銀輪旅人 イーハトーブの風

ランドナー乗りの きままな日記

5月1日(土) 3月に亡くなった先輩の 「弔いサイクリングに行こう」かと 友人に誘われて
行く気になっていたのですが・・・嵐のような天気になり 中止しました。 (翌日も荒れてましたね)

結局 5月の3日に 一人で 北摂の山の中走ってきました。
山間部は 田植えが終わっているところもありました。 
冷寒地は 早く植えて 早く収穫するようです。

水を張った 田んぼは 鏡のようにきれです~
DSCF6968-resize

カエルの合唱 燕の飛来 クマンバチの羽音 
 時折強い風が吹いてます。

DSCF6832-resize
青空に新緑 春爛漫です

DSCF6837-resize

DSCF6838-resize
藤の花が綺麗でしたが・・・蔓に巻き付かれているほうの木は 苦しいかもね~
藤の花ことば・・・「一生離さない」 というらしいです(独身なら ちょっと怖いかも)

DSCF6841-resize
銭原に入ると こんな看板ができていました! 
 若い人の入植が増えているようなのです
ほかにも 芸術家 木工家 の工房ができているようです(一度 覗きにいってみよう!)
DSCF6842-resize
銭原クラブ前 なんのクラブなのか?って思っていましたが どうも 老人クラブのようです
DSCF6843-resize
選挙時は 投票所にもなっています
DSCF6848-resize

大阪府豊能町に 入りました 
DSCF6850-resize
こちらも 田植えの真っ最中でした

DSCF6864-resize
水面を渡る風が 気持ちいい~~~
DSCF6870-resize
DSCF6871-resize
寺田の集落です
DSCF6872-resize
マンホールマニアの皆さま どうぞご覧ください タンポポですね~
DSCF6875-resize
DSCF6878-resize
エッチラエッチラ登る・・・寺田の 最上部からの眺め 

一山越すと 牧と言うところに出ます
DSCF6886-resize
DSCF6892-resize
DSCF6908-resize
溜池
DSCF6904-resize
日本昔話にでてきそうな 集落です
DSCF6912-resize
DSCF6913-resize
石仏群
すぐ裏手に こんな可憐な花がありました
DSCF6918-resize
DSCF6921-resize
DSCF6925-resize
イカリソウ 船の錨に似ている?かな

DSCF6928-resize
DSCF6932-resize
三角形の石碑が 庚申塔
DSCF6941-resize
みそ1位 とのことですが あまり 美味しいとは・・・裏切り感が大きい

役行者石仏のよこで 昼飯にしました。
ノート片手に 植物の調査でもしているのでしょうか 学生風の男4人が 熱心に草地をまわってみていました。 村の子供等もその周りで遊んでいました。 
田舎のように見えますが 国道423号線なら 新大阪から車で30分のところです
ハイカーも時折通り過ぎます

寺田にもう一度戻り 京都別院町万願寺側にでます。
安威川沿いに下って 清坂峠に向かいます。
DSCF6951-resize
川沿いにある ほっそい田んぼです
DSCF6962-resize
定点撮影地 田植えは済んでいますね~

DSCF6968-resize

水面に 空が写りこんで 綺麗でした。 
立ち止まらずに 通り過ぎるサイクリストが多いのには びっくりします。 
なかなかの景色なのにな~~ もったいない!

清坂峠を越えると 空模様があやしくなり・・・ついに 降ってきました 
 杉の木の下で雨宿り。 にわか雨です 通り過ぎるのを待ちます 
DSCF6976-resize
DSCF6979-resize

DSCF6972-resize
雨宿りしている地点の前の風景・・・ 無残に伐採された杉の木たち 
台風の通り道だったところは だいたいこんな風になっていました。


5月4日は 嫁さんの実家の草刈りに行ってきました。

5月5日 雨降り
人生初めて 不動産屋さんに入りました。
息子(次男坊)がついに 家をでて一人暮らしをはじめるというので 嫁さんと私と息子 3人で不動産屋に行きました。 
良さそうな物件 5件ほどに絞って 現地視察
図面から 良さそうなと思っていたところは、行ってみて 実際に見ても 良い物件でした。
なによりも 景色抜群! 2階の南面の窓は 遮るもの無し
息子も そこが気に入ったようで その日のうちに 契約して帰りました。3時間ほど現地にいたので 疲れました。(その日のうちに契約するとは 思ってもいなかったので・・・)

