銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

12月14日(土) 15日(日)
ちょこっと走りしてきました。

土曜日は 暖かくて 汗ばむほどでした
ちょっと厚着しすぎたのもあるけれど・・・ ウンドブレーカー脱いでも大丈夫 寒くない

ステムの出を90mmから60mmに短くした アルプス・クライマーの試乗をしてきました。
大門寺さんで 昼飯食って 竜王山の南側の新道から 忍頂寺へ
忍頂寺から 千提寺キリシタン自然歩道を抜けました。 

ステムを短くしたので 乗車姿勢は立ち気味です。
(腹の肉が邪魔で 前傾姿勢はつらかったのよ~)
ちょっと サドルに 体重がどかっと乗っかり気味な気がします。 
たった30mmで こんなに違うか~って (いっきに30mmも動かしたと言うべきですね)
実は ステム 70mmのも用意してあるので しばらく様子見で乗ってみます。

DSCF1160-resize
アルプス・クライマー
DSCF1162-resize
DSCF1150-resize
DSCF1174-resize
まだ色鮮やかな 紅葉に 季節感がなくなっていく・・・

DSCF1152-resize
安威川ダム進捗状況

忍頂寺のイチョウ
DSCF1203-resize
DSCF1204-resize
DSCF1205-resize
DSCF1206-resize
DSCF1207-resize
「じょうぼんげしょう」と読みます

キリシタン自然歩道を走ってみます。
秋に 台風の後に一度走っていますが、その時は 落ちた枝やら葉っぱで道はグチャグチャでした。 今回は 綺麗に片付けがされていました。整頓してくれている人に感謝です。 
季節柄 落ち葉で 路面が全く見えないところもありましたが・・・パスハン こんな道はお手の物!
(過信はあかんけど)滑る落ち葉の上をスイスイと~ 
DSCF1210-resize
凄い落ち葉の道 枯れ葉の下がどうなっているのか全く分からない

DSCF1213-resize
DSCF1216-resize
DSCF1225-resize

DSCF1227-resize
右側の竹林は適度に 間引きされ 手入れされて気持ちいい

15日(日)晴天なれど風強し
いいお天気です。
北風が時々猛烈に吹きます。
土曜日より4~5度 気温はさがっています。
暖かい1日になるでしょう・・・って 天気予報でいったいなかったか? けっこう寒い
登りに入ると なんだか 脚が重も~~ 「前日走ったといっても 大した距離じゃない」
でも なんだか 動きが悪い。 (ちょっと 汗冷えして 風邪気味なのか? 自分じゃわからんくらいの 軽い 風邪かもしれない。 前日 走ったあと 椅子にすわって こっくりこっくりと居眠りしたのが良くなかったかも・・・)
いまさら 言ってもしかたないけど いつもよりギヤ2段くらい軽めにしてやっと走っている感じです。 
DSCF1251-resize
いつものJAで休憩 花盛りです

昼がきてしまいました。 この前食べたところ 池の端 でまた食べました。
北風がきつくて、 いつものところは 吹き曝しですので 一段下がった風が当たらないところで折りたたみ座布団を広げて食べました。ちょうど陽だまりになったところで 暖かです。
DSCF1262-resize
ゲテモノ続きでしたから まともなやつを

DSCF1272-resize
池の水面に映る青空は 本物の空より青かった

DSCF1280-resize

DSCF1281-resize
見事な柿の木なのに・・・誰も食べない 
カラスがデザートにもいでいきます

見山の郷によって・・・豊能町あたりまで脚をのばすつもりでしたが・・・ここでリターン
 
DSCF1144-resize
焼き芋かと思ったら ピザ窯でした

帰り道 以前から気になっていた 佐保城跡 へ寄り道してみます。
府道から一本入った道 初めて入る道です。 すぐ横を何年も通っていましたが 一度も訪れていない。 大きな 民家が2軒ほど 
道の角には なんと いきなりお墓!で石塔が建っています。
 だれも入ってこないのだろうな~  だれも 文句言わない・・・ 
ここも 限界集落の様相が濃くなってきました。 
DSCF1295-resize
大きな家 かなり傷んでいます 今の住人が最後になるでしょう

