銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

2020年03月

3月29日(日)
朝方8時に目が覚めた。
雨模様で真っ暗な空でしたが 
午前9時を過ぎると カーテンを引くように綺麗に晴れました。(このあと関東で 雪になった)

家を出立したのは11時前 北風が猛烈に吹いています。
自転車が走りながら傾きます。
まるで嵐のようです。 気温も低く 10度 
春爛漫の数日前は 20℃近くあったので これは 堪えます。
DSCF2360-resize
市内桜通り

コンビニで 昼飯を買って 出てきたら、 あら~ 自転車倒れています。
強風でひっくり返ったようです。 
DSCF2193-resize
こんな状態だったのに・・・

DSCF2364-resize
DSCF2363-resize

「あ~ やっちまった~」 
ハンドルに付けていたミラーが 取れて転がっていました。
気に入っていたので ちょっと ショック (ゼファールのミラー)
かなり ショック~~~ です。 
ミラーが 無いとちょっと不安 ハンドルとしては すっきりしましたけれど・・・
DSCF2367-resize
安威川ダム工事現場と 竜王山

北に向かって走っていますが 北風に逆らって走っているので 進みません。
「どこかで 山に入って 風をかわそう!」 真っすぐ走れないので 危ないと判断しました。 
車作トンネルを抜けて 分岐で休憩 ここから先は 側道が無いので 車と並走になります。
車と走るのは危険なので ここから山に入ります。
DSCF2378-resize
DSCF2379-resize
DSCF2382-resize
右真っすぐだと 亀岡へ行きます 左へ入ると 昔の車作大橋(ものすごく小さい橋ですが)

さて すすむ方向は 2択です。 
1.車作林道へ行く
2.竜王山を抜けて 見山へいくか 水路沿いにポタって帰る。

1は先日行ったので 2を選択しました。 とりあえず 権内水路の東屋までいって 昼飯です。

山桜が あちこちで ぽっと炎をあげたように咲いています。花弁が小さい白い花です
滋味な色味なので ソメイヨシノの華やかさはありませんが 清楚な田舎娘のような清らかさがすきです。
強い風で 何処かの白い花が いっぱい散らばっています。
風よ吹くなよ! ・・・谷間を渡る風は樹々を揺らしてとおりすぎていきます。 
DSCF2385-resize
DSCF2388-resize
DSCF2391-resize
DSCF2394-resize
DSCF2395-resize

新名神の恐ろしく高い 橋脚をみながら下をくぐります。 人間ってすごいものをつくってしまうものだと 感心してしまいます。 

急坂を登ると 権内水路にでました。 だれか休憩しているかと 思っていましたが 人っ子一人いません。 
DSCF2400-resize
DSCF2401-resize

寒いので いつもの魔法瓶じゃなくて ポケットコンロで湯を沸かしました。
カップ麺には やはり沸かしたての熱湯がいいようです。
(魔法瓶ではお湯がすこし冷めてしまいます)

山に入って 清坂集落へ抜けようと思っていましたが、前日の雨で少しぬかるんでいたのでやめました。 山道の最後に ぬかるみ地帯があるのですが 雨でさらに 酷くなっているはずです。
靴も自転車もドロドロになってしまうのは 火を見るよりも明らかで・・・寒いし 水仕事になるのは嫌ですから
DSCF2405-resize
水路がずっと続きます

水路沿いに ポタって帰ります。ほとんど水平にちかい 遊歩道 気持ちよく走ります。
おっと なにか 道にいます。 モフモフのしっぽ
「リスだ~~」 野生のリスがいました。 野生のリスは 京都北山旧花脊峠でもみました。(公園にいるシマリスは ペットが野生化したやつなので カウントしていません)
すばしっこく 逃げてしまい カメラは間に合いませんでした。
DSCF2409-resize
DSCF2413-resize

ウグイスのあちこちから 啼き交わす 
いい声につつまれて
遊歩道に もう一か所ある 東屋に到着。
こちらは 日当たりがよくて 風も当たらずで ポカポカしています。
誰もいませんし・・・しばし 青空をみながら 呆けています
DSCF2415-resize

寝っ転がりながら・・・
「そいえば ローギヤに入れたときに チェンが スポーク側の内側に落ちた・・・
それに トップにチェンが落ちない」
「こけた時 ぶつけたのか」 あわてて 起き上がり
ユーレー・スーパーアルビーを点検すると なにやら 少し内側に傾いているかも・・・ 
DSCF2416-resize
車作集落から 車作橋を見る
DSCF2436-resize
市内