6月から 家族4人になります。 ちょっと寂しい(贅沢言うな~~って 怒られそうですが)
帰りに 王将のギョーザを買って帰りました!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




先ほど 連絡があって 
大学 学年一個上のサイクリングクラブの先輩が亡くなったと。
「え・・・」って そのあと 絶句です。

DSCF6822-resize

DSCF6828-resize


癌だったそうです。 3月10日に分かって 3月29日に亡くなったとのこと
えらい 急やったんですね~ 

大学のサイクリングクラブ1学年上で
ほんとにお世話になり お世話して 一緒に笑って 走って 担いで・・・

人間も生物ってこと 忘れそうですけれど いつか死にます。
どんな死に方するかわかりませんけれど・・・ 
人としては 還暦まで生きることできたら それで十分なんでしょうけれども・・・ 

2~3年ほど前に 淀川のサイクリングロードで偶然出会って また クラブランに来てくださいよ~って 念を押しておいたのに・・・ それが最後になりました。(飲み会やらは 入れ違いで 出会えなくて)
 
入部当初から いっぱい世話かけて いっぱい担ぎランを一緒にした先輩なので・・・ 
いまは 涙ながらで 入力しています。 

コロナなんで 葬式もなく事後報告だけで 
亡くなったって連絡が クラブ連絡網に回ってきました 
今年も 年賀状ちゃんと来ていたので なんも 考えていませんでした。 
辛すぎます ショックです 

改めて思うのは 人間は 生き物であるということです 
いつか自分も亡くなるのはわかっちゃいるのだけれど こんなに近しい人が亡くなることに ショックです。 

中学や高校の同期やら後輩の亡くなる知らせも辛いですけれど・・・(何人か聞いています) 
サイクリングクラブで一緒に走った先輩が亡くなるとか・・・ 
ショックなんですが なぜか現実味がなくて 空ごとの様に思えて・・・ 
ほんと 空ごとであればいいのに

さよなら 先輩 ちょっと 早すぎだよ! 



※ 書くことでしか 気持ちを 消化しきれないので どうしても 書いてしましいます。
読む人の 気持ちにすがります。なさけないけれど 今は・・・  



4月18日(日)天気予報晴れ!☀ 
だがしかし 山のある北の空を見ると 灰色でどんよりしてる。
天気予報見ると 晴れマークが朝から晩まで ずら~~と並んでいて 1日中晴れの はず・・・
 「まさかこれで 雨は降らんよね~♪」 近所のコンビニで昼飯を買い込んで出かけました。


風邪で 2週間調子が悪くて 3週間ぶりのランです。
やっと走れるので うれしいですが・・・ 太腿が痩せたような・・・ なんだか筋力が減退している
お腹の風邪でしたが・・・ 食欲が普通にあって ぜんぜん 痩せる要素がありません・・・
反対に 要らぬところに 肉ついたかも・・・

走り出すと 滑るように 我が愛車は走ります。 
「気持ちいい~~~ やっぱ ランドナー最高!」
(たいして 手入れ してないのですけれど・・・)

平地の気温が15度程度らしいのですが・・・
涼しいというか 少し肌寒い・・・ 
 薄手の長袖を着てきたのですが 厚手のジャージのほうがよかったかな~
(山の麓で 気温12度でした)

登りに入ると 3週間のブランクは 脚に来ます。
いつもより ずっとローギヤで登ります。
 そして 休憩が多い・・・
体力 つけるのは時間がかかるのに 減るほうは アッと言う間のようです。

戻るものなら じわじわ 戻していきたいところです。

花盛り 桜だけじゃない 春の花
DSCF6705-resize
近所の団地の公園 フジが咲いている
DSCF6706-resize
佐保川の菜の花

山の方を見ると 灰色の雲が低く垂れこめています。
「ほんまに 晴れるのか~?」って 
天気予報より 観天望気が重要だと自分でも何回言ったことか・・・
そうこうするうちに
ポツポツと にわか雨 ・・・ 行くのを躊躇してしまいます。
農家の倉庫の庇を借りて雨宿り 暫く様子見

この時は 通り雨のようで しばらくして青空になりました。 
「大丈夫 だいじょうぶ!」 いざとなれば 雨具もあるし!

