銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

昨年の大阪北部地震で うちの家は ぼろぼろになってしまった。
母屋は 壁ひびだらけ 屋根は被害が大きかった。 
次いできた台風で 緩んでいた屋根瓦が吹っ飛び 棟が壊れました。
応急措置して 補修は3か月後くらいにおこなわれ 無事修理できました
(見た目ガッタガタですけれど)

しかし 事務所にしている別棟の 私の部屋の天井板は 地震で無残にも剥がれて落下・・・
パソコンの上に板が落ちていました。 手の届く範囲はすぐに修理しました。それ以外はほったらかしていました。

 
先日の台風通過で 家が揺さぶられたのか 落ちかけの天井板が落下しました。
(さっさと修理しておけばよかったです) 
DSCF9128-resize
DSCF9131-resize
アルミダイキャストの部品が割れちゃいました 30年前に買ったもの

真下に ドラフター(すでに役目を終えて ほとんど 物置)があり 石膏ボードが当たった衝撃で 肝心かなめの部品が損壊しました。 使っていないとはいえ 壊れるのは嫌なものです。
DSCF9123-resize
手前の2枚が 先日落下しました
断熱材がおちて野地板がむき出しになった天井 手前は下地を付け終わったところ

天井板を張ったのは 20数年前 
屋根裏にロフトと吹き抜けを作りました。作業は 私一人で 真っ暗で埃っぽい屋根裏での作業。その時は そこそこ丈夫で歩ける天井が張ってあったで 傾斜屋根に天井板を張るのは まだ可能でした。
斜め天井を全部張ってから 足場にしていた天井を落としました。(吹き抜けにしたのです)
現在は 天井板の無い状態で床から4.5mほどあるので この状態では素人大工で天井張は無理だったでしょう。

とりあえず 落ちかけの 天井板は外しました。
まだ残っているやつは 補強して落ちないようにしました。
完全に落ちたところは 前日 新たに 下地から作り直しました。
吹き抜けで 4.5mもある傾斜天井なんで 作業は はしごに乗ってやります。
これが また 怖いのなんの! 一度 バランスを崩し足を外しかけて 落ちかけました。さすがに3.5mのはしごから落ちると やばいでしょうね・・・ 怪我で済まないかも

さすがに一人で 斜めの天井に 1畳ほどある石膏ボードを張るのは無理なので 軽い2.5mmのベニヤをはりました。 空中での作業 やりにくいのなんのって 1.8m向うの斜め梁にベニヤの受けを打ち付けおいて そこにまず端っこをさしこんで・・・ これも 結構難しい作業で・・・ 1.8mあるベニヤ板が言うことを聞かなくて・・・四苦八苦で やっと溝に落とし込み とりあえず一か所固定します。
裏に接着剤が塗ってあるので ぽたぽた下に落ちている なんとも いやな作業です。
DSCF9124-resize
やっと一枚目 

四苦八苦して やっと1枚張り終えました。 全身汗でビッショリです。
エアコンがあるのですが 作業空間は エアコン設置してあるところより上で 熱気が溜まっています。 午前中に 2枚目を張り終え、午後からは ロフトのある天井部分を張りました。
落下した 石膏ボードは 産廃になるので 一般ごみではだせません。
築60年を超えた建物の 屋根裏に廃棄しておきました。 (あと何年あるかわからない建物です)
取り壊す時に一緒に処分してもらいます。

見栄えより とにかく塞ぐのが肝心
DSCF9125-resize
DSCF9126-resize
DSCF9127-resize
断熱材をもとにもどして 板を張って行きます
誰にも見られることが無い場所なので かなりいい加減な作業
山の用品や スーツケースなど置いています(夏は暑すぎです)

空気取り入れ口に 台風対策で張ったベニヤ板がそのまま置いてあります。緊急ではったので かなりいい加減です。 ここも 落ち着いたら 透明のポリカーボネード板でも張るつもりでいます。

きょうは 後片付けと掃除 
普段使わない筋肉総動員の結果 今朝は 全身筋肉痛です。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

4月から食べ始めた 明治製菓の「チョコレート効果」は
ほんとに 血圧下げるのか?
DSCF9121-resize

先ほど 市の保険医療センターから 電話がありました。
もういいですって いいたいくらい 丁寧に何度も ご指導してくれます。
半年前に 再度メタボひっかかり いろいろ指導されました。(かれこれ3年くらいの付き合いです)

血圧と コレステロール値 体重 この3つが課題です。

食事内容を色々聞かれ 「ちょっと 脂身の多い肉が好き」ってところを 何とかしろ~ といわれ、牛乳の飲み過ぎは注意されました。 あとは お酒はなんとかひかえているところだったので おとがめなし。 運動は まぁまぁしているほう(とはいえ 日曜日しか自転車乗らないので 日常の運動量をなんとかしろと・・・)
あとは 血圧 
これは 今まで なにしても下がらなかったのですが・・・もとから薄味ですし(減塩しようがない)