帰宅後 点検台に乗せて 変速機をいじってみる。 
調整ネジをいっぱいまで回しても トップに落ちてくれない・・・やはり 歪んでしまった?
丈夫で有名な アルビーだが 割と簡単に変形もするようで 手でネジって修正したら なんとかトップに入るようになりました。 傷ひとつないので 安心していましたが ぶつけていたようです。
DSCF2438-resize
えい やぁ~で エンドとディレーラーを戻します
良い子はマネしちゃだめですよ

ええこともありました!
上等なコンビーフ貰いました!
なんか 大層な コンビーフ  
「ふるさと納税で 送ってきた」というのを、 貰いました。
(うちが 納税したのじゃない・・・) 

ところで コンビーフって どうやって食べるの?(30年くらいくってません) 
料理に使うほどの量がないので 1缶 家族5人で分けて そのまま食ってみました
滅多に褒めない 嫁が 「美味しい!」と 肉の旨味がじわ~~とっ 口の中に広がります!    
DSCF2356-resize
DSCF2357-resize

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


細い魔法瓶ボトル65Φ 普通のゲージではゴソゴソです。
可変式のボトルゲージ どっかで見たなぁ~ と 探したら トピークというメーカーのがありました。
そっくりの 安い版もありますが、作りが悪いと 評価されています。
本家本元 に敬意を表して トピークのを買いました。
DSCF2347-resize

なるほど ここのねじで 前のゲージが出たり入ったりするわけか!
DSCF2348-resize

どれどれ ボトルを入れてみる。
DSCF2349-resize
DSCF2350-resize

600ml用の 魔法瓶ボトル 細長い 
押さえる位置が低いので 飛び出さないか ちょっと心配

擦れて 塗装が剥げそうな部分に バーテープを細切にしたのを貼っておいた。
DSCF2351-resize

先日までは 寒さ対策がメインであったが 4月過ぎると 暑さ対策が必要になる。
保冷ボトルでもいいのだけれど・・・ ほんとに暑くなったら ぜったい 魔法瓶ボトル!が有効です

DSCF8577-resize
5~7年前に買った ポラーの保冷ボトル 蓋が割れて全滅 あたらしいのを買った

DSCF1840-resize
DSCF9761-resize

銀色の デカイのは 真夏用で 1L タイガー魔法瓶・サハラ 保冷専用 
 こちらのゲージは 昔むかしの ゲータレード1L用のボトルゲージ 
30年前のをすこし いじって 入るようにしました。

赤いのは 500mL 保冷保温できます。(カップ麺用の熱湯をいれています)
このサイズの ボトルゲージってありそうでない。 
メーカーも 作ってくれたらいいのに!

ちょっと まだ 季節早すぎましたね~~


注文頂いた スマートボール台 3台 制作中です
新型コロナウィルスの影響で 各地で イベントが中止になっていますが・・・
 この台も どこかのイベントで使うとのこと。(どうなるかな?) 

ことしまだ 騒動が大きくなる前に 「実物が見たい」と 見学に来られたお客さん。
ちょっと間が空いたので 「注文がキャンセルされても 仕方ないなぁ~」 と思っていたのですが
予定通り 3台 買っていただけました。

ただいま 組み立て8分で 塗装しています。 
このあと サンディングして もう一度塗装し、組み立て完了させます。

オスモの天然塗料(ドイツ製)は 乾くのに丸一日かかるうえ 
 気温が低いと もうちょっと時間かかります。(冬は2日かかることも)

DSCF2352-resize
サンディングして 塗装準備

DSCF2354-resize
DSCF2355-resize
一度目の塗装 外で塗っていたのですが 強風で・・・ 屋内退避しました

乾いていないと ネチャネチャしてます。 最初の塗装で 木材の表面が 毛ば立ちますから サンドペーパーでヤスリます。 次に塗ると 乾くとツルツルになります。 
直接 手に触れる部分は さらに ワックスを塗りこみます。
家具なら もう少し丁寧な塗装法を取るのですが スマートボールなら この程度でいいでしょう。

お天気は良いのですが すこし冷えるので 乾くのに時間が掛かりそうです。
組立は 週末かな!


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



春が いやな季節になったのは もうかれこれ 10年くらい前か~

それまでは 杉花粉も平気で 杉のたくさんある 京都北山などにも入っていました。
わざわざ そんなところへ行かなくてもよかったかもね!と今は思います。 
花粉で 空が黄色く変色しているようなところも走りました。
そんなことしてるから・・・
許容量をオーバーして 花粉症のスイッチが入ってしまいました。 (バカですね~~)

ようやく・・・
杉花粉が終息して こんどは ヒノキらしいです。 いまのところヒノキには 反応していないので
ひとまず 安心しています。 
これも 容量オーバーの危険があるのですが、 ヒノキが植わって量は 杉とはくらべものにならないくらい少ないようです。 
ヒノキは育てるのに手間がかかるうえ 採れるのに5~60年かかる(杉は40年)林業関係者が減る一方なので 手間のかかる樹種は 敬遠されるのでしょう。