DSCF6712-resize
免山
DSCF6714-resize
遅咲きの山桜がぽつんと
雲間が晴れて 日が射して・・・この青空にだまされました 
DSCF6717-resize
道路脇の茂みには シャガ がたくさん咲いています



泉原にはいりました。 
裏道抜けて 農道へ入ると
農家の老夫婦とすれ違い 挨拶します。
DSCF6722-resize
この一瞬 晴れ渡っていたのだ
DSCF6724-resize
DSCF6728-resize

青空が広がって 気持ちいい。
そして いつもの昼食場所である 土管のところへ 

一瞬の青空に騙されました。
お湯を沸かしていると またポツポツと降ってきました。
青空は一瞬で 雨雲に覆われてしまいました。
久しぶりに ほんとに 久しぶりに 雨具を出しました。
DSCF6730-resize
サナエトンボ が 土管のすぐ横にいました 雨が止むのをじっと待っているようです
写真撮っても 知らんふりです(羽化したて かも)
DSCF6732-resize
 小型のトンボで 羽の長さが7cmほど 模様がきれいです!
調べてみたら クロサナエトンボ と言う種類でした(トンボ本人は知ったこっちゃないわな~)


田んぼの中で 雨よけになる場所もないから 
ポンチョを被って 土管の上で カップラーメンを食べます。
雨 結構降ってきました。
先ほどの 老夫婦が 軽トラで ノロノロと通り過ぎます。 おばちゃん笑いながら なんかいっていますが ガラス越しできこえませんよ。
急いで ラーメンをすすって
「なんだかな~~」と 恨み言をいいながら おかたずけをします。 

DSCF6733-resize
いっきに 真っ暗になった

DSCF6734-resize
濡れちゃうよ~~

雨雲レーダーを見ると さらに 濃い雨雲が接近しています。
あと1時間ほどは 雨雲の中のようなので 諦めて 帰還することに。
ついに 本降りなりました。
気温が一気にさがったようで ぞくぞくする寒さです。(気温7~8度って感じでしょうか)
ロード連中 濡れたまま下って行きますが 寒そうです! 

農家の倉庫の庇を借りて 雨宿。
雨具のズボン(ワークマンで買った 軽量雨具)を初使用します。
薄くて ストレッチ素材 破れなければいいのだけれど・・・
邪魔にならないので バッグに入れておくと いざという時に便利です。
たぶん 今が その いざ という時ですね・・・(また 風邪ひいたら かあちゃんに怒られる!)

雨 止みそうにないので 庇を出て 一気に山を下って帰りました。
下り 寒いです。 ズボン正解です ポンチョは手が濡れないので すごくいいです!
タイヤちょっとすり減っているので カーブで滑りそうです。
雨だと 効きが悪いブレーキシュー(ASHIMA製)
DSCF2919-resize
トーイン調整できるカンティブレーキです 
はやくBBBの物に替えたいけれどすり減らないのだな~これが!

ウインドブレーカーの上に ポンチョ被っているのですが それでも 寒い 
スピードを押さえて・・・慎重に下りました。 

麓にでると 雨はふっていませんでした。 
ポンチョと ズボン 脱ぐのも面倒なので 
 家まで 乾かすつもりで 着たまんま走って帰りました。
 
平野部の市街地でも 空一面 灰色の雲です。 
ほんとに 天気予報(日本気象協会のやつ) 当てにならんなぁ~ 

※次の土日に 雨マークが付いていますが・・・いいほうに外れてくれないかな~
※「ちゃう」ってのは 「違う」って意味です 「チャウチャウちゃう?ちゃうちゃう チャウチャウちゃう」ってのは 有名な大阪の会話  これに掛けた NHKが変なバラエティ番組するようです
(関西ローカルか?)

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