4月から 「ほんまに さがるのかいな?」と 始めた チョコレート(に含まれるポリフェノールの効果)に期待です。
保健士さんに チョコレート効果食べてると言うと 「チョコの食べ過ぎはカロリー取りすぎになりますと 釘をさされました。」そりゃそうだろうな~


効果はどうだ?
4月 食べ始めて すぐに 効果が出てきました。
でも またもとに戻るんじゃない? って (たしかに 5月にリバウンドしていますね)
そのあとも 続けていたら・・・
8月 グラフを見ると明らかに 効果がでています。

血圧 上よりも 下の値が重要らしくて また この下の数値はなかなか下がらないらしいのですが。

グラフを見ると 下の値が 80を切るようになってきました。
チョコレート効果 効果あったとみるべきでしょうか!
他に オメガ3 エゴマ油を 朝夕 スプーン1杯摂取するようにしています。

身体の事を考えて 以前から続けているのは 昼食後の野菜ジュース(無塩)と ヨーグルト くらいです。
サプリとかは やっていません。
まだまだ やることがたくさんあるので 健康を維持しないと!と思います。

また 年末に報告します!

血圧手帳という アプリ入れています
DSCF9119-resize
DSCF9120-resize

ランドナーに チタンフレームというのは 私の環境においては現実的ではないことがわかった。
もう一台 フレームをオーダーするっていうのも 懐具合から 当分無理そう。
小径車ランドナーも 同様に 無理そうだ。

現実を見据えよ!」と 天の声が聞こえる・・・

「そうだ そうだ 最近出番のない アルプス・クライマーを投入だ!  
軽いし マッドガードもついているし キャリアーこそついていないけど 
軽量ランドナーにするには ちょうどいいかも」と 思うようになってきた。

クライマーは もとから ハンドルを交換し易いようにと ブレーキケーブルのアウター受けには がはいっているのだ。 (ハンドルから アウターとインナーワイヤーをごそっと外せるのだ)
もう一組の千鳥までのブレーキケーブルがひつようになるけど・・・よく考えられている。
現在は オールラウンダーハンドルが付いているが、これを ブルホーン+ギドネットブレーキに交換して フロントバッグは ハンドルに付ける簡易キャリアーで。

パスハンに出かける時は デイパックに サドルバッグというスタイルなのだが、
ランドナーとしてつかうには やはり フロントバッグは外せない。 
できるだけ 荷物を背負いたくないのだ(腰痛いし・・)

あとは タイヤを 650x36Bのタイヤから 650x32B に交換 
ちょうどホイールが一組空いているので コースによって付け替えできるようにしよう!

現在ついているホイールは 
リム:グランボア・スカラベ32穴 スポーク:星 #15プレーン 
ハブ:サンツアーシュパーブプロ 32穴 リアはw=120 こちらに軽量32Bタイヤを付ける。

予備のホイールは リム:グランボア・スカラベ36穴 スポーク:星 #14プレーン
ハブ:サンツアーシュパーブ36穴 HiLo リアW126に無理やりしているがもと120
スポークを少しいじらないとだめなのだ(すこし面倒) 
こちらに 今ついている36Bタイヤを付ける。ダート走行も可だ

見えて来たぞ~~~
ハンドルと ホイールまわりの変更だけで それっぽい 軽量ランドナーができそうだ!

新規に購入するものは ハンドルとブレーキレバーと タイヤくらいだから 予算2万円以内!でなんとかなるだろう。 

膝を痛めてから 登山やらできなくなって パスハンにもでかけられないから 当然出番が少なくなっていた クライマー。 これで日の目をみることになりそうだ! 
なかなか いい案が出たな~! 

これで ランドナーだけで 3種類揃うことになる (使い切れるのか そっちも心配)
重量級 キャンピングを兼ねる アルプス・クイックエース 
700Cランドナー 我が主軸自転車 宿泊まりの旅や 長距離ランには ユーラシア・ディアゴナール
そして 
軽量ランドナー 片手で持てるので 輪行での日帰り旅はこちらが優先かな アルプス・クライマー

ファストランには TOEI 700x26Cの ツアラーがある!
輪行・車載 ブラブラ街旅には小径車 ダホン・キラ! 

なんと 豪華な 夢のようなラインナップでしょうか! 


自分の走りは やはり ランドナー中心だ!
ロードは乗る気はないし(そもそもレースには 全く興味がない)
小径車には ちょっと懲りたし・・・
マウンテンバイクは 縁が無いし
リカンベントも なんだか違うし 
ファットバイク・・・砂浜とか雪上走ることがあれば考える 
入手できるなら タンデムが欲しいのだが・・・後ろに乗ってくれる人がいるのだろうか? 

※ 特化しすぎたのが かえってあだとなるかも・・・いまクライマーのフロントギヤは 42x26T
後ろは 15x28T(5S) 下りは言うに及ばず 平地を走ると ・・・脚が余ってしまうのだ。
山専用にして来たからな~~ 
のんびり走るにはいいのだろうけども・・・ 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