銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

台風が近づいて 全国的に週末はお天気荒れ模様のようです。
大阪は 朝方うっすら日が射していましたが 昼前の空は 曇り 蒸し暑いです(気温28度湿度65%)
走りに行きたいところですが 用事で出かけられない・・・ 夕方から雨の予報

朝のうちに・・・
グランボア シプレ 650x32B を取り付けました。
まずは 車体をひっくり返して ホイールを外し・・・
タイヤ 取って・・・・このタイヤ嵌めている間 パンクしたことない・・・ ラッキーなタイヤだ
DSCF9509-resize

ついでに 
振れ取り すこ~~し 振れていますが 大したことないです。
DSCF9511-resize

さて 取り付け
硬すぎず 何の苦労もなく 納まりました。
※ビットリア・ランドナーというタイヤを嵌めた時は 指の力が無くなりました。
 恐ろしく硬いビードで おまけに チューブが挟まったまま で 中に入りません。(ビードは硬いは 乗り心地は 硬いは 重いはで すぐに 外しました。安物買いの銭失い・・・)必死のパッチで 1時間くらい悪戦苦闘 やっと入ったと 喜んだのもつかの間 幾ら空気いれても膨らまない・・・パンクしとるやないか!! てなことが かつてありましたが パナソニック製のタイヤはそんな苦労はいまのところありません (グランボアのタイヤは パナソニックが作っています)

36Bから32B 数値的にはたいしたことないのに 見た目は かなり差があります。 ガードの隙間がすっかすかです。
パスハンなんで スカスカくらいが良いはずですが・・・
DSCF9517-resize
ステーを少し引いて 調整できそうです

近所をすこし走ってきました。
ちょっと走りくらいでは たいしたことはわからないですけれど 
とりあえず 走りは 軽い!

ついでに タニタのヘルスメーターで 重さを計ってみます。11.0kgが・・・

データ的には 300gへって 10.7kg くらいのはずですが 
ヘルスメータにのって 自転車もって その差は 10.9 思ったより減っていない。
のか? 誤差がおおきいのか・・・ 
持った感じは かなり軽いのですけれど 
DSCF9514-resize
DSCF9515-resize
DSCF9519-resize


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


軽量ランドナー計画 第二段!!

軽量タイヤ導入
グランボア650x32B シプレ (スタンダードモデル) を買いました。
DSCF9502-resize
DSCF9500-resize

送料はタダで翌日に到着しました(京都と大阪 近いからな~)
おまけに 5%還元セールで いつもより少し安かった
(今月末まですよ)
シプレには 超軽量モデル エキストラレジェ というのもありますが これはダート厳禁だそうです。 
サイドがスキンタイプ 繊細なケージをつかっているとか・・・そこまで気を使っての乗るのは嫌なので・・・
DSCF9507-resize
軽量チューブも出てますが・・・1本 1,700円 高!!

ダート用には 今まで使っていた これまた グランボア 650x36Bリエール をそのまま使います。
(タイヤ溝パターンは 昔のユッチンソン だそうです。 溝に小石が挟まりやすいのが玉に傷)
これも十分軽量タイヤなんですが ここまできたからには 10キロ台のランドナーに仕上げたい!

DSCF9503-resize

チューブは パナソニック R-air 26x1.25 これは モノタロウで買いました。
アマ村より安いもの結構あります。 アマ村プライム価格 よく見てみると 送料タダのようなこと書いてありますが、 他の出品者の欄を見ると 価格+送料で=アマゾンプライム価格ってことがよくあります。 これって だましじゃない? ということで 最近はその他のサイトとの比較をしてから買うようにしています。 
(モノタロウ 自転車用品 結構あつかっているので 総額3500円以上なら送料タダになりますから 結果 安く手に入ることに。 届くのも早い。木工の工具・部品と抱き合わせで買うようにしています。)
DSCF9504-resize

軽量タイヤと軽量R-airチューブ 前後合わせて 300gくらい 軽くなる計算です。
走りも きっと それ以上に軽快!であるはず(ことを祈ります) (10.7キロになるね~)


週末は お天気悪そうなので 試走は その先になりますかね~ 
はやく走ってみたいものだ


あと 650Bホイールが1セットの余りが有るのだけれど 
サンツアー シュパーブHLハブ+グランボア・スカラベリム36穴 +14番ステンレススポーク
エンド幅126mmに仕立て直してあるのを 120mmに戻します。
シャフトを少しいじって スペーサーを交換 
車輪のセンターをすこし戻さないとだめなので 3mmですけど・・・ちょっと面倒

同じく グランボアの エートル 650x42B も1セット余っているので いろいろ付け替えて楽しみます。 


DSCF9505-resize
DSCF9506-resize
DSCF9508-resize
グランボアのパンフレット いつも 凝っていますね~
パスハンのホイールは シュパーブプロスモールハブ+スカラベ650B 32穴+15番ステンレススポーク
どんだけ グランボア好き?
(650B絶滅期 タイヤも無くてという時にグランボアから スカラベ650Bリムがでたのです 
10年くらい前ですかね? スーパーチャンピョンから乗り換えました)
R-AIR Panaracer タイヤチューブ 【通販モノタロウ】 TW720-F-RA~
おまけ モノタ〇ウの値段表
ネットショップでは 一覧表で買える店が意外と無いですね~ 
サイズ違いがすぐ見つかる!のは ストレスがない

