ランドナーに チタンフレームというのは 私の環境においては現実的ではないことがわかった。
もう一台 フレームをオーダーするっていうのも 懐具合から 当分無理そう。
小径車ランドナーも 同様に 無理そうだ。

現実を見据えよ!」と 天の声が聞こえる・・・

「そうだ そうだ 最近出番のない アルプス・クライマーを投入だ!  
軽いし マッドガードもついているし キャリアーこそついていないけど 
軽量ランドナーにするには ちょうどいいかも」と 思うようになってきた。

クライマーは もとから ハンドルを交換し易いようにと ブレーキケーブルのアウター受けには がはいっているのだ。 (ハンドルから アウターとインナーワイヤーをごそっと外せるのだ)
もう一組の千鳥までのブレーキケーブルがひつようになるけど・・・よく考えられている。
現在は オールラウンダーハンドルが付いているが、これを ブルホーン+ギドネットブレーキに交換して フロントバッグは ハンドルに付ける簡易キャリアーで。

パスハンに出かける時は デイパックに サドルバッグというスタイルなのだが、
ランドナーとしてつかうには やはり フロントバッグは外せない。 
できるだけ 荷物を背負いたくないのだ(腰痛いし・・)

あとは タイヤを 650x36Bのタイヤから 650x32B に交換 
ちょうどホイールが一組空いているので コースによって付け替えできるようにしよう!

現在ついているホイールは 
リム:グランボア・スカラベ32穴 スポーク:星 #15プレーン 
ハブ:サンツアーシュパーブプロ 32穴 リアはw=120 こちらに軽量32Bタイヤを付ける。

予備のホイールは リム:グランボア・スカラベ36穴 スポーク:星 #14プレーン
ハブ:サンツアーシュパーブ36穴 HiLo リアW126に無理やりしているがもと120
スポークを少しいじらないとだめなのだ(すこし面倒) 
こちらに 今ついている36Bタイヤを付ける。ダート走行も可だ

見えて来たぞ~~~
ハンドルと ホイールまわりの変更だけで それっぽい 軽量ランドナーができそうだ!

新規に購入するものは ハンドルとブレーキレバーと タイヤくらいだから 予算2万円以内!でなんとかなるだろう。 

膝を痛めてから 登山やらできなくなって パスハンにもでかけられないから 当然出番が少なくなっていた クライマー。 これで日の目をみることになりそうだ! 
なかなか いい案が出たな~! 

これで ランドナーだけで 3種類揃うことになる (使い切れるのか そっちも心配)
重量級 キャンピングを兼ねる アルプス・クイックエース 
700Cランドナー 我が主軸自転車 宿泊まりの旅や 長距離ランには ユーラシア・ディアゴナール
そして 
軽量ランドナー 片手で持てるので 輪行での日帰り旅はこちらが優先かな アルプス・クライマー

ファストランには TOEI 700x26Cの ツアラーがある!
輪行・車載 ブラブラ街旅には小径車 ダホン・キラ! 

なんと 豪華な 夢のようなラインナップでしょうか! 


自分の走りは やはり ランドナー中心だ!
ロードは乗る気はないし(そもそもレースには 全く興味がない)
小径車には ちょっと懲りたし・・・
マウンテンバイクは 縁が無いし
リカンベントも なんだか違うし 
ファットバイク・・・砂浜とか雪上走ることがあれば考える 
入手できるなら タンデムが欲しいのだが・・・後ろに乗ってくれる人がいるのだろうか? 

※ 特化しすぎたのが かえってあだとなるかも・・・いまクライマーのフロントギヤは 42x26T
後ろは 15x28T(5S) 下りは言うに及ばず 平地を走ると ・・・脚が余ってしまうのだ。
山専用にして来たからな~~ 
のんびり走るにはいいのだろうけども・・・ 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村