上がらず 最高気温10度行かずと言う日が続いています。

山中では 気温計のあるところで4度 森林に分け入ると もっと低そうです。 
森閑としている 冷え切った山ですが 突然「ダ~~~ン~~~」って銃声が轟きました。
続いてもう1発 鹿かイノシシか・・・ この時期森に入るのは ちょっと怖いですね~

DSCF9334-resize
DSCF9335-resize
DSCF9338-resize
佐保川 毎年花見していた桜の木の根本に スイセンが咲いていました
DSCF6590-resize
春はこんな感じ

DSCF9345-resize
いつものお地蔵様 生け花はいつもきれいです 

走っていると 息が上がって 体温も上昇 胸元をあけて冷気を取り入れます。
登りになると さらに暑くてウィンドブレーカーの袖だけ 外します(マグネットで取り外し簡単)
いわゆるベストの状態です。 
胸は冷やしてはいけないと どっかの医者が言っていたので、冷やし過ぎないようにしています。
山の北側は ほんとによく冷えています。 永久日影の部分は冷凍庫にはいったような(入ったことないですが)冷たい アトモスフィア~ もう周り全部が冷え切っている。

いつものように 泉原到着 
風が少しあります。
里山テラスで おにぎりを1つ 時折 北風が吹きすさぶので 落ち着いて食べていられません。
喰ったらすぐ出発しました。
DSCF9350-resize
DSCF9356-resize

DSCF9361-resize
忍頂寺小学校の前

DSCF9363-resize
梅田の摩天楼群が見える スカイビルは形が独特なので判別しやすい


「さて 今日はどこへ行こうか」 カップラーメンは 竜王山の児童公園で食べようか・・・
先週行った 銭原までいけばまだ雪があるかもしれないけれど・・・寒いのにもうんざりしてきている
「オコタで みかん喰いながらテレビでも見たい!」なんてことは 言わないけれど 春よ早く来い!
(花粉も来るので そしたら山にはしばらく お別れだ)

安元の児童公園についた。
車が一台止まっていて 親子で遊んでいる。 1家族で1公園独占 なんて贅沢!
楽しそうなので ここは譲って 違う場所を探す。
DSCF9366-resize

DSCF9372-resize

DSCF9374-resize
藪の中 目を凝らすと メジロがチュンチュンと飛んでいて 可愛い

「車作の遊歩道の東屋! ここへ行こう」
そうとなったら 急傾斜地を下って 水車小屋の前にでました

DSCF9381-resize
当時は 水路の水を利用して水車を回していました
大門寺には 石臼が大量にあるのですが これは水車と関係するのか?ちょっとわかりません
DSCF9385-resize

権内水路の遊歩道 南の休憩所の東屋まで 走ります。 道案内板がどういうわけかないので 初めて来た人は 別の場所へ行ってしまうかもしれません。
車作の集落の道は迷路というかダンジョン状態 迷いながらあるくのも楽しいかも・・・

DSCF9388-resize
逆コースで入るのは 初めてかもしれません。 いつもは 山側から走ってくるので
新名神高速を走る車の音が かすかに聞こえます
DSCF9389-resize
DSCF9390-resize
ガーリックが良く効いています。チーズフォンデュ味? 謎のカップラーメンです
マグカップに刺して食べると 手が熱くなくて良いです
DSCF9392-resize
DSCF9394-resize
北の休憩所 東屋 こちらは日が射さないので寒いです さっさと下ります
DSCF9395-resize
安威川にかかる車作大橋 大橋とかいてあるけれど・・・ 
いま周りにデカイ橋がいっぱい架かっていて・・・
昭和45年竣工 って 1970年だね!万博の年か~
DSCF9398-resize
よく見ると 橋の下に誰かいますね~

DSCF9399-resize
こちら 車作橋 こっちの方が何倍もデカいけれど・・・

DSCF9405-resize
安威川ダムの裏側 水に沈む場所 底をさらっているようです





DSCF9410-resize
安威川ダム 今年完成予定
てっぺんまで石が積まれていよいよ完成 周辺の工事がまだまだあるようですが・・・




金属感を出すペイント や アンティークワックスなど 
昔からあるのだけれど・・・ほとんど外国製でした(しかも高価!)

