銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

大阪 ついに 梅雨入りしてしまいました~ 
いいも 悪いもないですが・・・

それより また 強烈な台風が 夏に来るのかもとおもうと いまから準備しておかないとと 思います。 一昨年前の 台風で地震で弱った屋根の瓦が ぶっ飛ぶ様をみてから 台風の直撃は恐ろしいものだと思いました。 大阪は ほとんど 台風の直撃なかったので お気楽に考えていました。


梅雨入りというので 走る機会が また減ってしまいそうです。
こんな時は ブログにHP そして自転車雑誌見て 次のツーリング構想をねるなどするしかないです。

いろんな 自転車みていると バランスの悪い自転車を時々見かけます。
サイズのせいで仕方ないのは わかるのですが サドル ハンドルの取り付け角度 がわるいのは 結構目立ちます。 

ガード

ガード付きでは ステーの角度が極端なやつ チェンステーと 微妙な角度ずれのやつ は よく目立ちます。 極端に角度を付けているのは なんでなんでしょうか? 

もしかして リアにフロント用の短い ガードを無理やり付けている? とか リフレクターの取り付け位置を優先した結果 ステーの取り付け場所がなくて しかたなく とか・・・ 
あと ガードとステーの取り付け方法にも目が行ってしまいます。 マスプロ車なら ダルマ止めじゃなくて、ガードとは バンド止めで ステーの先は丸くまげてあり ネジで止めるだけ 調整要らずになっているものが多い。
費用面で コストカットしてあるのだろう 初級の自転車にはいいのだけれど ちょっと物足りない。
ガードの ダルマ 1個止め これもねじれに弱いので あまり好きではない。 よほど 細いガードならしかたないだろうけれど、2個で止めないと ガードが安定しない。

ワイヤー
リアディレーラーの シフトワイヤーの長さ 
必要以上に長くとってあるのは 格好悪いな~ 
ブレーキのアウターワイヤーも 同様に 変なアールになっているものは みていて気になる。
自分も 一時 リアブレーキへの アウターワイヤーの長さを 安全見過ぎて 長めにとってしまい、変に盛り上がって気持ち悪いままつかっていました。 一度調整すると ワイヤー交換まで いじらないので 気になってしかたなかったのですが、 ハンドル交換時に アウターも交換しました。
余裕を見すぎると みっともないことになると 反省。
インナーワイヤーの長さも 異常に長かったり 短かったりすると ペンチで切りたくなります。


ライトや インフレーター などの小物も 重要なファクターになるのだけれど これは 好みの問題なので・・・ ですが やはり オーソドックスなランドナーに 最新のLEDライトを組み合わせる時は ちょっと 機能と見た目 どちらを取るかで 悩んでしまいます。

キャリア 
フロントキャリアの取り付け角度がわるいのは どうしてなんだろう。
微妙に水平からずれている。
これは 調整のしようがないかもしれない。 あと 幅が狭すぎるのは どうなんだろうか?
バッグを載せると 左右にはみ出た部分が垂れ下がるので 格好悪い。
バッグを外した時に 格好良いフロントキャリアが 良いとは 限らない。輪行に差支えのないくらいまでの幅広のものを オーダーする機会があったら 作ってみたい。

サドルバッグキャリア これの良いのが無いか いろいろ探していますが・・・
ニットーと 海外のメーカーのコラボで サドルレールに キャリアを挟む方法(ホームページを保存するのをわすれたので 探したが出てこない)シートピラーが指定の物しか使えないようですが・・・は けっこうスッキリとした納まりで 綺麗でした。ただ 輪行するときは キャリアが地面にあたるから 曲がってしまうかもしれないと心配しています。 
サドルバッグが 水平に綺麗に取り付けられているのがきれいなのですが そうじゃない取り付けをされている写真を見ると ちょっとがっかりします。

パーツアッセンブルの悪い自転車
以前 見たのは TOEIの スタンダードフレームに 現行部品のみで組み立てた 自転車。
もっと ちがうアッセンブルがあったんじゃないの?って いうくらい ちぐはぐに見えました。
ブラックパーツが多くて シマノの カブトガニみたいなチェンリングとりついていて 細いクロモリフレームと 見た目がまったくマッチしていない。
これは 組み立てた店が悪いのだと・・・センスのないにも ほどがあるやろ
オーナーさんは なんか 喜んでいたので それは それで 良いのかもしれないが・・・

