ブルホーン
ニットーのブルホーンハンドル なんだか いまいちな形なので いろいろ探して
これにしました。 
DSCF9141-resize

DSCF9143-resize
W=400  Lugという社名の物 

合わせるブレーキは ギドネット 
フーデットは余っているのがあるのだけれど・・・
ギドは 手持ちがない。 マファックは手に入りそうにないし・・・ダイアコンペだな~
廉価版の ギドネットが出回っている(半額くらい)が 精度がわるいらしい。
タイコが入りづらいとからしい・・・見た目は ダイアコンペのコピー 

マファックのギドネットしか使ったことが無いのだけれど ダイアコンペのは 剛性が高そうな感じがする
先っちょの玉が気に入らないので たぶん削ってしまうだろうな~ 
  ちょっとだけ残して 指が掛かる程度に・・・


要らぬ?買い物!
要らぬ買い物をしてしまい・・・今月は 早くもピンチ
ヤフオク恐るべしやな~ 
アームの長い リヤディレーラーを見たら 欲しくなってしまうので、
(ようするにキャパのでかいやつ)
ユーレー・ジュビリーと サクセスの予備があるのだけれど キャパが28tしかない。 
昔なら問題なかったのだが・・・だんだん フリーのギヤの歯数が 大きいものを使うようになってきたので キャパが足らないのです。
DSCF9138-resize
DSCF9135-resize
DSCF9133-resize
錆と言っても この程度 モーマンタイ!やで~

要らぬ買い物 それも 2つも・・・ 
昔から欲しかった カンパ・ラリー 2型
こんな機会はめったにないだろうと 手をだしてしまいましたが 競ることもなくあっさり入手
むちゃ美品でした (キャパ41t)
カンパ・ケンタウル 
ケンタウルは マウンテンバイク用 新品 
ちょっと錆があるからと安かったのだが 現物見たら ほとんど問題ない状態でした。 
いまディアゴナールについている物と同じ。

ラリーと ケンタウル 意外だけど ケンタウルの方がずっと重い。(ラリー231g ケンタ304g)
MTB用途ということで かなり丈夫に作られているようだ。内アームは鉄だ!
(ちなみに ジュビリー140g サクセス170g ドッパーチタン260g)

DSCF9140-resize
プーリー間は ケンタウルの方が長い(ケンタ88mm ラリー76mm)
(送料含めても 2つで 2諭吉でおつりがきました 良い買い物だったのでは・・・)

おまけ
息子の通学用 内装3段27インチ自転車 
「駅の駐輪所で空気を入れたら その帰りにバーストした」と・・・押して帰ってきました。
見たら バルブの近くで チューブが見事に破裂しています。
「しゃーないなー もー」と 前回外したチューブ まだ使えそうなのがあったので それと交換。 スタンドに泥除け おまけに 3段ギヤ変速までついているので 交換やっかいなんですよね~

タイヤの交換など2回ほどやっているので 手慣れたもの?とはいえ 面倒この上なし
組み立てるときが また厄介で スタンドが重みで垂れる! 内装3段の変速機の棒(中空シャフトの中に入っている)が邪魔で ナットが絞められない! イライラする作りになっています。
なんでも 自分でするといいながら・・・他人のなら 絶対やらない
(自転車屋で交換したら ¥6000~くらいかな)調べたら そんなにしないみたい
  (工賃だけで1200~3000円くらいだそうです)
 
実用車のタイヤ交換するといつも思うのだけれど・・・
 サイクリング車のタイヤ交換が どれだけ楽か!と


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村