東急ハンズなんかでしか入手できなかったです。
今は ネットで取り寄せできて 誰でも使うチャンス有ります。
100均でも 似たようなのがあるようです。

今回は 絵の具メーカーの ターナーから出ている 「ターナー アイアンペイント」を買ってみた。
 写真は 基本のアイアンブラック 
その他 アンティークゴールド ブロンズ シルバー そして プライマー
水性なので安全で 臭いも無い 溶剤使っていないので 換気を気にしなくていい。
後始末も楽そうです
DSCF9314-resize

早速 使ってみる
「刷毛の毛先を立てて 塗るか スポンジで 叩くように塗って行く」とある。
教科書通りに とりあえず 塗ってみる 

アイアンブラック なかなか 重厚な仕上がりですが、 
アイアンというより なんだか 黒い艶消しの物体で 
金属感は あまり出ていない。
DSCF9313-resize
 ドラフターはすっかり 工作台になってます

こっから 擦れや 汚れ  使いこなし感を出していく

ブロンズで すり減り感を出してみる 
角を狙って スポンジで押さえて行く
なんだか~~
「わざとらしい ありえない」 感じ!だ
 だめだこりゃ~~ 
塗りは 難しいのだ!
DSCF9316-resize
DSCF9318-resize
裏の方が 出来がいい 

ちょっとづつ 修正していく
「なんか 良くなってきたかも!」
自然な感じに仕上がってんじゃない?
 
これは 作れば作るほど 腕が上がる感じがします。
どんどん作ってみましょう!
※すぐに乾いてくれるので 作業は楽です。 オイル系だと1日待たないと次塗れないので大変です

出来た作品は (売れそうにないので) 姪っ子の引っ越し祝いやら に使いましょう。
(もらって 嬉しいか? それは わかりませんけれど・・・)


塗りのお手本は 真鍮製本体のブラック塗装 ニコン ニコマート 
 擦れ感は・・・ 思っていたより少ないですね~
ハーフカバーを使っていたので 思っていたよりは 痛んでいません。
塗装がいいのか 禿げていません(俺とえらい違いや~~)
しかし 
重いです。 昔のカメラ こんなに重かったのですね~ 
DSCF9327-resize

建築欧州視察のイタリアで シャッターが下りなくなって 
なんと あちらで ニコンFE10を買う羽目になりました。
プラスチック製のカメラ 安っぽかったけれど なんと軽い! 
そのあとニコマートは修理にだしましたが 使う機会はなく ずっと 眠ったまま。
いちおう 水銀電池から 今の仕様の電池でうごくように改良はすんでいます。 
久しぶりにシャッターを切ったら 露出計はまだ動いていました。
20数年前に入れた切りの電池ですが・・・ 
  パ・ シャ! 
なんとも ゆったりした シャッター音 シャッタースピードは 1/1000 最高速ですでけれど 
懐かしいカメラ たまには 出して 玩んでやらないとダメです

DSCF9323-resize
これ 首にかけて走っていました 重かった って当時は思わなかったのだけれど・・・
DSCF9328-resize
FE10 裏ブタのモールのスポンジが溶けています 
フィルムを入れることはもうないけれど・・・


先日買った 石油ストーブのお陰でぬっくぬくです。 
 冬でも 作品作りができました。 
縮こまっていては いけませんね~ (極寒の工房での作業は もうちょっと先になりそう)

※ デジスワップ アナログカメラにデジタル接合するアダプター
  それを iphoneで撮影! なんのこっちゃと思うけれど・・・
  古いフィルムカメラのシャッターにデジカメを嵌めこんで 撮影できるようにした装置。
  頭では考えていたのだけれど やっと 出て来た! ニコマートも使えるようになるかもしれない


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

先日 ヤマハの電動アシスト自転車の宣伝をみた。

キャンプ装備の電動アシスト車!
「こんなのもできますよ!」って 感じのキャンプ装備なんですが、
うかつにも 「それ 下さい!」って 心の声が 聞こえてしまいました。

キャンプツーリングには 行きたい。
しかし 足は弱り 膝はガクガク 
荷物無しの 近場の山の坂で苦戦しているのが現状・・・


リアカーを引いた 宅配の電動アシスト車が 家の前を通る。
もう 見慣れた光景になりつつある。
子供乗せの自転車も 大半が電動アシスト車になったように思えるし・・・
なぜか 学生らまで 電動アシスト車 おいおい いまから 山坂でも登るのか?って
この辺は 平地だから それほど 登りは無いはずなのに・・・
必要ない人まで 電動アシスト! 「そんなんじゃ~脚力着かないぞ~」って 要らん心配。
123-5
1983年北海道
DSCF2637-2
DSCF2667-resize
2015年 隠岐の島 キャンプツーリング復帰