 
※ 住宅にヒノキをつかうようになったのは 戦後だという話。 
ヒノキは 神社仏閣に使うもので 住宅には使わない物だったのです。 大木は 伐採でなくなってしまい 首里城の再建には 台湾産のヒノキが使われました。 それも 消失したので 再再建はどうするかなやんでいるらしいです。 台湾のヒノキ 首里城に使うのが最後との約束だったようです。(まさか焼けるとは思ってもみなかった) さて どうする? 漆塗りにするなら 集成材や寄木でもいいんじゃないの?っておもうのですが・・・ (漆がよく燃えた原因でもあると言っていましたね~ 難儀やな) 

花粉症に話はもどり・・・
かみさんは 松とブタクサ に反応するとのことで 花見のシーズンは 花粉症で顔がむくんで 涙目です。 「大丈夫か?」「なんかあったんか?」って 周りにすごく心配されるのですが・・・ 
 「花粉症なんで」と いちいち説明しないと・・・ 夫婦仲まで心配されるしまつです。

3月21日(土)
そんなこんなで 久々 見山の郷へ  快晴で暖かい(15度ですが気温以上に暖かく感じます)

茨木市の桜通りは まだ 早咲きの種類以外は咲いていません。 
蕾はまだまだ硬そうです。 
あと1週間くらいかな? この暖かさが続いたら アッチュウマに咲いてしまうのかもしれませんが
気の早い人達は 咲きかけの花の下でござ敷いてお弁当食べていました。

DSCF2228-resize
桜だけじゃない

DSCF2271-resize
DSCF2241-resize
DSCF2243-resize
DSCF2323-resize

泉原から 見山まで 気持ちよく晴れて 遠くまでよく見通せます。
高雲寺の高台で 昼飯
DSCF2261-resize
竜王山がきれいに見えます
DSCF2246-resize
DSCF2247-resize
DSCF2253-resize
また買ってしまった・・・ 抹茶ヌードル以来のうまさじゃない?

見山の郷で ちょっと休憩  かなりの人出です。
ピザを焼いてました ちょっと お高い!
DSCF2262-resize
土日だけ営業だそうです
長谷から 狩待峠へ 坂道をせっせと昇ります
DSCF2266-resize
長谷の谷 いつ来ても 気持ちいい景色   ウグイスが啼き交わしています
DSCF2275-resize
樹々に抱かれた生活 大変かもしれないが 憧れるな~

DSCF2284-resize
九十九折を登ると 堀切の名無しの峠
DSCF2286-resize
DSCF2296-resize
下ると 狩待峠  
バブルの頃の名残の 住宅が5~6軒 寂しく建っています
狩待峠から向こうは 京都府になります 通勤通学とてもたいへんそうです 
DSCF2297-resize
いざ 鎌倉! と 京都にも 鎌倉がありました 鎌倉神社
DSCF2302-resize
日の光で温まった 石段にすわり 小鳥のさえずりを聞いています 
まったりと時間がすぎる
石段の脇に 小さな花がいっぱい咲いていました。
DSCF2312-resize
半分茅葺家屋も無事そうです
DSCF2318-resize
イベントは 中止かな~ ぽつんとポストが・・・

DSCF2320-resize

DSCF2326-resize
定点撮影地を通過 
DSCF2331-resize
大阪と京都の府境 清坂峠 
京都側は道が2車線で綺麗ですが 大阪側は1車線で林道のような道になります
最近 交通量が多くて・・・
 すれ違い出来ない道なのに・・・ナビのせいでしょうね
DSCF2332-resize
竜王山 北側 清坂集落の入り口です

やはり 春の山の景色 いいですね~ 新緑の中 鳥が囀ります。
暖かくなると 虫も出てきますけれど・・・ハナアブくらいなら 可愛いのですが

ちょうどいい気温 ほとんど汗をかかず過ごせました。 
最後のくだりだけウィンドブレーカーを羽織りました。
DSCF2238-resize
DSCF2338-resize
ここだけ 満開

DSCF2341-resize
教恩寺の高台から あれ?交通渋滞してる 
THE FARM 大繁盛です http://the-farm.jp/
DSCF2343-resize
「大阪のローカルTVで吉本芸人が紹介してたからな~」一気に人が来るようになったようです

皆 行くところがないのかな~ 
目の前に 一杯綺麗な景色が広がっているというのに・・・

最後に 愛車ディチール
DSCF2255-resize
DSCF2256-resize
47tx38tx27t
DSCF2257-resize
DSCF2258-resize
DSCF2259-resize
DSCF2295-resize
DSCF2345-resize
ユッチンソンパターン