アルプスが お店を閉めた理由に 「ツーリング車向きのパーツが入手できなくなった」というのがあったが、 組み手側として 我慢がならなかったのでしょうね。
美意識の問題でしょう

フレームカラー 
これも 好き好きなんで 他人様の自転車のことは 何も言えないけれど・・・
手持ち自転車のフレーム色 赤 黒 青 紺 パール白 
黒は メンテナンスが楽です。 泥はねの白い汚れは目立ちますが、補修がとても楽です。
きになる 欠けは マジックで塗っておけば 目立ちません。
逆に パール白 これは 汚れが バリ目立ちです。 拭いたウエスの汚れが ぎゃくにフレームに移るので 綺麗な部分で拭くように気を使っています。 そのうち 気にならなくなるかもといいながら
やはり 綺麗なままでいて欲しい!

赤は 錆が目立ちません。 おかげで 錆ができているのに気づくのが遅れます。 トップチューブ裏にできた 汗による錆を見た時は びっくりでした。 古いアルプスは 赤色の錆止めを塗っているので よけいに 目立ちません。

ロードには まったく 興味がないのですが、最近のロードは 見た目真っ黒なきがして
乗っている人も うえから下まで 真っ黒で・・・ 色味があるのはずなのに・・・
興味がないものは こんな見え方になってしまうものなのでしょうか・・・

フレームサイズ

650Bなら 530~550 くらいが綺麗に見える。 小さいと 寸詰まりにみえる
大きいと 間延びして見える。 チューブが細いので よけいに そう見えるのだろう。
700Cのフレームだと 530mmは 寸詰まりに見えます。
私の身長 167cmだと 26インチのタイヤで十分なんだと 改めて思いました。 
逆に 身長が大きい人は フレームが小さく見えて 可哀そうです。 
遠目には ミニベロかとおもうような フレーム 
近くでみたら 「あら でかい!」 と 驚きます。 

フレームは ちょっと 大き目のほうが 乗り心地が柔らかな気がします。 小さいと硬くなるような気がします。 パイプの剛性もあると思いますが・・・ ビルダーさんは そのへんも考慮して作っていると 雑誌にはありましたが・・・ ホンマかな?


たまには 言いたい放題 きもちよかった~ 
俺様 自転車なんで・・・俺様の アッセンブルが 超イケてる! なんて調子こいてます
(その実態は なけなしの金で ヤフオクで仕入れたものが多い)
高級な部品やフレームが良いわけじゃない トータルでいいかどうかなんでしょうね!

 不快に思われた方 ごめんちゃい!です

※ 変に思うところが 最初に目に入りますが 良いと思うところは 今度真似してみよう!なんてことももちろんあります。 成金趣味みたいな自転車もたまに見ますが ちっとも格好良くない! 板についてないのですよね~ 金かければいいってもんじゃないのですよね!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


6月 梅雨入り前の晴れ間 を楽しんできました。

この時期には珍しく 意外と涼しい2日間でした。
二日目の 6月7日(日)は カンカン照りなのに 
北風が実に爽やかで(かなり強風でしたが) 汗が流れる暇もないくらいの風でした。
※ ユーラシア・ディアゴナール 前日に メンテしようと・・・ 見ると 前輪がパンクしていました。パンクの穴がリム側 突起などないので どうして穴が開いたのか???謎です。 
 

6月6日(土)曇り 
いつもの茨木市北部の 見山の郷から 銭原まで 
以前 見山の郷は たんなる通過点でしたが 体力やら膝の痛みやらで 
いつの間にか ここが目的地みたいになってしまいました。 
ここが ホームコースA いちばん多く訪れています。
DSCF2931-resize
DSCF2930-resize

この日は すこし 足を延ばして 銭原まで行きました。
銭原までは 少し登らなくてはならないので 躊躇してしまうところです。
距離はたいしたことないのですが 膝の痛みを抱えていたころは ここが鬼門で、遠くにいけないくなりました。
昨年からのテーピングが功を奏して 膝の痛みからは かなり脱却できてきています。
この日も 膝の具合がよく 行かない理由がありません。 
おっちら おっちら 