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

軽量ランドナー計画 
本日は ハンドルを組み付けていきます。
DSCF9448-resize
DSCF9447-resize
しばし お別れ オールラウンダーバー(外すと ずっしり重い )
知らぬ間に 重装備になっていました。
交換は 一瞬でできるので ワイヤー類といっしょに しまっておきます

DSCF9438-resize

その前に 部品を探します。
ステムは・・・どこ行った? あちこち探して やっと見つける。パール6 
DSCF9444-resize
長いステムは もう無理! だんだん短いのを使うようになっています

マファックのチドリ 
どこかにあったはず・・・1つは見つかるも・・・新品は1セットあるのだけれど
よく似た ダイアコンペの千鳥を発見 
もう少し ガラクタ箱をゴソゴソ  貰い物のマファック・クリテリウムのセットを発見
あった~ めっちゃ汚いけど・・・磨けば なんとかなる
DSCF9459-resize

DSCF9466-resize

このネジ 貫通穴が2か所 90度ずれ が開いている。 どんな意味が?それとも 2か所開けちゃった?
マファック チドリ 2個 確保
DSCF9463-resize

仮組 こんな感じかな? 手に馴染む角度を探して 固定 
DSCF9450-resize

DSCF9449-resize
割が入っているので ワイヤーごとハンドル交換できる
ブレーキワイヤー を付けていく。
アウターワイヤーを切って グラインダーで断面処理して ささくれを取る。潰れたライナーは 千枚通しを刺して 復活させておく。
DSCF9468-resize

DSCF9469-resize
ベッセルクランプ 1個持っているといろいろ役に立つ
DSCF9471-resize

ブレーキシューは こうやって ベッセルクランプで挟んでおくと ワイヤーの長さ調整は楽ちんなのです。 
フロントは 一発で決まりました~ さすが 年季だけは入ってるだけのことはあるな~

リアは ほぼほぼ で 微調整が必要でした。

ギドネットの取り付け角度で レバーの開き具合が結構変わるで 角度調整は微調整しながら慎重に!
(レバーの先の玉を 削って取るつもりにしていましたが 袋を開けて 見てみると 結構きれいな仕上げなもので・・・ しばらくは このままつかうことにしました。 ダイアコンペ 仕上げがきれいです。 マファックしか使ったことが無いので・・・

試走してきます 
ほぼほぼ いい感じです。 微調整は走りながらやっていきます。




内巻き 外巻き どっちがいいのか いろいろ試し巻きしてきめました。
外から内へ巻くのがいいようです
バーテープは ダイアコンペ コットンのクッション入り 
イトーサイクルで ばら売りしてくれるので 半分買いました。  
  1230円 結構するんだ~(高!)  
DSCF9441-resize
荒めの織り方で手が滑らず いい風合をだしています

昼飯をさっさと済ませてバーテープを巻きます。
巻き始め個所は 両面テープを張っておくとはがれにくいでしょう。
巻きにくいってことはありませんが・・・ カーブのところは 何回かまき直しながら
ちょっと 長さが足らない感じです あと数センチあれば きれいに巻けたのに・・・
ケチらずに 2本買えばいいのですけれど・・・ 

DSCF9479-resize
DSCF9480-resize

巻き終わりに コットンバーテープを2重にまいて おしまい! 
握った感じは 滑らず 柔らかい 
革とちがって 耐久性はないでしょう。
あくまでも ポジションが確定するまでの 暫定処置(のつもり) 
今度巻きなおす時は 革バーテープにするかなぁ! 
バーエンドキャップは 内径が18mmで 手持ちの奴は大きくて入らないので 付属の奴を暫定的に嵌めて置く。 ここは 木工旋盤で 紫檀製のバーエンドキャップをつくる。

一応 重量を計っておく 体重計で計ってみたら 11.0キログラム 
けっこういい線いっています。

今度は フロントバッグを取り付けてみます
簡易キャリアを通して・・・こいつ 知恵の輪 みたいで どう入れたらいいのか・・・
なんとか入りました。
ベルトの位置が合わない・・・ なんか べつのを探してみるか? とりあえず 取り付け完了
バックミラーも取り付け 
一応 重量を見てみると 13.8キログラム もう 軽くもなんともない数値だけど 
(ハイテンの アルプス・クイックエースが裸で14キロあるので かなり軽いに違いない)
実際は この上に 水筒やら食料 輪行袋の重量が加算されるので・・・
あまり 実際の重量は どうのこうの言っても しかたないのだけれど・・・パスハンとして担ぐことはないのだから 
DSCF9488-resize


DSCF9489-resize
DSCF9492-resize

DSCF9496-resize

DSCF9495-resize 
やはりというか フロントバッグ無しの方が格好いいです・・・

近所を 試走 ハンドルの角度もいいようだ 楽ちんです
幅広のハンドル やっぱり楽だな~ どうも ランドナーバーは 幅が狭すぎる


軽量ランドナー計画 第一弾は これにて終了

第二段は 軽量タイヤの装着 
ホイールをもう1セット増やして 650x32B と 650x36B 2本体制に
36Bは 現在付いているタイヤなので 32Bにすると あと少し重量も走行感も軽くなる・・・はず
ダートがあるなら 36B 舗装中心なら 32Bと 使い分け

第三段も考えているのだけれど・・・今は 内緒!!



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