なんの案内も無い道を 入って行きます。石垣があります。 城のなごりでしょうか?
DSCF1286-resize
細道を登って行くと ところどころに 石垣の跡があります。
抜けると 初めて見る景色が
DSCF1289-resize
いつまで耕す人がいるのだろうか? 
大阪の里山も 限界集落一歩手前 
空き家に 耕作放棄地が増えました 

この山のむこうに 彩都のあたらし建物が見え隠れしています。
 







広告が入っていた
「ノートパソコンをお譲りします」 大企業・官公庁で機器入れ替え品
「有償譲渡会のおしらせ」とある

中身は・・・メモリ2G 容量250GB 26000円
メモリ4G CPUCOREi3        38000円

この値段と このスペックで これは ○○に近い! 
10000円くらいでもいいような・・・というより これじゃ~ はっきり言って動かんPC
5000円でも要らない!

Windows10 なら 最低でもメモリは4Gないと動かない。
セレロン級のCPUだと 非力すぎて ネットもまともに見られないでしょう。
i3って ワードとエクセルくらいしかまともに動かない代物だし 
 細かいスペックは書いてないけれど 
どう考えても 事務用のロースペックPC それも 一昔もふた昔も前の

DSCF1297-resize

ちょっと 知った人間なら 絶対買わないようなものを 
 こう上から目線で 譲ります しかも 有償で これは譲るとは言わんやろ
  ※ 訂正 「譲る」 には 「欲しい人に売る」という意味がある 

中古PCの相場をしらない 年寄が ありがたがって買いにいくそうだが・・・
Dellの新品ノートでも この値段であるのだから ほとんど○○の広告 といってもいいだろう。
「買ってはいけない!」知り合いに 買いそうな人がいたら 一言かけてやってください! 

後援 サンテレビ ラジオ大阪 となっているが・・・いいのか?

 ※なぜ ただの中古品PCの販売会を 有償譲渡会というのであろうか・・・(他に 有償譲渡会なる販売会って聞いたことがないこともある。 毎年 大阪ドームでやってる スキースノボ用品のセールは スキースノボ用品有償譲渡会 とは言わないし・・・ 思い浮かぶものがない)

 こんなこと書いてると また 通りすがりの人 に 脅されるかもしれません・・・

こんにちは
NHK 連続テレビ小説「スカーレット」 
ものづくりの話で 見ていて楽しいです。

ただ 主人公の住む古民家の 柱 床 の仕上げ が見ていて気になります。
柱の表面に 細かいさざ波模様 これは 自動カンナの跡
床も よく見ると ついています。

以前の大河ドラマでは 床の仕上げまでこだわって 作っていたとのこと。
床は ちょうなという刃物で仕上げたそうです。
今の四角い台カンナは 江戸時代に普及したものですから それ以前の時代は ちょうなか ヤリカンナで仕上げしていました。 真っ平っていうのが難しい時代でした。
ちょうなの仕上げは すこしスプーンでカットしたように凹んでいます。
(子供の頃は まだ ちょうなを使う大工さんいました。
最近でもちょうな仕上げは生きていますが・・・)

さすがに 朝ドラのセットまでは 手が回らなかったというより そんなところに予算は掛けられないということでしょう。 
※ ディティールにこだわりすぎて 大河ドラマは コケていましたし・・・(清盛だったかな~)

はっきりいって セットの仕上げなんて どうでもいいことなんですよね~
ドラマの出来とは 全く関係のない部分だし 
これが気になっているって人は 大工さんくらいでしょうから・・・ 
 でも 見えると気になるのだなぁ~  


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