DSCF2946-resize
DSCF2947-resize
DSCF2951-resize

銭原クラブを過ぎ 銭原の朝市のところから脇道にはいり急坂を登ると 集落になります。 
いっぷくして 田んぼを見ていると 水を張った田んぼの水面が なにやら 動いています。
カブトエビか お玉じゃくしかと 目を見張ると・・・ お玉じゃくしでした! いっぱいいます
DSCF2955-resize

遠くの 赤い屋根の古民家は ピザ屋さんを始めて2年くらいになります。(入ったことないけれど)
おしゃれな 自転車ブログなどに たまに登場しています。 最初の頃は たいして美味くはなかったようですが 2年も経てば 腕をあげているかもしれません。 一度いってみようかと
DSCF2957-resize
DSCF2960-resize
DSCF2964-resize

集落をぐっと昇ると キャンプ場に到着 
コロナのせいで やっていないみたいです。
結構な量の車が登ってきますが キャンプ場ではなく その横(亀岡市)にある 茨木台という バブルの頃開発された住宅地へ行く車で、大阪側からは キャンプ場の敷地を通らないと 茨木台には入れないという敷地で 茨木市と亀岡市で もめていたようです。(名前からして 茨木台ですから)
反対側にも 道があるにはあります。

今日は 娘の買い物に同行することになっているので 気持ちの良い汗をかいたことだし
帰ることに。 

又地蔵さまを 覗いて帰ってきました。(なかなかエロティックな杉ですこと!)
DSCF2971-resize
DSCF2972-resize
スギノ股のところに お地蔵さんがいます

DSCF2974-resize

曇っていますが 紫外線は意外と強くて 帰ってからシャワーすると ヒリヒリしました。 
日焼け止めぬっていてもこれですから。

6月7日(日)
雲一つない 晴れ 北風が強い
見山の郷コースが ホームコースA なら これから行く 二料 田能へ行くコースが ホームコースC
ホームコースBは 萩谷方面かな)になるのかな! (高校生の頃から走っているコースです)

走っていて ただただ気持ちの良いコースです。 
ただ 日曜日以外は 安威川沿いの 茨木~亀岡線は ダンプ道なので 走りません

二日目ということで 脚が重い・・・すっかり 筋力おちています 運動不足なうえに体重増加もあって ダメダメ パワーがまったくない!

大門寺までの 直登の坂 
前を一台 苦しそうに走る中年のMTB この人も 運動不足そうだ。わたしより遅い
途中で追い抜くと 前に4~5台の 中高生の集団 坂道でダッシュしてます。
若いね~ いいね~ と思っていたら 力尽きて止まっています。
横をおっさんが ちんたら抜いていく~ 悔しがってね~ 
 (たぶん この子らの親より 10歳くらい上になるのだからね)

DSCF3001-resize
竜王山

大門寺トンネルを抜けると 風がますますきつくなります。それにしても 空気が澄んでいて 遠くまで綺麗に見通せる。 この時期では珍しいです。
出かけに キャベジンを飲んだら どうも 喉が渇いて(副作用です)水を飲んでも飲んでも 喉の渇きがおさまりません。 もってきたボトルの水がどんどん減っていきます。
途中に給水地がないので 滅多にしませんが ペットボトルのお茶を買いました。
「160円もするの?! 水が110円!! ガソリン並やな~ 」ぶつぶついいながら購入
(30年前の 槍沢で 水 1L 50円 ビール350mLが500円くらいだった)

安威川のあちこちで 水遊びしている家族や 少年の集団 がいます。 ことしは 特に多いのは
まだ 少年野球やらサッカーが再開していないからでしょうか。
DSCF3012-resize

九折(つづらおり)から 二料 田能へ向かいます。
お寺の前で休んでいると 自転車と車の衝突事故が多いらしく 地元のおじさんから よく注意を受けます。

二料の集落 コロナ以前に来たのは いつだったか? 
二料山荘 復活しないまま もう4~5年になりますか? 以前は 研修施設や 喫茶 食事処などでした。 もとは 酒か醤油の醸造元だったと思います。 すっかり寂れてしまいました。


