この前走ったのって 何時だったかな?
 ってくらい 間があいてしまったような気がします。

実際 ブログを見ると 6月23日はしったので 3週間ぶりでした。 
7月15日(月) 梅雨の晴れ間
それ程暑くない ありがたい 風がある 涼しい・・・けど
登り始めると やはり汗が噴き出す。


DSCF8711-resize

今日は フジタのサドルを馴らすために アルプスで走っています。
650x42B パナ グラベルキング ほんとに軽い走行感 
昔のケシゴムタイヤとは まったく違う乗り心地ですが・・・でも登りに入ると やっぱり 重い!
自転車自体が 重いですから しかたない。
DSCF8746-resize
DSCF8709-resize

サドル ヤグラの締め付けが緩かったようで 上下に動く。
工具だして 締め付けるのだけれど どんどん締まる。 「やば~ どんだけ締まるんや~」
内心 ポキリと おれないか心配になるくらい。 軽合ベースもかなり引っ張られているみたいだし
鉄なら 思いっきり締められるのに・・・ 手加減が難しい
DSCF8744-resize

あと サドルのテンションボルトが何故かゆるゆるで 何度締めても緩んできてしまう。
軽合ベースって 難しいものだ・・・

一方 サドルは 初めて乗るにしては 快適です。
革が柔らかいのと 形が日本人向けの尻の形になっている?おかげかと
一日乗ってみたが 特に痛みを感じることはありませんでした。
それに比べ
昨年のブルプロの慣らしは きつかったですよ 
痛くて 身を(尻を)よじっていましたからね~

フジタのサドルといえば 石サドルか みにくく広がってしまうキクラゲサドル ってのが定番(うちの大学のクラブ内の話です)でした。 
 (イデアル88番の拷問サドル とういのもありましたが・・・)
手入れの問題もあるのだろうけれど・・・ 革サドルには当たりハズレ が大きいですね!
このサドルは 大当たりでしょう!(まだ 評価するには時期尚早かな!?)
DSCF8700-resize
DSCF8707-resize
DSCF8714-resize
DSCF8712-resize
DSCF8718-resize
この 木陰が涼しいのです

お昼は 茨木市佐保のお寺の横の神社の石灯篭 いつものところです。
 大きなもみじの木陰で さらに 風の通り道になっています。
DSCF8721-resize
DSCF8722-resize
巣が壊れたのかな?
DSCF8724-resize
一羽もどってきたけれど・・・巣立ち直後の若いツバメのようです 
壁にへばりついています 
どちらも大きいけどまだ 雛なんだ

DSCF8728-resize
緑が深くなってきてますね~ あ~気持ちいい~

昼食後は 出合いほっこり 見山の郷 で休憩
風がやんで暑いです
しばらく休憩してから 銭原の集落へ
DSCF8730-resize
DSCF8732-resize

大阪平野が一望できるスポットがあるのです

集落の入り口は おそろしく急な坂道で 押すのもしんどい
住民の方々は ここを毎日通っているのですよね~ 
DSCF8734-resize
DSCF8735-resize
DSCF8737-resize
勝手に一望だと勘違いしていました  山の間にちらりと見える程度 に訂正!

お寺を過ぎると もうすぐそこ 
振り返ると 見えるはず

見えるのは 霞む生駒山と 厚い灰色の雲

あら~ お天気がいいのは ここだけですか!?
周りは 曇り空でどんよりしています。
いまいるところの自分の上だけ晴れている 
(もしかして 俺って 天気の子!じゃねぇ?)何をあほなこと言っとるのかね? 
  と どこからか聞こえる

さらに登って 茨木市立の銭原キャンプ場まで登ってきました
DSCF8739-resize
DSCF8747-resize

振り返ると 周りはどんより曇り空 いつふってきても不思議ないように見える。
茨木台(と言う名の 亀岡の住宅地)経由で 清坂を周って帰ろうかと思っていたが・・・
ここで断念して 帰途につきました。

業務スーパーによって 晩飯のネタを仕込んで帰りました。
頂上の空は青空が見えます 雨は降らないみたいです・・・ 梅雨空に翻弄されています

※今日7月17日(水)朝4時頃 土砂降り雨と 雷鳴のドカンドカンが うるさくて目が覚めました!
 昼間はあつい日差しが届いています。 週末に台風の影響で雨だそうですが・・・これで 梅雨明けかな~ 暑い夏は嫌だけど・・・ この不安定な気候も 大変つらいですね~