アルプス・クイックエース  今回も快調に走りました!
 輪行が楽なので 遠出には最適  
 蝶ネジひねるだけの 分割リアガード やはり楽です。 
他の自転車も 分割加工しようかな? 
分割部は痛みやすいのですが、この楽さには抗しきれない!
今年は 輪行で出かける機会を増やしたいと思っているので・・・ ぜひ



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

いつもは遅く起きてくる 次男 
今朝は 早めに起きて 冷ご飯で 朝食を済ませたという。
「きょう なんかあったっけ? 卒業式は 中止やな」と聞くと
「卒業式は 中止になったけど 卒業証書をもらいに行ってくる。」とのこと
各研究室で 卒業のお祝いをするそうだ。 
「行ってくる」と スーツ着た
 手を振る息子の姿に 成長したな~ って ちょっと感動。

私と違い 細くてひょろひょろで
小学校から中学校まで 野球三昧!(ちょっと身体がしっかりしたけど やっぱりひょろひょろ)
いつもベンチで かわいそうでした。が なんとかやり遂げて(当時の監督には ほんと腹が立つ )
高校から始めたギターは メキメキ上達して 大学のギターサークルで 何度もコンサートひらいていたようです。(結局一度も見たことないけれど・・・)

私は 音楽センスがまったくないので 母親の遺伝でしょうか。
とにかく ギターに巡り合って 仲間もできて 大学も無事卒業でき、いい 青春を過ごせたと思います。 (大学入ったら ついでに 嫁さん候補を探しておけよ!って 言ったのに・・・世間に出るとおらんもんやぞ~)

4月から 新入社員として 働きに出るのだが・・・ 通勤に1時間半もかかるので いずれは会社の近くで暮らすようになるでしょう。
(とりあえず1年は 家から通って 金を貯めるように 母親から言われたようです)

まだ 行ってもいないくせに・・・
大手のしっかりした会社のようなのですが「一生働く気はない」と 言っているらしい。
今時の子らしいな~ それとも 私の血をひくからか? 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

暖かくなったかと思ったら また寒くなって・・・今朝は 零下まで冷え込んだ大阪です。
昼間も そんなに 気温上がらずです。 (3月17日 火 現在)
お彼岸には 暖かくなるような予報がでています。 
やっぱり 寒いのは 嫌! ぬくいのが 好き~~

先週末 Bill氏と2人
今季最後の 湯豆腐 工房飲み会

「やっぱ 土鍋やな~」
 家では IH鍋なんで 土鍋は 工房でしか使いません。
IMG_3330-resize
群馬県の豆腐! なんと 遠いところから・・・

湯豆腐は 家ではしません。 ほとんどが 寄せ鍋で 最初からうどんが入っています。
我が家の うどん消費量は かなりのものでしょう。
カレーの翌日は よく カレーうどんを作ります。
冬は やっぱり 暖かいうどんだね~ やっぱうどん 最高!
違った 湯豆腐の話でした!

湯豆腐用に ちょっと良い豆腐を買ってきました。 
普段食っている奴の 3倍ほど って言っても 豆腐だから しれているのですけれど・・・
ちょっと贅沢しても お金かからないのがいいですね~ 
(先日行った 嵐山では、 湯豆腐は 凄く高くつきますのでお気をつけ遊ばせ)
京都の食い物は 「高い おそい 水くさい」 と 大阪人が酷評していますが 
湯豆腐は例外で おいしいです。 
  ※(水くさいが 通じなくて・・・最近の大阪の人にも通じません 味がないことをいいます)

京都の水と豆腐 まろやかになるまで煮込んでお食べください! 美味しいのは 湯豆腐くらいなのでと・・・・京都の人に怒られそうです。(うちの義姉は 京都 紫野の人です 料理上手ですよ)

土鍋に 水と酒 塩を一つまみ 昆布を敷いて 豆腐を煮て行きます。 
ちょっと 長めに茹でるほうが とろけるように美味しいと 何処かに書いてあったので 実行しましたが 豆腐にス(鬆)が入ってしまうので 適当なところで 食べたほうが良いと思いました。


IMG_3331-resize
IMG_3332-resize

生姜ニンニクたっぷりの鰹のたたきと サラダ しぼりたての美味し酒! 
もち 湯豆腐もうまかったな~~ 

また 季節がめぐって 寒くなったら 「湯豆腐」 作ろう!
IMG_3329-2
このあと 野菜とカシワを入れて食べました!

翌日の 京都嵐山には すこし 二日酔いで 頭が痛かった・・・で 走りました!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







 

↑このページのトップヘ