DSCF3013-resize
DSCF3015-resize
DSCF3017-resize
DSCF3024-resize

ホトトギスがせわしく鳴く登り坂をせっせと上ると・・・
峠には 心の駅が・・・ あれ! 様子が変だ
・・・無くなっている
夢の跡みたいなのになっています!
おっちゃんたち 撤退したのか 亡くなった?のか・・・想像でしか話できません

DSCF3026-resize
DSCF3029-resize
DSCF3033-resize
すっかり整理されています
DSCF4583-resize
DSCF4585-resize
以前の 心の駅 こちらも廃線になっちゃたみたいです 残念

通りすがりの ハイカーさん 萩谷に行く道をさがしていたので 心の駅 すぐ脇の林道入り口を教えてあげました。


田能の田んぼ 作業しているのを眺めて
DSCF3035-resize
田能地区 ところてんの製造工場がありました(今も稼働しているのか?)

昼飯スポット 中畑の大神宮社 で
DSCF3042-resize
DSCF3046-resize
DSCF3059-resize
中畑地区 現役の古民家がいっぱいです
DSCF3065-resize
出灰川はまだ 通行止めでした 長いです
高槻まで芥川沿いに下る予定でしたが・・・
DSCF3066-resize

通行止め 
仕方ないので 一度 田能にもどりました。
トンネル抜けて 遠回りで帰ることにします
 
堅田トンネルを抜けると 京都府亀岡市 杉生地区になります
DSCF3077-resize

DSCF3080-resize
DSCF3078-resize
DSCF3079-resize
DSCF3086-resize
カンパ好きの トンボを発見しました 新種かもしれません!(うそです)

なんとも いいお天気の中 走れました。 
初夏で これだけの晴天の中 涼しく過ごせたの奇跡的です。

「蒸し暑い季節の前に 素敵なプレゼントありがとう!」(誰にいっとんや~)
「日頃の行いが ええからやで~~」 って 天の声!? うそこけ~

途中 耳原の 業務スーパー で 夕飯の食材を買って帰りました。
(折りたたみリュックをいつも携帯しています)

気持ちよく帰宅して シャワー (顔の表面に さらっさらの塩 吹いてます)
それから また日焼けしました。ヒリヒリです (日焼け止めぬってるのにな~) 
ホンマ 最近の子供より ずっと日焼けしています (シミにならないでと 祈るばかり)
 健康優良おっさん です(ちょっとメタボですが・・・)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

娘に買った 東芝ダイナブック 
13.3インチ SSD254G メモリー16G インテルi5-2.7GHz
起動してみた。

「はや!」 びっくりするぐらい 早い起動 6~7秒くらい 10秒はかかっていない
SSDのお陰ですね~ 軽いし 
ハードディスクは どんどん消えて行くのかな?



うっそ~ スライドソー 壊れた!
丸棒を切っていたら 回転する刃とカバーの間に 切った丸棒が挟まってしまい ガツンと止まった。 みると 回転する刃のカバーが動かなくなってしまった。
内部から出ている 鉄製のアームが 衝撃でよじれているのがわかる。

分解してみると、カバーを開閉するアームがねじれてしまい その動きをサポートする ボールベアリングの支柱が折れている。
「痛い 痛すぎる」 根元から ぽっきりと折れている。
アルミダイキャストボディ 意外と薄い。 補強のリブでも付けていて欲しい部分なのだが・・・
おまけに ボールベアリングも割れてしまった。 カバーがとれて ベアリングが飛び出した。

最近 一番よく使う工具 スライドソー 日立 左右に45度首振り さらにターンテーブルが
左右45度回転する。(モーターの関係で右に首振り45度できるタイプは少ない)
しかも 切れ味抜群です。レーザーマーカーがとても便利です
 (HIKOKI(旧日立工機)というブランドに変わった)C6RSHC
c6rshc

直すまで使えないのは 非常に痛い 
開閉するカバーを外せば使えるのだが・・・刃がむき出しになるので 怖い

どう 修理しようか・・・


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