DSCF8206-resize
2019年 淡路島
DSCF3363-resize
2020年  キャンピングスタイルはあまり変わっていません
自転車はいずれも同じ アルプス・クイックエース (ブルホーンに代わっている)


本題に戻り・・・
いまある キャンピング車で どれだけ走れるか? 
この10年内に 北海道へ行きたいのだけれど・・・
学生の頃のような 重装備は さすがに無理だろう。
キャンプ用具は 軽い物を選んで持っていくようにする。
夏限定なので 衣類もシュラフも軽い物で大丈夫?
峠越えなんて できるかな?
走る距離は・・・調子が出たら 100キロは走れるかな~ 
北海道の道は距離が伸びるからな~ 
でも今 膝の限界が60キロしか走れない現状 
1日でリタイヤなんて 嫌な想像をしてしまう。

電動アシストなら ほんとに 行けるのか?
1泊二日なら 電動アシストでも 何とかなるだろうけれど
1週間とか 2週間とかになると 話は 違ってくる。
EVと同様 充電の問題だ!
電気設備のあるキャンプ場限定 そんな アホなキャンプ場選びができるか~~ってんだ!
バッテリーは 日進月歩 性能が上がっているとは言え!
(ヤマハ スタンダードモードで 100キロ アシストできるとのこと)
1充電で 荷物の重量も考えて 2日程度しか アシストモードは使えないってのが 現状じゃないだろうか。
意外とというか実際航行できる距離は大したことない。
充電できないと お遊び程度のキャンプしかできない自転車だというのが現実のようです。

今日もまた・・・
最近里山へ行くと たいがい 普通の人 電動アシスト自転車に 抜かされる。 
山の上に住む人たちで 免許持たない人や 若い人達だ! 


サイクリング車に乗っている私を
ふつうの おばちゃん おじちゃん に抜かれるのは かなりショックを感じる。
(たまにアシスト無しの ママチャリで抜いていく高校生なんかもいるけれど・・・)
グイグイ登って行く様を見て 一昔前の電動アシストとは かなり性能があがっているのを感じる。 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


今朝 娘が何かの薬を飲んでいるので 「風邪でも引いた?」と聞くと
「花粉!あれるぎ~~~」って 

あ~~~そうだった オミクロンってばかり聞いていたので すっかり忘れていました。
杉花粉のシーズンでした!

そう言えば 昨日から 目がシバシバ 鼻水がタラリ~~ と なんか症状がでています。

出かける時は マスクしてるから 花粉もウィルスも 大丈夫?なはず 
目は 昨年買った ゴーグル機能付きのメガネ 
でもこれ マスクと併用すると 曇り止め機能が付いているのですが お構いなく 曇ります。 
(曇るなんてもんじゃなく ほっておくと 水溜まりができます)

妙にだるいのも 花粉のせいか? 
頭がボ~~ってのも 
なにが なんのせいなのか(オミクロンじゃないよね) 
まったく わかりませんが 
とにかく 気を付けているしかありませんね~


あ~ また面倒な季節がやってきた~ 
春の訪れが嬉しくないなんて 人生最悪です!
とりあえず アレルギーの予防薬を 買いに行ってきます。
(まだちょっと早いような気がするが・・・)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

今日 1月23日(日)は 朝から寒くて お天気は曇っています。
午後は雨だとのこと・・・
残念ながら 出かける気分にはならない・・・
(まことに勝手ながら)日曜日は晴れて欲しいものだ!

朝は寒すぎて 起きられなかった・・・室温8℃ 蒲団の中でも寒い

前日 22日(土)は とてもいい天気でした。 すこし淀川河川敷を走ってきました。

DSCF9286-resize
安威川の下流です いつも走っている山々が一望です

DSCF9287-resize


将棋の藤井君 いま高槻市摂津峡の温泉で 王将戦を戦っているとのことです。
「あの辺かな~」 高槻の山側の住宅地を抜けたところに 摂津峡があります
DSCF9289-resize
藤井竜王は はにたん最中とオレンジジュースをおやつ採ったとのこと
はにたんは 高槻市のユルキャラです (埴輪キャラ)

しかし いい天気 そして 空気が澄んでいること! 遠くまで良く見えます
DSCF9297-resize
中央が いつも走っている泉原方面
DSCF9299-resize
そして 竜王山

DSCF9294-resize
DSCF9295-resize
DSCF9300-resize
DSCF9302-resize
DSCF9307-resize

行きは向かい風 帰りは追い風 2時間ほど気持ち良く走れました。

向かいに 生駒山  遠くに六甲山 山に囲まれた大阪平野です。  
DSCF9311-resize
生駒山
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